第64回 日本生化学会 近畿支部例会

優秀発表賞

以下の方々が優秀発表賞を受賞されました。おめでとうございます。

  • 井次 陸(立命館大学大学院・生命科学研究科)
    神経活動依存性プロトカドヘリンArcadlin の2つのスプライスバリアントの発現を検討する
  • 臼井 文人(奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科)
    腸管IgA 抗体が認識する腸内細菌の共通抗原解析
  • 益田 俊博(京都大学大学院・化学研究所)
    脂質膜との相互作用を介してF-actin 形態変化を誘起する両親媒性ペプチドの開発
  • 梶田 翔暉(立命館大学院・生命科学研究科)
    Hippo 経路における脱ユビキチン化酵素YOD1 の機能解析
  • 岩田 彩(兵庫県立大大学院・生命理学研究科)
    軸索分岐制御因子afadin のアイソフォームの脳神経系での発現の時空間的差異の検証
  • 戸田 暁之(大阪大学大学院・蛋白質研究所)
    軸糸ダイニン軽鎖1の構造-機能相関の解明軸糸ダイニン軽鎖1の構造-機能相関の解明
  • 徐 雪燕(大阪大学大学院・生命機能研究科)
    The Nem1-Spo7 Phosphatase Complex Regulates Mitophagy via Phospholipid Biosynthesis
  • 小塚 孝司(大阪大学大学院・蛋白質研究所)
    網膜神経回路の発達にはTRPM1 チャネルの機能が必須である
  • 船橋 輝記(京都大学大学院・薬学研究科)
    IFT-B 複合体と相互作用するキネシン2による繊毛形成の調節
  • 大津 知也(神戸大学大学院・理学研究科)
    耐熱性ナノファイバーを形成する両親媒性ヘリックスペプチドの分子設計
  • 中前 壮一郎(大阪大学大学院・薬学研究科)
    DNA メチル化酵素DNMT3B を標的としたヒトiPS 細胞由来肝細胞成熟化の検討
  • 長谷川 智久(大阪大学大学院・理学研究科)
    チャバネアオカメムシにおけるアラタ体抑制因子Plast- Myoinhibitory peptideの機能と局在
  • 鳥居 希美(近畿大学大学院・総合理工学研究科)
    メダカ由来リポカリン型輸送蛋白質の機能解析
  • 土橋 遼(大阪大学大学院・医学系研究科保健学専攻)
    LPS 刺激時のミクログリアにおけるNO 産生能の経時的解析
  • 藤好 杏奈(大阪大学大学院・医学系研究科)
    糖鎖は肝細胞のコレステロール代謝を制御する
  • 馬場 美聡(京都大学大学院・農学研究科)
    ヒトRNase H2 の酵素活性と安定性に与える中性塩とpH の影響
  • 柏原 宏香(大阪大学大学院・ 医学系研究科)
    中心体機能制御基盤としてのアペンデージ構造の役割中心体機能制御基盤としてのアペンデージ構造の役割中心体機能制御基盤としてのアペンデージ構造の役割
  • 門田 健明(滋賀医科大学大学院・医学系研究科)
    画像処理技術を用いた核内蛋白質構造体の間隙空間容量計測プログラムの作成
  • 野崎 梢平(京都大学大学院・薬学研究科)
    Joubert 症候群原因遺伝子ARL13B とINPP5E による繊毛内の逆行性タンパク質輸送の制御
  • 林 在恩(大阪大学大学院・薬学研究科)
    ヒトiPS 細胞の未分化性制御におけるマイクロRNA、miR-27b の機能評価