日本分析化学会第68年会

講演プログラム速報版

A会場  |   B会場  |   C会場  |   D会場  |   E会場  |   F会場  |   G会場
H会場  |   I会場  |   J会場  |   K会場  |   L会場  |   M会場  |   N会場
若手講演ポスター P会場  |   一般講演・テクノレビューポスター P会場

A会場

第1日  9月11日(水)

A1101S   9/11   13:30~14:00   A会場   【産業界シンポジウム講演】

J-PARCに設置されている中性子回折装置(茨城県材料構造解析装置iMATERIA)とその産業利用について

○石垣 徹
茨城大学

A1102S   9/11   14:00~14:30   A会場   【産業界シンポジウム講演】

日用品・化粧品開発における中性子・放射光X線小角散乱法の活用

○久米 卓志
花王 解析科学研

A1103S   9/11   14:30~15:00   A会場   【産業界シンポジウム講演】

結晶スポンジ法での産学連携を事例とした受託分析企業の新技術展開

○那須 徳廣
三井化学分析セ

A1104S   9/11   15:10~15:40   A会場   【産業界シンポジウム講演】

コントラスト変調中性子小角散乱による有機膜の階層構造解析

○松井 高史1鈴木 真由美1宮下 陽介1相見 敬太郎1杉島 明典1山崎 貴彦1小泉 智2能田 洋平2峯村 哲郎3
富士フイルム1茨城大院理工2茨城県3

A1105S   9/11   15:40~16:10   A会場   【産業界シンポジウム講演】

東芝における放射光利用分析技術の活用

○吉木 昌彦沖 充浩
東芝研開セ

A1106S   9/11   16:10~16:40   A会場   【産業界シンポジウム講演】

味の素株式会社における生体分子構造解析のための大型設備活用例

水越 利巳○山口 秀幸
味の素株式会社 バイオ・ファイン研究所

第2日  9月12日(木)

A2001S   9/12   09:10~09:40   A会場   【産業界シンポジウム講演】

素材産業におけるシミュレーション技術の現在地

○浦田 新吾
AGC

A2002S   9/12   09:40~10:10   A会場   【産業界シンポジウム講演】

インフォマティクス技術を活用した材料開発の加速

○池端 久貴
旭化成

A2003S   9/12   10:10~10:40   A会場   【産業界シンポジウム講演】

分子動力学(MD)シミュレーションによる界面活性剤の相構造中の分子挙動の解析

○武田 康助
花王(株)

A2004S   9/12   10:50~11:20   A会場   【産業界シンポジウム講演】

キリン社におけるデータサイエンス活用事例と、課題解決の為のLC/ToF-MSの日間再現性改善に関する検討

○篠原 裕之齊木 友代楊箸 爽松本 理恵石黒 達治
キリンホールディングス基盤研

A2005S   9/12   11:20~11:50   A会場   【産業界シンポジウム講演】

機械学習による放射光計測像の高画質化

○木村 英彦上山 道明瀬戸山 大吾
豊田中研

第3日  9月13日(金)

A3101S   9/13   13:10~13:50   A会場   【特別シンポジウム講演】

分析化学って何? 仲間を増やし、アカデミアでのプレゼンスを高めるために

○岡田 哲男
東工大理学院

A3102S   9/13   13:50~14:30   A会場   【特別シンポジウム講演】

有機合成化学からバイオ分析化学の道を歩んで

○竹中 繁織
九工大院工

A3103S   9/13   14:30~15:10   A会場   【特別シンポジウム講演】

アミノ酸による疾患リスクスクリーニングの事業化を牽引した分析化学

○宮野 博
味の素

A3104S   9/13   15:10~15:50   A会場   【特別シンポジウム講演】

高感度分析技術の開発と事業貢献

○林 俊一
日鉄 技開本部

B会場

第1日  9月11日(水)

B1101S   9/11   13:20~14:00   B会場   【特別シンポジウム講演】

核不拡散・核セキュリティに利用される微量分析技術

○江坂 文孝
原子力機構

B1102S   9/11   14:00~14:40   B会場   【特別シンポジウム講演】

化学兵器用剤の現場分析技術

○瀬戸 康雄
理研SPring-8センター

B1103S   9/11   14:40~15:20   B会場   【特別シンポジウム講演】

スポーツドーピング検査
フェアプレイと選手の健康を守る分析化学

○植木 眞琴
ADLQ

B1104S   9/11   15:30~16:10   B会場   【特別シンポジウム講演】

危険ドラッグによる健康被害を防ぐための分析化学

○花尻 瑠理
国立衛研

B1105S   9/11   16:10~16:50   B会場   【特別シンポジウム講演】

救急現場および法医鑑定で用いられる分析技術 -時間の壁と公平性の担保-

○奈女良 昭
広島大院法医

B1106S   9/11   16:50~17:30   B会場   【特別シンポジウム講演】

急性中毒の原因究明や治療に役立つ分析化学

○福本 真理子
北里大学薬

第2日  9月12日(木)

B2001S   9/12   09:05~09:35   B会場   【特別シンポジウム講演】

エピゲノムの迅速分析に向けた材料創成とマイクロデバイス化

○栗田 僚二
産総研、筑波大

B2002S   9/12   09:35~10:05   B会場   【特別シンポジウム講演】

蛍光blinking制御によるRiboswitch構造変化の1分子観測

○川井 清彦
阪大産研

B2003S   9/12   10:05~10:35   B会場   【特別シンポジウム講演】

量子DNAシーケンサーの実現に向けた化学的アプローチ

○山東 信介
東大院工

B2004S   9/12   10:45~11:15   B会場   【特別シンポジウム講演】

分析化学的アプローチによる核酸アプタマー選抜法の改良

○吉本 敬太郎
東大院総文(広域・生命)

B2005S   9/12   11:15~11:45   B会場   【特別シンポジウム講演】

RNAツールを利用した生体高分子の生細胞内動態解析

○佐藤 慎一
京大化研

B2006S   9/12   11:45~12:15   B会場   【特別シンポジウム講演】

4本鎖DNAを、4本鎖DNAで分析する

○竹中 繁織
九工大院工

第3日  9月13日(金)

B3001S   9/13   09:20~09:50   B会場   【特別シンポジウム講演】

身の回りの分離技術を紹介しながらの分析化学の講義

○斎藤 恭一
早稲田大・院

B3002S   9/13   09:50~10:10   B会場   【特別シンポジウム講演】

中高生に分析化学を伝える ~夢ナビライブにて~

○宮村 一夫
東理大理

B3003S   9/13   10:10~10:30   B会場   【特別シンポジウム講演】

高校の化学から抜け出そう

○加納 健司
京大院農

B3004S   9/13   10:40~11:00   B会場   【特別シンポジウム講演】

Scientist-Pharmacist(研究型薬剤師)の育成を目指す

○東 達也
東理大薬

B3005S   9/13   11:00~11:20   B会場   【特別シンポジウム講演】

アンケートを付した宿題により授業外学習を促す手法

○火原 彰秀
東北大多元研

B3006S   9/13   11:20~11:40   B会場   【特別シンポジウム講演】

伝統的カリキュラムの中での分析化学教育の最適化

○平山 直紀
東邦大理

B3007S   9/13   11:40~12:00   B会場   【特別シンポジウム講演】

中和滴定をどう講義するか?

○藤浪 眞紀
千葉大院工

B3101S   9/13   13:00~13:35   B会場   【特別シンポジウム講演】

生体高分子の特異的相互作用と進化能の進化--分子による分子のための分子の計測--

○伏見 譲1,2
埼玉大1JST先端計測2

B3102S   9/13   13:35~14:10   B会場   【特別シンポジウム講演】

多様性工学 〜芳香族化合物センサー分子の探索と進化を利用した高機能化〜

○宮崎 健太郎
産総研

B3103S   9/13   14:20~14:55   B会場   【特別シンポジウム講演】

理想の免疫測定を目指した抗体タンパク質のセンサー化戦略

○上田 宏1蘇 九龍2安田 貴信2井上 暁人2北口 哲也1
東工大化生研1東工大院生命理工2

B3104S   9/13   14:55~15:30   B会場   【特別シンポジウム講演】

マイクロチャンバーではかるとつくる

○田端 和仁
東大院工

B3105S   9/13   15:40~16:15   B会場   【特別シンポジウム講演】

蛍光バイオセンサーによる生細胞内代謝物イメージング

○今村 博臣
京大生命

B3106S   9/13   16:15~16:50   B会場   【特別シンポジウム講演】

センサータンパク質の進化デザインによる多入力・多出力化

○梅野 太輔
千葉大院工

C会場

第1日  9月11日(水)

C1101S   9/11   13:20~14:00   C会場   【特別シンポジウム講演】

タンパク質群動態解析のためのケミカルプロテオミクス

○浜地 格
京大院工/ERATO

C1102S   9/11   14:00~14:40   C会場   【特別シンポジウム講演】

生命科学計測のための固体量子センサー技術

○五十嵐 龍治
QST

C1103S   9/11   14:40~15:20   C会場   【特別シンポジウム講演】

化学プローブによって明らかになった生命現象

○菊地 和也
阪大工

C1104S   9/11   15:30~16:10   C会場   【特別シンポジウム講演】

デジタルバイオ分析の現在と将来

○野地 博行
東大・応用化学

C1105S   9/11   16:10~16:50   C会場   【特別シンポジウム講演】

DNAイベントレコーダー生物学

○谷内江 望
東大先端研

第2日  9月12日(木)

C2001   9/12   09:00~09:15   C会場  

エシェル型ICP-AESにおける非スペクトル干渉に関する考察

○藤森 英治
環境調査研修所

C2002   9/12   09:15~09:30   C会場  

反応セル型ICP-MSにおける反応時間制御の試み_その3

○山田 憲幸
アジレント・テクノロジー・インターナショナル(株)

C2003   9/12   09:30~09:45   C会場  

ガス微粒子化-ガス交換技術を用いたICPMSによるAsH3のリアルタイム分析

○鈴木 幸志池田 智洋古田 直紀
中央大院理工

C2004   9/12   10:00~10:15   C会場  

大気圧プラズマによる水素燃料ガス中のイオウ不純物分析装置の開発

○御船 星1岡田 将太1岩井 貴弘2岡林 識起1松田 敬子3森川 正己4宮原 秀一5沖野 晃俊6千葉 光一1
関学大理工1理研SPring-8センター2ヤナコ計測3エスアンドエー・ラボ4東大院理5東工大未来産業技研6

C2005   9/12   10:15~10:30   C会場  

ICP-MSによる半導体シリコンの超微量レベルの金属不純物の定量における分子スペクトル干渉の減少に対するNH3の影響

○Shabani Mohammad河野 利哉富岡 賢一
三菱マテリアル中央研究所

C2006   9/12   10:30~10:45   C会場  

IC-CD-ICPMSによる神田川河川水中のハロゲン元素の化学形態別分析

○杉田 憲亮池田 智洋古田 直紀
中央大院理工

C2007   9/12   10:45~11:00   C会場  

マウス肝臓中のグルタチオンペルオキシダーゼ (cGPx) のペプチド解析

○山尾 契池田 智洋古田 直紀
中央大院理工

第3日  9月13日(金)

C3001   9/13   09:00~09:15   C会場  

LA-ICP-MSを用いたエアロゾル混合検量線法による金属材料の定量精度の評価

○黒木 康生1槇納 好岐2平田 岳史2
サーモフィッシャー1東大院理2

C3002   9/13   09:15~09:30   C会場  

フィルター捕集法によるLAエアロゾルの元素分別効果の評価

○上曽山 毅池田 智洋古田 直紀
中央大院理工

C3003   9/13   09:30~09:45   C会場  

Cs吸着材に捕捉された長寿命核種Cs-135のレーザーアブレーションICP-MSによる定量

○浅井 志保1大畑 昌輝1半澤 有希子2蓬田 匠2堀田 拓摩2北辻 章浩2
産総研1原子力機構2

C3004   9/13   09:45~10:00   C会場  

GFAAS における種々の原子蒸気とPG表面との物理化学的相互作用

○今井 昭二1宮本 征弥2山本 祐平1
徳島大院理工1徳島大学総合科学部2

C3005   9/13   10:15~10:30   C会場  

シングルパーティクルICP-MSにおける金ナノ粒子の導入効率改善を目的とした試料チューブへの粒子吸着量評価

○宮下 振一藤井 紳一郎稲垣 和三
産総研

C3006   9/13   10:30~10:45   C会場  

多原子イオンを用いたナノ粒子の粒径計測ダイナミックレンジの拡大

○山下 修司1石田 未来2平田 岳史1
東大院理1TDK2

C3007   9/13   10:45~11:00   C会場  

誘導結合プラズマ質量分析計を用いた金ナノ粒子測定

○石田 未来1山下 修司2鈴木 敏弘2平田 岳史2
TDK1東大院理2

C3008   9/13   11:00~11:15   C会場  

scICP-MSによる単細胞藻類Pseudococcomyxa simpleに蓄積されたニッケルの定量分析

○市之瀬 智生1井戸 航洋1,2保倉 明子1熊谷 和博2宮下 振一2藤井 紳一郎2稲垣 和三1,2
東電機大院工1産総研物質計測標準2

C3009   9/13   11:15~11:30   C会場  

ICP質量分析計を用いた単一細胞中の元素分析と細胞毒性評価への応用

○田中 佑樹1飯田 里紗子1久保田 哲央2山中 理子2杉山 直樹2小椋 康光1
千葉大学大学院 薬学研究院1アジレント・テクノロジー・インターナショナル2

C3101S   9/13   13:10~13:35   C会場   【特別シンポジウム講演】

レーザーアブレーションICPMS法によるナノ粒子のイメージング分析

○山下 修司1鈴木 敏弘1曺 永晩2井手 鉄哉2小川 久美子2平田 岳史1
東大院理1国立衛研病理部2

C3102S   9/13   13:35~14:00   C会場   【特別シンポジウム講演】

SP-ICP-MSによるナノ粒子の魚体内分布解析と生態毒性評価

○柏田 祥策
東洋大生命科学

C3103S   9/13   14:00~14:25   C会場   【特別シンポジウム講演】

金属ナノ粒子の光機能とサイズ依存性

○立間 徹
東大生研

C3104S   9/13   14:35~15:15   C会場   【特別シンポジウム講演】

Monitoring the Behavior, Fate, and Ecological Effects of Nanomaterials using Single Particle and Single Cell ICP-MS

○小林 恭子Chady Stephan
PerkinElmer

C3105S   9/13   15:15~15:40   C会場   【特別シンポジウム講演】

ナノ粒子分析におけるプラズマ分光分析の役割とその展望

○加藤 晴久
産総研

C3106S   9/13   15:40~16:05   C会場   【特別シンポジウム講演】

試料導入から考えるspICP-MSの技術課題と今後の展望

宮下 振一○稲垣 和三
産総研

C3107S   9/13   16:05~16:30   C会場   【特別シンポジウム講演】

ICP質量分析法によるナノ粒子の元素・同位体分析

○平田 岳史1山下 修司1石田 未来2
東大理1TDK2

D会場

第1日  9月11日(水)

D1001   9/11   09:30~09:45   D会場  

Cyclic anthraquinones selectively recognize G-quadruplex structure and inhibit cancer cell proliferation

○Zou, Tingting1,2若原 大暉1尾崎 俊祐1佐藤 しのぶ1,2竹中 繁織1,2
九工大院工1九工大RCBT2

D1002   9/11   09:45~10:00   D会場  

新規テロメアDNA識別分子と4本鎖DNAとの相互作用解析

○竹内 龍佑1Zou, Tingting1,2佐藤 しのぶ1,2竹中 繁織1,2
九工大院工1九工大RCBT2

D1003   9/11   10:00~10:15   D会場  

癌診断試薬としての新規環状フェロセン化ナフタレンジイミドの合成

○金好 秀馬1藤本 和久3佐藤 しのぶ1,2竹中 繁織1,2
九工大院工1九工大RCBT2九産大生命科学3

D1004   9/11   10:15~10:30   D会場  

フェロセン化ナフタレンジイミドを利用した癌診断マーカーとしてのmiRNA の電
気化学的検出法の開発

○佐藤 しのぶ1,2中山 彰1小野 瑞希1竹中 繁織1,2
九工大院工1九工大RCBT2

D1005   9/11   10:30~11:00   D会場   【奨励賞講演】

小分子を用いた非標準型核酸高次構造の検出

○勝田 陽介
熊大院先端

D1101   9/11   13:45~14:00   D会場  

両親媒性αヘリックス構造を有する蛍光ペプチドプローブの合成とエクソソーム検出への応用

○最上 絢太桑原 和貴佐藤 雄介西澤 精一
東北大院理

D1102   9/11   14:00~14:15   D会場  

エクソソーム機能解析を指向した蛍光性ペプチドプローブの機能改良

○桑原 和貴最上 絢太佐藤 雄介西澤 精一
東北大院理

D1103   9/11   14:15~14:30   D会場  

DNAサーキットを利用した発光性希土類金属錯体クラスターの触媒的生成

○北村 裕介野崎 晃広尾崎 理衣勝田 陽介井原 敏博
熊本大院先端

D1104   9/11   14:30~14:45   D会場  

DNA二重鎖密生型金ナノ粒子を用いた抗がん剤の目視活性評価法の構築

○秋山 好嗣1木村 和徳2宝田 徹3前田 瑞夫3菊池 明彦2
東理大基礎工教養1東理大院基礎工2理研前田バイオ工学3

D1105   9/11   14:45~15:00   D会場  

単分子トンネル電流計測法による修飾核酸識別

○大城 敬人小本 祐貴谷口 正輝
阪大産研

D1106   9/11   15:00~15:15   D会場  

ナノ流体デバイスと光圧技術を融合した1分子DNA引き延ばし操作

○佐々木 雄太
阪府大院工

D1107   9/11   15:30~15:45   D会場  

ハイブリッド形成誘引-電気化学信号変調センサアレイに基づく核酸試料並列分析

○青木 寛鳥村 政基中里 哲也
産総研環境管理

D1108   9/11   15:45~16:00   D会場  

酵素反応支援-表面プラズモン共鳴イメージング法による微量マイクロRNA検出

○青木 寛1,2Robert M. Corn2Brandon Matthews2
産総研環境管理1カリフォルニア大2

D1109   9/11   16:00~16:15   D会場  

DNAウォーキング機構を介したナノ粒子表面におけるDNAサーキットの構築

○大石 基斉藤 孝輔
筑波大数理物質

D1110   9/11   16:15~16:30   D会場  

高感度バイオマーカー簡便検出系の開発

○桑原 正靖1藤田 博仁1片岡 由佳1柏木 保代2河島 尚志2
日大院総合基1東医大2

D1111   9/11   16:30~16:45   D会場  

高密度固定化DNAを介した核酸アプタマー修飾金ナノ粒子を用いた夾雑試料中からの分子検出

○矢野 雄暉1矢野 湧暉1小川 敦司2前田 瑞夫3朝日 剛1座古 保1
愛媛大院理工1愛媛大PROS2理研3

D1112   9/11   16:45~17:00   D会場  

高速PCR熱サイクルの適用に基づくドロップレットデジタルPCR分析法の時間短縮を目的としたマイクロ流体デバイスの開発

○高原 広和1橋本 雅彦2
同志社大院理工1同志社大理工2

第2日  9月12日(木)

D2001   9/12   09:00~09:15   D会場  

高感度細胞DR-EcoscreenHSを用いた生体試料中におけるダイオキシン類縁化合物測定

○松田 涼1中村 昌文1小島 弘幸2飯田 満1,3
(株)日吉1北海道医療大学薬学部衛生薬学講座2HIROバイオテクノロジー3

D2002   9/12   09:15~09:30   D会場  

バイポーラ電気化学デバイスを用いた細胞活性評価

○伊野 浩介八重垣 稜佑梨本 裕司珠玖 仁
東北大学

D2003   9/12   09:30~09:45   D会場  

選択的細胞接着性ペプチドと温度応答性高分子を用いた細胞分離法の開発

○志村 昌紀花屋 賢悟蛭田 勇樹山田 創太長瀬 健一金澤 秀子
慶大院薬

D2004   9/12   09:45~10:00   D会場  

正電荷を有する温度応答性高分子修飾ビーズを充填剤とした細胞分離カラムの開発

○稲永 大夢市川 大樹山田 創太長瀬 健一服部 豊金澤 秀子
慶大院薬

D2005   9/12   10:00~10:30   D会場   【技術功績賞講演】

抗体を用いることによる新規分析技術の開発とその応用

○三宅 司郎
麻布大生命環境

D2006   9/12   10:45~11:15   D会場   【バイオ分析研究懇談会】

薬剤アッセイを目指したバイオマテリアルの精密加工と肝細胞培養

○山田 真澄
千葉大院工

第3日  9月13日(金)

D3001   9/13   09:00~09:15   D会場  

薬剤移行性アッセイのための毛細血管網を有するマイクロ三次元脂肪組織の構築

○香西 里咲佐藤 記一
群馬大院理工

D3002   9/13   09:15~09:30   D会場  

マイクロ消化吸収モデルを用いた薬剤の吸収率測定

○鈴木 彩香佐藤 記一
群馬大院理工

D3003   9/13   09:30~09:45   D会場  

アミノ酸の光学活性が異なるペプチドナノファイバーゲル内での間葉系幹細胞の分化挙動解析

○吉冨 徹1吉本 敬太郎1,2
東大院総文(広域・生命)1JSTさきがけ2

D3004   9/13   09:45~10:00   D会場  

立体構造変化に基づいた分子認識機能を有するトロンビン結合型DNAアプタマーの電気泳動選抜

○坂本 寿樹1半田 友衣子1吉本 敬太郎2渋川 雅美1齋藤 伸吾1
埼玉大院理工1東大院総合文化2

D3005   9/13   10:15~10:30   D会場  

擬似糖鎖/電子伝達性ぺプチドと大豆由来レクチン間の相互作用の電気化学的評価

○石崎 空1倉光 英樹3門屋 利彦2菅原 一晴2
前橋工科大院(工)1前橋工科大2富山大院理工(理)3

D3006   9/13   10:30~10:45   D会場  

ターゲット細胞センシングのための細胞認識/電子伝達性ペプチド固定化電極の構築

○菅原 一晴1石崎 空1倉光 英樹2門屋 利彦1
前橋工科大1富山大院理工(理)2

D3007   9/13   10:45~11:00   D会場  

バニロイドレセプターペプチドのメトキシクマリン修飾アラニン組込みおよびポリエチレングリコール化による新規ペプチドホスト分子の合成とバイオ分析応用

○中野 幸二堀内 潤石松 亮一
九大院工

D3008   9/13   11:00~11:15   D会場  

エクソソーム膜融合によるグラミシジンチャネル活性増強のメカニズム解明

○東海林 敦1西尾 将人1,2森岡 和大1柳田 顕郎1
東京薬大薬1バイオリサーチセ2

D3101   9/13   13:45~14:00   D会場  

人工細胞膜に基づいたイオンチャネルタンパク質の新規解析系の開発

○小宮 麻希1横田 澪央1常田 悠介1佐藤 まどか1加藤 美生1山浦 大地1但木 大介1馬 騰2山本 英明2庭野 道夫3平野 愛弓1,2
東北大電気通信研1東北大材料科学高等研2東北福祉大感性福祉研3

D3102   9/13   14:00~14:15   D会場  

空間選択的ポストインプリンティング修飾による腫瘍マーカータンパク質蛍光センシング材料の創製

高宮 和寛○砂山 博文高野 恵里北山 雄己哉竹内 俊文
神戸大院工

D3103   9/13   14:15~14:30   D会場  

多色発光機能をもつ赤色蛍光タンパク質 Akane families の蛍光特性

○加藤 祐子1,2吉田 亨次1大庭 義史2今原 幸光3山口 敏男1
福大理1長崎国大薬2黒潮生物和歌山3

D3104   9/13   14:30~14:45   D会場  

Ligand-Activated Reporter Protein Conformation for BRET Imaging of Protein-Protein Interactions in Living Mice

○金 誠培1,2藤井 理香1Paulmurugan, Ramasamy2
産総研環境管理1スタンフォード大学医学部2

D3105   9/13   15:00~15:15   D会場  

唾液成分からメンタルストレス変化を診る

○蒲生 啓司1大野 敬太2前田 武晴3公文 俊佑3美濃 厚志3
高知大複合領域科学1高知大教育2東洋電化3

D3106   9/13   15:15~15:30   D会場  

ポストインプリンティング修飾糖鎖認識人工抗体によるバイオマーカーンセンシング

砂山 博文○高野 恵里林 智彦北山 雄己哉竹内 俊文
神戸大院工

D3107   9/13   15:30~15:45   D会場  

化学拡張型進化分子工学的手法によるインフルエンザウイルスの電気化学的検出

○多田 誠一1皆川 倫子1鵜澤 尊規1,2伊藤 嘉浩1,2
理研CEMS1理研CPR2

D3108   9/13   15:45~16:00   D会場  

A Centrifugal Assisted Microfluidic Paper-based Disc For A Rapid, Automated And Calibration-free Testing Relying On Ruler-like Readout

○前島 健人蛭田 勇樹Citterio, Daniel
慶大院理工

E会場

第1日  9月11日(水)

E1001   9/11   09:30~09:45   E会場  

フルオラスエーテル|水界面におけるイオン移動ボルタンメトリー

○植松 宏平1松原 由佳1大堺 利行2片野 肇1
福井県大生物資源1神戸大院理2

E1002   9/11   09:45~10:00   E会場  

イオン性分子の脂質二分子膜への分配と膜透過機構

○大松 照政堀 貴翔石田 尚人湊 蛍吉田 裕美前田 耕治
京工繊大院工芸科学

E1003   9/11   10:00~10:15   E会場  

フッ素系高分子膜を介したイオン透過ボルタンメトリーにおける W | M | O 系と W | M | W 系の比較

○深谷 好芳吉田 匡志吉田 裕美前田 耕治
京工繊大院工芸科学

E1004   9/11   10:15~10:30   E会場  

酵素修飾電極を用いた酸素溶解速度の電気化学的測定法の確立

○図司 健人北隅 優希白井 理加納 健司
京大院農

E1005   9/11   10:30~10:45   E会場  

神経伝導測定における電位固定法および電流固定法の問題点

加地 麻衣子北隅 優希加納 健司○白井 理
京大院農

E1006   9/11   10:45~11:00   E会場  

ポテンショメトリによる発電菌の電子生成の速度論的解析

石木 健吾○椎木 弘
阪府大院工

E1101   9/11   13:45~14:00   E会場  

異元素終端カーボンの担持効果によるNiナノ粒子電極触媒の活性制御およびオリゴ糖の電気化学検出への応用

○芝 駿介1太田 早紀2矢嶋 龍彦2鎌田 智之3加藤 大3丹羽 修2
愛媛大学1埼玉工大2産総研3

E1102   9/11   14:00~14:15   E会場  

流動炭素粉末電極を用いるKenrick型ボルタ電位差測定

○吉村 まな美巽 広輔
信州大理

E1103   9/11   14:15~14:30   E会場  

フルオラス溶媒をバインダーとして用いる液状電極

○岡田 拓也巽 広輔
信州大理

E1104   9/11   14:30~14:45   E会場  

液膜型硝酸イオン選択性電極用の参照電極の最適化―Cl-フリーの測定系の構築―

○阿黒 達也北隅 優希加納 健司白井 理
京大院農

E1105   9/11   14:45~15:15   E会場   【奨励賞講演】

新規pHガラス電極に関する研究

○西尾 友志
堀場アドバンスドテクノ

E1106   9/11   15:30~16:00   E会場   【女性analyst賞講演】

液液,膜界面でのイオン分配に関する電気化学的理解と分析法への応用

○吉田 裕美
京工繊大 分子化学系

E1107   9/11   16:00~16:30   E会場   【電気分析化学研究懇談会】

ダイヤモンド電極による環境計測および生体計測

○栄長 泰明1,2
慶大理工1JST-ACCEL2

第2日  9月12日(木)

E2001   9/12   09:00~09:15   E会場  

ペンタエチレンヘキサミン八酢酸(PHOA)配位子を用いる銅及びニッケル錯体の電気化学的研究

○増田 嘉孝1河原 英雄2村瀬 一郎3関戸 榮一4
日本分析化学専門学校1神戸大学理学部2九州大学教養学部3神戸大学理学部4

E2002   9/12   09:15~09:30   E会場  

3電極一体型フローセルを用いたハロゲン化物イオンの分別定量

○大西 彩由佳杉本 啓伍長谷部 万希吉田 裕美前田 耕治
京工繊大院工芸科学

E2003   9/12   09:30~09:45   E会場  

プラスチックを基板とした液液界面イオン移動クーロメトリーセルの開発

○辰巳 史帆日下部 瑛美吉田 裕美前田 耕治
京工繊大院

E2004   9/12   09:45~10:00   E会場  

抗酸化活性評価法-DPPH法-での反応生成物と電解酸化生成物の比較

○松本 健嗣1堀田 弘樹1木村 行宏2大堺 利行3
神戸大院海事1神戸大院農2神戸大院理3

E2005   9/12   10:15~10:30   E会場  

アニオンの放出制御を目指したキトサンゲルの体積制御

○榎本 秀幸安井 孝志高田 主岳
名工大院工

E2006   9/12   10:30~10:45   E会場  

アニオン濃縮デバイス用ポリメチレンブルー膜修飾カーボン電極の構築

○鈴木 遊太鈴木 正人前田 友梨安井 孝志
名工大院工

E2007   9/12   10:45~11:00   E会場  

CdTe量子ドットを用いる共反応物型電気化学発光反応の分光電気化学的考察

○中山 雅之髙橋 史樹金 継業
信州大院理工

E2008   9/12   11:00~11:15   E会場  

各種ジイミン配位子を有する銅(I)ジホスフィン錯体の溶液内挙動に対する電気化学的検討

○吉田 将己柳田 沙瑛小林 厚志加藤 昌子
北大院理

第3日  9月13日(金)

E3001   9/13   09:15~09:30   E会場  

単一分子レベルの超微量タンパク分析のための拡張ナノ流体ELISAデバイスの開発

○太田 諒一馬渡 和真森 絵美北森 武彦
東大院工

E3002   9/13   09:30~09:45   E会場  

定量分析のためのPDMSマイクロチップコーティング法の開発

○天野 翔太鈴木 孝明佐藤 記一
群馬大院理工

E3003   9/13   10:00~10:15   E会場  

小角X線溶液散乱法による脂質ナノ粒子の動的構造解析法の開発

○真栄城 正寿1木村 笑2石田 晃彦1谷 博文1渡慶次 学1
北大院・工1北大院・総化2

E3004   9/13   10:15~10:30   E会場  

自律駆動マイクロ流体チップを用いたマイクロRNA検出における検出限界の改善

○井上 聖也1,2Young-Jin Kim1武政 誠2細川 和生1前田 瑞夫1
理研1東京電機大院理工2

E3005   9/13   10:30~10:45   E会場  

フィードバック制御環境下での細胞サイズのリポソームの自動観測

○杉山 博紀1大崎 寿久2,3竹内 昌治2,4豊田 太郎1
東大院総合1東大生研2KISTEC3東大院情理4

E3006   9/13   10:45~11:15   E会場   【ナノ・マイクロ化学分析研究懇談会】

制御されたナノ構造体の光物性と分析化学への応用

○上野 貢生
北大院理

E3101   9/13   13:45~14:00   E会場  

試料・試薬溶液の順次導入を可能とするマルチバルブ集積型マイクロ流体デバイスの開発

○森岡 和大佐藤 ひな森田 健司崎間 立久保山 稔梨柳田 顕郎東海林 敦
東京薬大薬

E3102   9/13   14:00~14:15   E会場  

リアルタイム測定が可能なCD型蛍光検出システムの開発

○野条 拓矢1森岡 和大2辺見 彰秀3加藤 俊吾1内山 一美1中嶋 秀1
首都大院都市環境1東薬大薬2メビウスAT3

E3103   9/13   14:15~14:30   E会場  

1分子制御化学に向けたアトリットル液滴のマニピュレーションと融合

○川岸 啓人1,2川又 修一1許 岩1,3
大阪府大工1JSPS2JST-さきがけ3

E3104   9/13   14:30~14:45   E会場  

PDMS製マイクロ流体チップの特性を活かした外部ポンプフリーな油中水滴高速調製法の開発

○中谷 将也1橋本 雅彦2
同志社大院理工1同志社大理工2

E3105   9/13   14:45~15:00   E会場  

多流路―一流路マイクロチャネル合流部を使った混相流スイッチ流れの観察とシミュレーション

○米倉 敬吾山脇 文森 龍輝塚越 一彦
同志社大院理工

E3106   9/13   15:00~15:15   E会場  

水性二相PEG/リン酸塩系混合溶液を用いたキャピラリー内相分離混相流の創出と生体成分の流れ挙動

○松下 千紘塚越 一彦
同志社大院理工

F会場

第1日  9月11日(水)

F1001   9/11   09:30~09:45   F会場  

バイオマスを基体とする固定化酵素の調製とその応用

○福王寺 琢也渡邉 亮宮内 俊幸
中部大院工

F1002   9/11   09:45~10:00   F会場  

ポリアニリン生成に基づくフロー吸光 ELISA 法の開発

○石松 亮一1清水 慎一1森田 金市2中野 幸二1
九大院工1ウシオ電機2

F1003   9/11   10:00~10:15   F会場  

熱溶解積層3Dプリンタを利用したPDMS製流路チップ作製とフローインジェクションによるヒドラジン分析への応用

○山下 智富安川 和志
富山衛研

F1004   9/11   10:15~10:30   F会場  

ICP-MSと吸光光度検出器を有するSIAシステムによる尿中バナジウムとクレアチニンの定量

井ノ口 綾夏川上 裕理奈村上 博哉酒井 忠雄○手嶋 紀雄
愛知工大

F1005   9/11   10:30~10:45   F会場  

吸光光度検出―フローインジェクション分析法による有機溶媒中の塩化物イオン定量法の検討

○楠目 海里1坂江 広基2横山 崇1
岡山理大理1福井県大生物資源2

F1006   9/11   10:45~11:00   F会場  

コンピュータ制御フロー化学分析による多成分測定法の開発:測定法の特徴と利点

Hakim, Lukman1樋口 慶郎2○本水 昌二3金田 隆4鈴木 保任5
Brawijaya Univ. Dept.Chem.1Ogawa&Co., MGC JAPAN2岡山大インキュベータ3岡山大院自然4金沢工大バイオ・化学5

F1101   9/11   13:45~14:15   F会場   【JAIMA賞講演】

放射性ストロンチウムの迅速分析装置の開発

○高貝 慶隆1,2古川 真3松枝 誠4亀尾 裕4鈴木 勝彦5
福島大理工1福島大IER2パーキンエルマー3原子力機構4JAMSTEC5

F1102   9/11   14:15~14:30   F会場  

発光ダイオードを光源とする簡易なフローインジェクション分析用検出器の開発

○鈴木 保任1本水 昌二2山根 兵3川久保 進4坂本 宗明1大嶋 俊一1藤永 薫1
金沢工大バイオ・化学1岡山大インキュベーション2山梨大教3山梨大院総合研究4

F1103   9/11   14:30~14:45   F会場  

光触媒酸化反応とクロマトグラフィーをオンライン化したフローシステムによるTiO2光触媒固定化材料の評価

○井坂 茉由1杉田 剛2山崎 太樹1板橋 英之1樋山 みやび1森 勝伸3
群馬大院理工1原子力機構2高知大理工3

F1104   9/11   14:45~15:00   F会場  

FIAによるシリカの分析におけるりん酸イオンの影響

千代丸 勝1○樋口 慶郎2樋山 みやび1板橋 英之1
群馬大理工1小川商会2

F1105   9/11   15:15~15:30   F会場  

オプトード検出器を用いる陰イオン性界面活性剤のフローインジェクション分析

佐藤 亮太○正留 隆
芝浦工大

F1106   9/11   15:30~15:45   F会場  

核酸塩基修飾吸着分離剤における基材樹脂の影響

○尾宮 美保1三木 雄太1村上 博哉1江坂 幸宏2井上 嘉則1手嶋 紀雄1
愛知工大1岐阜薬大2

F1107   9/11   15:45~16:00   F会場  

非芳香族型ポリマー系固相抽出剤の開発と捕捉特性評価

○富田 博貴1杉田 崇1村上 博哉1江坂 幸宏2井上 嘉則1手嶋 紀雄1
愛知工大1岐阜薬大2

F1108   9/11   16:00~16:15   F会場  

アゾメチンHによるホウ素のFIA法のJIS化に向けた検証

○中村 栄子1手嶋 紀雄2村上 博哉2奥野 希一2樋口 慶郎3大野 慎介4林 則夫4
横浜国大1愛知工大2小川商会3三菱ケミカルアナリテック4

F1109   9/11   16:15~16:45   F会場   【フローインジェクション分析研究懇談会】

エアロゾルや流路内気液・液液界面などの微小界面を計測するレーザー分光法

○火原 彰秀
東北大多元研

第2日  9月12日(木)

F2001   9/12   09:00~09:15   F会場  

異なる2種のナノ粒子の架橋による混合色輝点の形成を利用したトロンビン検出

○吉村 健1矢野 湧暉1矢野 雄暉1小川 敦司2前田 瑞夫3朝日 剛1齋藤 伸吾4吉本 敬太郎5座古 保1
愛媛大院理工1愛媛大PROS2理研3埼玉大院理工4東大院総文5

F2002   9/12   09:15~09:30   F会場  

遺伝子組換え発光大腸菌による呼吸阻害毒性物質の生物発光可視化におけるアルギン酸ミクロ環境効果

○柄谷 肇1布施 泰朗2門司 翔伍3
京都光科学研究所1京都工芸繊維大学院分子化学2京都工芸繊維大学院工芸科学3

F2003  講演中止

 

 

F2004   9/12   09:45~10:00   F会場  

メタ表面水素センサー

○西島 喜明紅 貴朗
横国大工

F2005   9/12   10:00~10:15   F会場  

グルコースセンサー用近赤外吸収機能性色素の開発

○棚橋 祐斗菅野 憲遠田 浩司
富山大院理工

F2006   9/12   10:15~10:30   F会場  

ビスベンゾボロキソール型グルコースレセプターの開発

○小林 美月菅野 憲遠田 浩司
富山大院理工(工)

F2007   9/12   10:45~11:15   F会場   【熱分析研究懇談会】

熱分析におけるベースライン判断の困難さの考察

○鈴木 俊之
株式会社パーキンエルマージャパン

第3日  9月13日(金)

F3001   9/13   09:00~09:15   F会場  

銅フタロシアニンナノロッドコロイドを用いた薄膜電極の作製とNOガスに対する応答性

○木原 諒中島 啓貴松口 正信朝日 剛
愛媛大院理工

F3002   9/13   09:15~09:30   F会場  

レドックスサイクルを用いた高感度エンドトキシンセンサの開発

○伊藤 健太郎1井上(安田) 久美1伊野 浩介2梨本 裕司2,3末永 智一4珠玖 仁2
東北大院環境1東北大院工2東北大学際研3東北大イノベセンター4

F3003   9/13   09:30~09:45   F会場  

金ナノ粒子/セルロースナノファイバ複合膜の電気化学特性評価

○齊藤 真希孫 術益富山 智大椎木 弘
阪府大院工

F3004   9/13   09:45~10:00   F会場  

各種ポリウレタンを用いた唾液硝酸ISFETsのドリフト評価

○金時 卓哉1,2大﨑 脩仁2,4森内 隆代1脇田 慎一2,3,4
阪工大工1産総研・先端フォトバイオ2神戸大院人間発達3阪大院工4

F3005   9/13   10:15~10:45   F会場   【女性analyst賞講演】

分子認識機能材料の創生とマイクロ分析への応用

○上野 祐子
NTT物性基礎研

F3006   9/13   10:45~11:15   F会場   【化学センサー研究懇談会】

三重鎖核酸形成に基づくRNAセンシング:ペプチド核酸と有機小分子の活用

○西澤 精一
東北大院理

F3101   9/13   13:45~14:00   F会場  

金蒸着角形ガラス棒SPRセンサーの構築

○満塩 勝1宮原 晶宏2肥後 盛秀1
鹿児島大院理工1鹿児島大工2

F3102   9/13   14:00~14:15   F会場  

フォトクロミズムによる応答差分検出に基づくpHセンサの開発

○津田 翔平菅野 憲遠田 浩司
富山大院工

F3103   9/13   14:15~14:30   F会場  

生体分子を可視化検出する構造発色性ゲルを用いた化学センサーの開発

○桐山 絵美里松本 浩平遠田 浩司菅野 憲
富山大院理工(工)

F3104   9/13   14:30~14:45   F会場  

モールド形状制御によるナノインプリント製プラズモニック結晶のセンサ性能制御

○山田 大空1志水 友哉1小林 奈緒1末吉 健志1久本 秀明1遠藤 達郎1,2
阪府大院工1JSTさきがけ2

F3105   9/13   15:00~15:15   F会場  

ソルバトクロミック蛍光色素用いたpHに依存しない紙基板オプトードセンサー

○柴田 寛之池田 裕真蛭田 勇樹Citterio, Daniel
慶大院理工

F3106   9/13   15:15~15:30   F会場  

Simple Colorimetric Chemosensor Array for Oxyanions: Quantitative Assay for Glyphosate

○張 舟杰Vahid Hamedpour佐々木 由比南 豪
東大生研

F3107   9/13   15:30~15:45   F会場  

エレクトロスピニング法による高分子中空ナノファイバーの作製と分析化学的応用

○本田 侑也1杉原 啓介1加藤 亮2服部 敏明1
豊橋技科大電気電子情報工1豊橋技科大教研基セ2

F3108   9/13   15:45~16:00   F会場  

チオウレア修飾ポリチオフェン化学センサーによるアニオンセンシング

○土屋 智誠1原田 誠1岡田 哲男1福原 学1,2
東工大理1JSTさきがけ2

G会場

第1日  9月11日(水)

G1101   9/11   13:45~14:00   G会場  

ジルコニウム錯体のクラスター形成を考慮した溶媒抽出平衡解析

○岡村 浩之1上田 祐生1元川 竜平1Junju Mu2Andrew J. Masters2Mark R. Antonio3
原子力機構1Univ. Manchester2Argonne National Laboratory3

G1102   9/11   14:00~14:15   G会場  

硝酸酸性下におけるベンゾ-18-クラウン-6エーテルによるピクリン酸カドミウム(II)のベンゼンへの抽出:イオン強度の影響について

○金 泉工藤 義広
千葉大学大学院 融合理工学府

G1103   9/11   14:15~14:30   G会場  

三価ランタノイドのイオン液体キレート抽出におけるイオン液体アニオン側鎖の効果

○江口 綾乃1,2岡村 浩之1杉田 剛1上田 祐生1森田 耕太郎2下条 晃司郎1長縄 弘親1平山 直紀2
原子力機構1東邦大理2

G1104   9/11   14:30~14:45   G会場  

界面活性剤を含む溶媒含浸樹脂を用いたEu分離の最適化の検討

○中谷 亮1倉橋 健介1梅谷 重夫2宗林 由樹3
阪府大高専1フェムトラボ2京大化研3

G1105   9/11   14:45~15:00   G会場  

バイオマスを基体とした陰イオン交換樹脂の調製とその物性評価

○渡邉 亮福王寺 琢也宮内 俊幸
中部大院工

G1106   9/11   15:00~15:15   G会場  

水素結合性化合物の保持に特化したシリカベース固相の開発および評価

○橋本 航士1柳 一郎2大室 智史3前田 友梨1安井 孝志1
名工大院工1名工大工2日薬大3

G1107   9/11   15:30~16:30   G会場   【有機微量分析研究懇談会】

in situ抽出剤生成法の誕生から将来展望まで

○藤永 薫
金沢工大バイオ・化学

第2日  9月12日(木)

G2001   9/12   09:00~09:15   G会場  

逆相液体クロマトグラフィーによる界面活性剤ミセル界面における物質透過速度のモーメント解析

○妹尾 史織宮部 寛志
立教大理

G2002   9/12   09:15~09:30   G会場  

単一多孔質微粒子/溶液系の物質移動過程における分配比と吸脱着速度の影響

○本間 廉長友 重紀中谷 清治
筑波大院数理物質

G2003   9/12   09:30~09:45   G会場  

液体表面の減衰自由振動の顕微測定と解析

○大井 未来塚原 聡
大阪大学理

G2004   9/12   09:45~10:00   G会場  

Microscopic Observation of Liquid Surface Oscillation Induced by an Alternating Magnetic Field

○黄 星塚原 聡
阪大院理

G2005   9/12   10:00~10:15   G会場  

自己駆動粒子の集団運動における界面張力と対流の効果

○若佐 怜慧1綿引 靖人1Chiari, Luca1野本 知理1豊田 太郎2藤浪 眞紀1
千葉大院工1東大院総合文化2

G2006   9/12   10:30~11:00   G会場   【溶液界面研究懇談会】

多分岐高分子を用いた液液界面における電荷移動反応の動的制御

○永谷 広久
金沢大物質化学

G2007   9/12   11:00~11:30   G会場   【溶液界面研究懇談会】

自然乳化を利用したマイクロ水滴分析操作の開発

○福山 真央1,2火原 彰秀1
東北大1JSTさきがけ2

第3日  9月13日(金)

G3001   9/13   09:00~09:15   G会場  

単層支持二分子膜の形成機構の理解のためのコロイドプローブAFMを用いたカチオン性脂質二重膜間の斥力起源の解明

○森作 俊紀1大力 公雄2宮崎 敦史3坂井 隆也3松尾 恵子4由井 宏治1,2
東理大総研院WFSTセンター1東理大理2花王3東理大花王生活科学寄付研究部門4

G3002   9/13   09:15~09:30   G会場  

界面レーザー捕捉下におけるタンパク質分子配向の顕微計測

○中筋 裕香1三浦 篤志1,2上野 貢生1,2喜多村 曻3
北大院総化1北大院理2豊田理化研3

G3003   9/13   09:30~09:45   G会場  

レーザー捕捉・時間分解顕微分光による単一エアロゾル水滴粘度のサイズ依存性の検討

○安部 彩夏1三浦 篤志1,2上野 貢生1,2喜多村 曻3
北大院総化1北大院理2豊田理化研3

G3004   9/13   10:00~10:15   G会場  

液液界面におけるアントラサイクリン誘導体とデンドリマーの吸着反応挙動

○金井 祥平高見 俊成西山 嘉男永谷 広久井村 久則
金沢大院自然

G3005   9/13   10:15~10:30   G会場  

液液界面における凝集誘起発光性色素の電位依存会合特性

○名原 真人山本 翔西山 嘉男永谷 広久井村 久則
金沢大院自然

G3006   9/13   10:30~10:45   G会場  

L-アルギニンをゾル-ゲル反応の触媒として用いるシリカナノ粒子への近赤外蛍光色素固定化の検討

○中嶋 幸穂中原 佳夫矢嶋 摂子
和歌山大システム工

G3007   9/13   10:45~11:00   G会場  

大気圧下でシリカ表面に吸着した水和層の表面選択的振動分光法による「その場」計測

○浦島 周平1内田 琢2本間 芳和1,2由井 宏治1,2
東京理科大W-FSTセンター1東京理科大理2

G3101   9/13   13:45~14:00   G会場  

定量NMR法による超濃厚アルカリ金属塩化物水溶液のイオン間相互作用と水和構造の観測

○牧 秀志1,2松田 玲依3十川 廉2水畑 穣2
神戸大環境保全推進センター1神戸大院工2神戸大工3

G3102   9/13   14:00~14:15   G会場  

ドデカンを連続相とするw/oマイクロエマルションにおける磁気サニャック効果

○渡會 仁Xing, Zilu
阪大INSD

G3103   9/13   14:15~14:30   G会場  

異なる構造の炭素鎖を有するアルキル硫酸ナトリウムの混合水溶液における界面粘弾性と泡沫特性の関係

○青野 恵太1,2鈴木 不律2蓬田 佳弘2岡野 哲也2門 晋平1中原 佳夫1矢嶋 摂子1
和歌山大システム工1花王2

G3104   9/13   14:30~14:45   G会場  

キラル分子探針を用いた電気伝導度計測に基づく表面単分子不斉認識

村上 諒○西野 智昭
東工大理

G3105   9/13   14:45~15:00   G会場  

ドープ氷による凍結濃縮

○原田 誠岡田 哲男
東工大理院

H会場

第2日  9月12日(木)

H2001   9/12   09:00~09:15   H会場  

環境中のマイクロプラスチック定性のための熱分解GC/MS解析用ソフトウェアの開発

○松井 和子1渡辺 忠一1寺前 紀夫1,2大谷 肇3
フロンティア・ラボ1東北大2名工大3

H2002   9/12   09:15~09:30   H会場  

熱分解GC/MS測定における試料飛散防止用の無機フィルターの開発

○太田 惇貴1塩野 愛1渡辺 壱1寺前 紀夫1,2大谷 肇3
フロンティア・ラボ1東北大2名工大3

H2003   9/12   09:30~09:45   H会場  

熱分解GC/MSによる粘着剤用アクリル酸エステル多成分共重合体の組成分析

○青野 真依1浅井 聡2塩野 愛1渡辺 忠一1寺前 紀夫1,3大谷 肇4
フロンティア・ラボ1M&Wリサーチ2東北大3名工大4

H2004   9/12   09:45~10:00   H会場  

海洋マイクロプラスチック分析のための熱分解GC-大気圧化学イオン化-四重極飛行時間型-質量分析法 (Py-APGC-MS) によるプラスチック混合物の識別分析

○原田 賢二大谷 肇
名工大院工

H2005   9/12   10:15~10:30   H会場  

TOF-SIMSおよびTOF-SIMS MS/MSによるパワーデバイスの分析

○角田 治哉鮫島 純一郎遠藤 亮中村 立渡邊 淳一
東レリサーチセ

H2006   9/12   10:30~10:45   H会場  

熱分解分析法およびMALDI-MSによるテトラエトキシシランのカップリング反応の解析

○坂元 愛理大谷 肇
名工大院工

H2007   9/12   10:45~11:00   H会場  

ドナン電位測定による電解質ゲルの活量評価

○黒川 孝幸1,2Guo, Honglei1龔 剣萍1,2,3
北大先端生命1北大GI-CoREソフトマター2北大WPI-ICReDD3

H2008   9/12   11:00~11:30   H会場   【高分子分析研究懇談会】

含水高分子の赤外分光分析とPythonを用いたケモメトリックス・機械学習

○森田 成昭
阪電通大工

第3日  9月13日(金)

H3001   9/13   09:00~09:15   H会場  

Highly bright and stable NIR-BRET imaging systems for deep-tissue imaging of molecular events in vivo

○金 誠培1,5西原 諒2佐藤 守俊3Citterio, Daniel4鈴木 孝治4Paulmurugan, Ramasamy5
産総研環境管理1産総研バイオメディカル2東大総合文化3慶大理工4スタンフォード大学医学部5

H3002   9/13   09:15~09:30   H会場  

Azide- and Dye-Conjugated Coelenterazine Analogues for a Multiplex Molecular Imaging Platform

○金 誠培1,3西原 諒2Citterio, Daniel2鈴木 孝治2
産総研環境管理1慶大理工学部2スタンフォード大学医学部3

H3003   9/13   09:30~09:45   H会場  

Near Infrared bioluminescence imaging with Through-Bond Energy Transfer Cassette

○金 誠培1,2阿部 将大3西原 諒3Paulmurugan, Ramasamy2Citterio, Daniel3鈴木 孝治3
産総研環境管理1スタンフォード大学医学部2慶大応用化学3

H3004   9/13   09:45~10:00   H会場  

In vivoイメージングに資する血中タンパク質に対する高親和性リガンドの開発

○森 健1Nakhaei Elnaz2岸村 顕広1竹原 公3片山 佳樹1
九大院工1九大院システム生命2九大院理3

H3005   9/13   10:15~10:30   H会場  

蛍光タンパク質の細胞内局在制御技術を活用した核膜の動態解析

都田 菜摘1荒木 優花1谷山 俊之1○末田 慎二1,2
九工大院情報工1九工大RCBT2

H3006   9/13   10:30~10:45   H会場  

近赤外蛍光マグネシウムイオンプローブの開発とマルチカラー細胞イメージングへの応用

○蛭田 勇樹村田 理新藤 豊池田 裕真岩澤 尚子岡 浩太郎Daniel Citterio
慶大理工

H3007   9/13   10:45~11:00   H会場  

深赤色蛍光モノメチンシアニン色素の開発:生細胞RNAイメージングとRNA二重鎖検出プローブへの応用

○芳野 幸奈佐藤 雄介西澤 精一
東北大院理

H3008   9/13   11:00~11:15   H会場  

持続的な細胞の蛍光染色を可能とする酵素応答性基質の開発

○川村 真朱美2吉田 良祐2岸村 顕広1森 健1片山 佳樹1
九大院工1九大院システム生命2

I会場

第1日  9月11日(水)

I1001   9/11   09:30~09:45   I会場  

ナノ流体デバイスにおける光圧によるナノ粒子間反応ダイナミクスの解析

○西岡 賢史1許 岩1,2,3
大阪府立大学 大学院工学研究科1JST さきがけ2Nano Square3

I1002   9/11   09:45~10:00   I会場  

ダブルビームレーザー捕捉法を用いたエアロゾル液滴の融合に関する研究

○田中 悠太石坂 昌司
広島大院理

I1003   9/11   10:00~10:15   I会場  

レーザー捕捉した単一微粒子の位置揺らぎ計測

○近末 幸希石坂 昌司
広島大院理

I1004   9/11   10:15~10:30   I会場  

磁気泳動現象を用いた粒子及びその界面の評価

○河野 誠1立松 綾子2
カワノラボ1富士食品工業2

I1005   9/11   10:30~10:45   I会場  

荷物の自動検査に向けた爆薬微粒子サンプリング部の検討

○高田 安章1熊野 峻1鹿島 秀夫1菅谷 昌和1寺田 光一1飯田 都1丸山 等2
日立研開1日立鉄道BU2

I1101   9/11   13:45~14:00   I会場  

中空銀ナノシェルの屈折率感度に及ぼす粒子形状の影響と基板への固定化の検討

○村上 大夢門 晋平矢嶋 摂子
和歌山大システム工

I1102   9/11   14:00~14:15   I会場  

デンドライト状銀ナノ粒子の特異な局在表面プラズモン共鳴とその離散双極子近似シミュレーション

○門 晋平中野 結子矢嶋 摂子
和歌山大システム工

I1103   9/11   14:15~14:30   I会場  

有機溶媒中における焼結促進剤を用いたトリ-n-オクチルホスフィンオキシド修飾銀ナノ粒子の室温焼結

○岡田 宗一郎1中原 佳夫1渡辺 充2玉井 聡行2小林 靖之2矢嶋 摂子1
和歌山大システム工1大阪技術研2

I1104   9/11   14:30~14:45   I会場  

ギャップモードが誘起するチオフェノール置換体の光酸化反応

○田部井 香苗赤井 啓太郎二又 政之
埼玉大院理工

I1105   9/11   15:00~15:15   I会場  

微生物由来の有機高分子による金属ナノ粒子合成と機構解明

○加藤 由悟山本 利義鈴木 道生
東大院農

I1106   9/11   15:15~15:30   I会場  

金ナノクラスターとポリエチレングリコールとの反応に及ぼすチオール化合物の影響

○岩松 翼稲川 有徳上原 伸夫
宇都宮大院工

I1107   9/11   15:30~15:45   I会場  

減衰振動磁場下における酸化鉄ナノ粒子の配向運動の周波数解析

○東條 友記魚谷 明良諏訪 雅頼塚原 聡
阪大院理

I1108   9/11   15:45~16:00   I会場  

酸化タングステン(VI)未修飾単層ナノシートの超音波合成と分析化学的活用:層状水和物結晶を出発物質として

○森 隆太郎1安達 健太1,2
山口大院創成科学1山口大学 光・エネルギー研究センター2

I1109   9/11   16:00~16:15   I会場  

アスコルビン酸を用いる硫化銅ナノ粒子の合成とプラズモン共鳴波長制御の検討

○田村 聖志門 晋平矢嶋 摂子
和歌山大システム工

第2日  9月12日(木)

I2001   9/12   09:00~09:15   I会場  

マイクロ粒子の超音波浮揚による核酸相互作用を利用した微量計測

○宮川 晃尚原田 誠岡田 哲男
東工大 理学院

I2002   9/12   09:15~09:30   I会場  

金ナノ粒子のflocculation-SERS法を用いたDNA塩基の吸着状態分析

○二又 政之吉本 貴洸関 雅子
埼玉大院理工

I2003   9/12   09:30~09:45   I会場  

金属ナノ粒子の光散乱に基づいた発電菌細胞の活性評価

石木 健吾○椎木 弘
阪府大院工

I2004   9/12   09:45~10:00   I会場  

凝集誘起増感に基づく刺激応答型蛍光性金ポリマーを用いるたんぱく質の定量

○上原 伸夫増渕 由樹稲川 有徳
宇都宮大工

I2005   9/12   10:00~10:15   I会場  

分子認識界面とAIテクノロジーを応用したウイルス粒子計測技術の創出

○堀口 諭吉1直野 典彦2坂本 修2武内 寛明3山岡 昇司3谷口 正輝4鷲尾 隆4宮原 裕二1
医科歯科大・生材研1アイポア2医科歯科大・医歯3阪大産研4

I2006   9/12   10:15~10:30   I会場  

氷グレインバウンダリー電気泳動法による氷-不凍たんぱく質間に働く相互作用力の単一分子レベルでの定量的評価

○稲川 有徳1上原 伸夫1岡田 哲男2
宇都宮大工1東工大理学院2

第3日  9月13日(金)

I3001   9/13   09:00~09:15   I会場  

富士フイルムにおける分離分析事例 超臨界流体クロマトグラフィーによる高分離度分析

○波多野 成児1森谷 開1馬場 健史2和泉 自泰2
富士フイルム 解析技術センター1九大生体防御医学研究所2

I3002   9/13   09:15~09:30   I会場  

モニタリング可能な分析法とデータサイエンスを融合した次世代の品質管理手法の提案

○田子 卓宏片野 直哉阿形 泰義横山 智美元永 圭
アステラス製薬

I3003   9/13   09:30~09:45   I会場  

分析技術を主軸においたバイオシミラー向け培地開発ビジネスモデルについて

○岩畑 大悟中山 聡
味の素(株)

I3004   9/13   09:45~10:15   I会場   【技術功績賞講演】

アミノ酸メタボロミクスのプラットフォーム構築と社会実装

○宮野 博
味の素

I3005   9/13   10:30~11:00   I会場   【スクリーニング分析研究懇談会】

新規マルチイオン化質量分析(バーチャルタンデムMS)装置の試作開発

○津越 敬寿
(国研)産総研

I3006   9/13   11:00~11:30   I会場   【レアメタル分析研究懇談会】

レアメタル分析におけるグロー放電質量分析の活用の現状

○高橋 隆子
アメテック

J会場

第1日  9月11日(水)

J1001   9/11   09:30~09:45   J会場  

酵母カプセル包接における細胞壁界面の役割とその評価

○立松 綾子1阿部 竜典1河野 誠2伏見 善也1
富士食品工業1カワノラボ2

J1002   9/11   09:45~10:00   J会場  

食品農薬分析の抽出溶媒としての超高温水の基礎的検討

○鎗田 孝長谷川 敦彦多田 寛子
茨城大農

J1003   9/11   10:00~10:15   J会場  

HPLCと結晶スポンジ法の組合せによるビール新規苦味成分群の網羅的な迅速構造解析

○谷口 慈将1菊池 貴2藤田 誠3,4
キリンHD基盤研1リガク応技センター2東大院工3分子研4

J1004   9/11   10:15~10:30   J会場  

陽イオン排除及び陰イオン交換クロマトグラフィーを利用した水耕栽培における液体肥料中のイオン性栄養塩類の同時分離定量法の開発と応用

○小崎 大輔1谷畑 壮磨2森 勝伸1田中 一彦3山本 敦2
高知大 理工1中部大 食品栄養2中部大 工学3

J1005   9/11   10:30~10:45   J会場  

オンライン固相抽出ICP-MSを用いた生鮮食品中の放射性ストロンチウム90分析法の開発

○古川 真1,2,3高木 恭子4松波 寿弥4小松崎 優子6川上 智彦6信濃 卓郎4,5高貝 慶隆2
パーキンエルマー1福島大理工2(旧)東大院農3農研機構東北農研4(現)北大農5化研6

J1006   9/11   10:45~11:00   J会場  

複数分析機器データ群からの「おいしさ」可視化解析法の検討

○古川 真1小林 恭子1新居田 泰弘1敷野 修1古石 真紀子1,2鈴木 俊之1
パーキンエルマー1Office K2

J1101   9/11   13:45~14:00   J会場  

海水中溶存ヒ素に対する大型藻類の還元メチル化作用

○大森 圭記1林 周平1Md Abdullah Al, Mamun1三木 理2真塩 麻彩実2牧 輝弥2長谷川 浩2
金沢大院自然1金沢大理工2

J1102   9/11   14:00~14:15   J会場  

土壌中ヒ素に対するキレート洗浄処理の効率化

○石井 健斗1谷本 篤彦1澤井 光2地井 直行3山崎 将義3石渡 寛之3真塩 麻彩実4牧 輝弥4長谷川 浩4
金沢大院自然1茨城高専2西松建設技研3金沢大理工4

J1103   9/11   14:15~14:30   J会場  

熱帯泥炭火災跡地に生成する多環芳香族炭化水素に関する研究

○廣多 啓輔佐澤 和人波多 宣子倉光 英樹
富山大院理工(理)

J1104   9/11   14:30~14:45   J会場  

Development of low-temperature fusion using ammonium hydrogen fluoride for rapid determination of actinides in envirnmental and nuclear decommissioning samples

○Jian Zheng1Hai Wang2Youyi Ni3Zhaoya Huang1Tatsuo Aono1
QST1Univ. South China2Peking Univ3

J1105   9/11   15:00~15:15   J会場  

エトリンガイトへのアニオン固定化機構の解明

○伊藤 沙織岩坂 瑠璃子藤田 裕季中島 常憲高梨 啓和
鹿児島大院理工

J1106   9/11   15:15~15:30   J会場  

エージングを用いた石炭灰からの有害元素の溶出抑制

○藤田 裕季中島 常憲伊藤 沙織田中 敦高梨 啓和大木 章
鹿児島大院理工

J1107   9/11   15:30~15:45   J会場  

Molecular imaging of retinoic acids in live cells using single-chain bioluminescence probes

○金 誠培1,4西原 諒2Citterio, Daniel3鈴木 孝治3Paulmurugan, Ramasamy4
産総研環境管理1産総研バイオメディカル2慶大応用化学3スタンフォード大学医学部4

J1108   9/11   15:45~16:00   J会場  

森林域における土壌ガス成分(222Rn, CO2および炭素同位体)のモニタリング

○藤吉 亮子1中村 太智1Bor Krajnc2Nives Ogrinc2Janja Vaupotic2
北大院工(元)1Jozef Stefan Institute(Slovenia)2

J1109   9/11   16:15~16:45   J会場   【表示・起源分析技術研究懇談会】

同位体比・化学種を用いたエアロゾル中の重金属の起源解析

○高橋 嘉夫栗栖 美菜子
東大院理

第2日  9月12日(木)

J2001   9/12   09:00~09:15   J会場  

黄砂バイオエアロゾルに含まれる有機物粒子の酵素反応実験による特定

○羽間 萌華1牧 輝弥2藤田 達之1石塚 正秀3黒崎 泰典4真塩 麻彩実2長谷川 浩2岩坂 泰信5
金沢大院自然1金沢大理工2香川大工3鳥取大乾地研4環境創造セ5

J2002   9/12   09:15~09:30   J会場  

酸素フラスコ燃焼とランタンアリザリンコンプレキソン法を組み合わせた石炭中のフッ素分析法の開発

○川口 悠太中島 常憲高梨 啓和大木 章
鹿児島大院理工

J2003   9/12   09:30~09:45   J会場  

桜島火山降灰中有害無機元素の分析前処理法検討とその溶出

○中島 常憲園田 愛留音伊藤 沙織高梨 啓和大木 章
鹿児島大院理工

J2004   9/12   09:45~10:00   J会場  

土壌に吸着固定されたセシウムに対する作物吸収能力判別指標の確立

○古川 真1,3大前 芳美2吉田 修一郎2二瓶 直登2
パーキンエルマー1東大院農2(旧)東大院農3

J2005   9/12   10:00~10:15   J会場  

福島県で捕獲したニホンザルの電子スピン共鳴法による外部被ばく線量推定

○岡 壽崇1,2,3高橋 温4小荒井 一真3光安 優典2木野 康志2関根 勉1,2清水 良央5千葉 美麗5鈴木 敏彦5小坂 健5佐々木 啓一5漆原 佑介6鈴木 正敏7篠田 壽5福本 学8
東北大高教機構1東北大院理2原子力機構3東北大病院4東北大院歯5東北大院医6東北大災害研7東京医科大分子病理8

J2006   9/12   10:15~10:30   J会場  

群馬県赤城大沼の底質及び周辺土壌の物性と含有放射性セシウムの化学形態との関連性評価

○徳江 愛1森 勝伸2角田 欣一3鈴木 究真4新井 肇5渡辺 峻5久下 敏宏5野原 精一6藥袋 佳孝7岡田 往子8板橋 英之1
群馬大院理工1高知大理工2東京大院工3群馬県農政4群馬県水試5国立環境研6武蔵大人文7東京都市大工8

J2007   9/12   10:45~11:15   J会場   【論文賞講演】【環境分析研究懇談会】

大気中揮発性メチルシロキサン類分析法の検討と環境モニタリングへの適用

○堀井 勇一1蓑毛 康太郎1大塚 宜寿1茂木 守1竹峰 秀祐1山下 信義2
埼玉県環境科学国際センター1産総研2

第3日  9月13日(金)

J3001   9/13   09:00~09:15   J会場  

管径方向分配クロマトグラフィーにおける連続試料注入分析法の開発

○高橋 優作小白金 俊勲塚越 一彦
同志社大院理工

J3002   9/13   09:15~09:30   J会場  

樹脂製チューブを分離場とするアミロイドβタンパク質凝集体の分離分析

○朝本 紘充中釜 達朗齊藤 和憲南澤 宏明
日大生産工

J3003   9/13   09:30~09:45   J会場  

プロピレングリコール含有移動相を用いた非ステロイド系抗炎症薬のGreen HPLC

○小澤 優里1朝本 紘充2齊藤 和憲2中釜 達朗2
日大生産工院1日大生産工2

J3004   9/13   09:45~10:00   J会場  

二酸化炭素水溶液を移動相とする逆相液体クロマトグラフィー

○水野 恒半田 友衣子齋藤 伸吾渋川 雅美
埼大院理工

J3005   9/13   10:15~10:30   J会場  

新規液体クロマトグラフィー用固定相による糖タンパク質糖鎖各種蛍光誘導体の分離

○鈴木 茂生1日置 真渉1小林 宏資2木下 充弘1山本 佐知雄1
近畿大薬1信和化工2

J3006   9/13   10:30~10:45   J会場  

π相互作用に基づく液体クロマトグラフィー

○久保 拓也金尾 英佑内藤 豊裕大塚 浩二
京大院工

J3007   9/13   10:45~11:00   J会場  

温度応答性ミックスモードカラムの開発と特性評価

○長瀬 健一渡辺 真梨亜善 文比古金澤 秀子
慶應大薬

J3008   9/13   11:00~11:30   J会場   【液体クロマトグラフィー研究懇談会】

臨床検査分野におけるLC、LC/MS

○岡橋 美貴子星野 忠夫
病態解析研究所

J3101   9/13   13:45~14:00   J会場  

電気浸透流ポンプとオンチップカラムに基づくオールインワンコンパクトLCシステムの開発

○石田 晃彦1西村 卓馬2真栄城 正寿1谷 博文1渡慶次 学1
北大院工1北大院総合化学2

J3102   9/13   14:00~14:15   J会場  

分取LCとqNMR/クロマトグラフィーを用いた17β-エストラジオールの定量

○黒江 美穂斎藤 直樹山﨑 太一沼田 雅彦井原 俊英
産総研計量セ

J3103   9/13   14:15~14:30   J会場  

実試料中のDNA損傷体分析のためのLC/MS/MS法の信頼性及び性能向上に関する検討

○江坂 幸宏1,2古田 遙香1有賀 裕光1山本 拓平1村上 博哉3宇野 文二1,2
岐阜薬大1岐大院連合創薬2愛知工大3

J3104   9/13   14:30~14:45   J会場  

フォトダイオードアレイ検出器を用いたインテリジェントピークデコンボリューション

○渡部 悦幸中嶋 康介柳沢 年伸永田 淳
島津

K会場

第1日  9月11日(水)

K1001   9/11   09:30~09:45   K会場  

放射光X線吸収端差分イメージング法の開発および大原美術館所蔵油彩画への応用

○阿部 善也1堀口 明日馨1,2中井 泉1塚本 貴之3孝岡 睦子1星野 真人4上杉 健太朗4八木 直人4
東理大・理1東京藝大2大原美術館3JASRI/SPring-84

K1002   9/11   09:45~10:00   K会場  

水溶液中金属腐食のその場観察を目指した蛍光X線元素イメージングの高速化

○仲西 桃太郎松山 嗣史辻 幸一
阪市大院工

K1003   9/11   10:00~10:15   K会場  

全視野型XRDイメージング装置による銅の酸化過程のその場観察

○山梨 眞生1,2辻 幸一2
京都市産技研1阪市大院工2

K1004   9/11   10:15~10:30   K会場  

全反射蛍光X線分析における高マトリックス試料の前処理方法の検討

○古里 拓巳1高原 晃里2松山 嗣史1辻 幸一1
阪市大院工1リガク2

K1005   9/11   10:30~11:00   K会場   【技術功績賞講演】

量子ビームを利用した表面ナノ領域における解析技術の高度化と普及

○山本 博之
量研

K1101   9/11   13:45~14:00   K会場  

ポリエステル膜の透過法による軟X線吸収測定と酸素の質量吸収係数の決定

○村松 康司1松本 侑也1Eric Gullikson2
兵県大院工1LBNL2

K1102   9/11   14:00~14:15   K会場  

蛍光X線法による伊豆諸島大島出土土器の産地推定

○市川 慎太郎1松本 建速2中村 利廣3,4栗崎 敏1
福岡大理1東海大文2明大3リガク4

K1103   9/11   14:15~14:30   K会場  

廃電子基板中有用金属の蛍光X線分析用標準の開発

○中村 利廣1,2藤岡 麻里3萩原 健太3小池 裕也3
明大1(株)リガク2明大理工3

K1104   9/11   14:30~14:45   K会場  

高分解能X線光電子分光法による酸素グロー放電酸化金薄膜の脂肪族飽和炭化水素浸漬保存に関する研究

○肥後 盛秀1久保 貴裕2満塩 勝1久保 臣悟3
鹿児島大院理工1鹿児島大工2鹿児島大機器分析セ3

K1105   9/11   14:45~15:00   K会場  

高分解能X線光電子分光法による金の放電リングを用いる酸素グロー放電酸化金薄膜に関する研究

○肥後 盛秀1黒木 亮汰2満塩 勝1久保 臣悟3
鹿児島大院理工1鹿児島大工2鹿児島大機器分析セ3

K1106   9/11   15:15~16:15   K会場   【X線分析研究懇談会】

奥行き・広がりのある分析について

○櫻井 健次
物材機構

第2日  9月12日(木)

K2001   9/12   09:00~09:15   K会場  

蛍光X線法及び化学分析によるガラス中の硫黄の価数分析

○西條 佳孝秋山 良司
AGC㈱先端研

K2002   9/12   09:15~09:45   K会場   【JAIMA賞講演】

ファンダメンタルパラメータ法(FP法)の開発と蛍光X線定量分析の高精度化

○片岡 由行1河野 久征1河原 直樹1越智 寛友2西埜 誠2中村 秀樹2
リガク1島津2

K2003   9/12   10:00~10:15   K会場  

金属製GC分離カラム用ガードカラム接続法の開発

○鄭 甲志1斎藤 豪1渡辺 壱1寺前 紀夫1,2
フロンティア・ラボ1東北大2

K2004   9/12   10:15~10:30   K会場  

繊維充填型試料前処理針を用いた揮発性アミンの抽出および誘導体化

○中神 光喜1隅谷 王士郎1植田 郁生2齊戸 美弘1
豊橋技科大工1山梨大工2

K2005   9/12   10:45~11:15   K会場   【ガスクロマトグラフィー研究懇談会】

ヒト皮膚から放散する微量生体ガスの測定とその利用

○関根 嘉香
東海大理

第3日  9月13日(金)

K3001   9/13   09:00~09:15   K会場  

正極不溶性スルホラン系電解液を用いたリチウム-硫黄電池のオペランドインピーダンス測定

○渡辺 日香里1上野 和英2荒井 奈々1獨古 薫2渡邉 正義2板垣 昌幸3梅林 泰宏1
新潟大院自然1横国大院工2東理大理工3

K3002   9/13   09:15~09:30   K会場  

スルホラン系電解液を用いた正極不溶性リチウム-硫黄電池のオペランドRaman測定

○荒井 奈々1渡辺 日香里1弓削 眞子1都築 誠二2上野 和英3渡邉 正義3獨古 薫3梅林 泰宏1
新潟大院自然1産総研2横浜国大院工3

K3003   9/13   09:30~09:45   K会場  

Mgイオン電池に用いる有機溶媒中での溶媒和構造の量子化学計算

○山本 雅博平井 信小西 遼太郎
甲南大理工

K3004   9/13   09:45~10:00   K会場  

AgCl沈殿滴定におけるFajans法による滴定終点の当量点からの偏移について

○垣内 隆1,2小松原 滉太1山本 雅博1村上 良1
甲南大理工1pH計測科学ラボ2

K3005   9/13   10:15~10:45   K会場   【溶液反応化学研究懇談会】

イオン液体を含む粘弾性体の時空間制御と材料科学

○上木 岳士
物材機構

K3006   9/13   10:45~11:15   K会場   【溶液反応化学研究懇談会】

高分子溶液の多様な相転移挙動

○大坂 昇
岡山理大理

K3101   9/13   13:45~14:00   K会場  

トリフロメタンスルホン酸塩イオン液体の酸塩基性及びそのポリアクリル酸被覆ナノ粒子の分散のpH応答への影響

○酒匂 美夏児玉谷 仁冨安 卓滋神﨑 亮
鹿児島大院理工

K3102   9/13   14:00~14:15   K会場  

Li塩含有イオン液体中における多分岐高分子ゲル化反応の定量解析と網目構造制御

石川 明日美○藤井 健太
山口大院創成

K3103   9/13   14:15~14:30   K会場  

遠紫外分光法を用いた溶媒和イオン液体の電子状態分析

○森澤 勇介上野 那美
近畿大・理工

K3104   9/13   14:30~14:45   K会場  

アルギニン化学種とジカルボン酸からなる共融系液体の創製と生成機構

○河村 建高椋 利幸梅木 辰也
佐賀大院工

K3105   9/13   14:45~15:00   K会場  

フェニルボロン酸型センサーのジオール類への反応性に関する反応論的研究

○鈴木 陽太楠山 大輔石原 浩二
早大院先進理工

K3106   9/13   15:00~15:15   K会場  

塩と水の共晶の融解過程に注目した微量成分濃縮法-磁場印加の影響2

○荒井 健西本 右子
神奈川大理

L会場

第1日  9月11日(水)

L1001   9/11   10:15~10:30   L会場  

光学異性体を認識し選択的にイオン化させるMALDI法の開発

○許 家瑋藤野 竜也
東洋大理工

L1002   9/11   10:30~10:45   L会場  

ESI-MSによる水相と有機相でランタノイドを錯形成させたときの挙動

○小川 祥平1高橋 和也2田中 美穂1
東京海洋大院1理研2

L1003   9/11   10:45~11:00   L会場  

ESI-MSの応用;アルミニウムフッ化物錯体と炭酸カルシウムの競争反応の解明

○田中 美穂
東京海洋大

L1101   9/11   13:45~14:00   L会場  

ガルバノメトリック光学系を用いたLA-MC-ICP-MS法によるFe-Ni金属相の鉄同位体比分析法の開発

○岡林 識起1,2横山 哲也2平田 岳史3
関学大理工1東工大理2東大院理3

L1102   9/11   14:00~14:15   L会場  

ICP質量分析計を接続した連続融解分析装置による雪氷コア中粒子成分の分析

○平林 幹啓1尾形 純1東 久美子1,2
国立極地研1総研大2

L1103   9/11   14:15~14:30   L会場  

北太平洋におけるスキャベンジ型元素(Al, Mn, Co, Pb)のスペシエーションと分布

○鄭 臨潔1南 知晴2小長谷 亘1陳 卓然1宗林 由樹1
京都大学 化学研究所1金沢大学 物質情報解析支援センター2

L1104   9/11   14:30~14:45   L会場  

クロム種の酸化数別分析と土壌からの溶出挙動の解析

○大平 慎一1Nugraha Willy2宮地 凌摩2堀内 一希2戸田 敬1
熊本大院先端1熊本大院自然2

L1105   9/11   15:00~15:15   L会場  

ふん便性大腸菌流下モデルにおける河川水中半減期の推定と異常濃度発生の原因となる支流域の推測

○齋藤 剣工藤 祥久佐藤 皐貴宇都 正幸
北見工大

L1106   9/11   15:15~15:30   L会場  

北海道有珠周辺貝塚から出土した古人骨の歯と周辺湧水のフッ化物濃度

○吉村 和久1青野 友哉2山口 晴香3米田 穣4澤田 純明5能登 征美6
九大RIセンター1東北芸工大芸術2東京大新領域3東京大総合博物館4新潟医療福祉大学5九電産業6

L1107   9/11   15:30~15:45   L会場  

宇宙におけるアミノ酸前駆体の安定性評価:「たんぽぽ」から「たんぽぽ2」へ

○小林 憲正1佐藤 智仁1横尾 卓哉1倉本 想士1癸生川 陽子1三田 肇2中山 美紀2左近 樹3遠藤 いずみ3中川 和道4高橋 淳一1柴田 裕実5神田 一浩6吉田 聡7依田 功8福田 仁志8小栗 慶之8矢野 創9橋本 博文9今井 栄一10横堀 伸一11山岸 明彦11
横浜国大1福岡工大2東大3神戸大4大阪大5兵庫県立大6量研7東工大8JAXA宇宙研9長岡技科大10東京薬大11

第2日  9月12日(木)

L2001   9/12   09:00~09:15   L会場  

ジピコリルアミン型アゾプローブ超分子複合体における置換基、及びスペーサーの差異による金属イオン応答の変化

○竹本 良樹1岡田 崇佑1藤原 章司1,2土戸 優志1,3
上智大理工1明治学院大法2早大先進理工3

L2002   9/12   09:15~09:30   L会場  

細菌種の簡易識別を可能としたボロン酸修飾デンドリマーの分子設計と機能評価

○土戸 優志1,2鶴房 莉帆2与安 明日香2池野 知2橋本 剛2早下 隆士2
早大先進理工1上智大理工2

L2003   9/12   09:30~09:45   L会場  

フェニルボロン酸導入型CTGのチラミン誘導体に対する分子認識能評価

森内 隆代○久田 健太郎藤森 啓一
阪工大工

L2004   9/12   09:45~10:00   L会場  

異核ランタニド-チアカリックスアレーン錯体の選択的合成法の開発と物性評価

○武者 洸貴唐島田 龍之介壹岐 伸彦
東北大院環境

L2005   9/12   10:00~10:30   L会場   【奨励賞講演】

モノリス型シリカの開発と多様な分離分析への応用

○小林 宏資1,2
信和化工1武蔵野大薬研2

L2006   9/12   10:45~11:15   L会場   【分析試薬研究懇談会】

細胞外小胞を標的とした蛍光性ペプチドプローブの設計とその応用

○佐藤 雄介
東北大院理

L2007   9/12   11:15~11:45   L会場   【分析試薬研究懇談会】

抗体と分子インプリント人工材料を融合したエクソソームの超高感度分析プラットフォーム

○竹内 俊文
神戸大院工

M会場

第1日  9月11日(水)

M1101   9/11   13:45~14:00   M会場  

フルオロベンゼン導入型ランダムDNAライブラリーを用いるトロンビン結合型アプタマーの選抜

○渡辺 崚半田 友衣子渋川 雅美齋藤 伸吾
埼玉大院理工

M1102   9/11   14:00~14:15   M会場  

キャピラリー分子ふるい電気泳動に基づく低分子標的アプタマー選抜法の開発

和田 将英遠藤 達郎久本 秀明○末吉 健志
阪府大院工

M1103   9/11   14:15~14:30   M会場  

角型キャピラリーを用いたレーザー励起蛍光検出・単一エキソソーム計数法

○金田 隆藤井 達也
岡山大院自然

M1104   9/11   14:30~14:45   M会場  

一細胞糖鎖分析へ向けたキャピラリー電気泳動の高感度化

○川井 隆之
理研BDR

M1105   9/11   15:00~15:15   M会場  

種々色素とネイティブ電気泳動法の組み合わせによるタンパク質及びタンパク質凝集体のネイティブ分離分析法の検討

○島崎 洋次井上 蒼士足利 諒座古 保
愛媛大理

M1106   9/11   15:15~15:30   M会場  

キャピラリー電気泳動を用いる唾液中の陰及び陽イオンの同時分析と生理活性物質との相関

○青柳 啓介1板橋 英之1関 庸一1大嶋 紀安2和泉 孝志2葭田 明弘2正保 佳史2牛木 和美2ララサティ マルタ2村上 正巳2新井 淑弘3金子 伊樹4森 勝伸5
群馬大院理工1群馬大院医2群馬大教育3群馬大4高知大教育研究部5

M1107   9/11   15:30~15:45   M会場  

アフィニティーキャピラリー電気泳動および導電クロマトグラフィー系における溶出ピーク幅の拡がりに関するモーメント解析

○宮部 寛志
立教大理

M1108   9/11   15:45~16:00   M会場  

ピンポイント重合Phos-tagアクリルアミドによるリン酸化化合物のオンライン特異的濃縮・標識マイクロチップ電気泳動法の開発

○山本 佐知雄矢野 祥子増田 誠子木下 充弘鈴木 茂生
近畿大薬

M1109   9/11   16:00~16:30   M会場   【電気泳動分析研究懇談会】

イオンモビリティースペクトロメトリーを用いる合成高分子分析法の開発

○北川 慎也
名工大院工

第2日  9月12日(木)

M2001   9/12   09:00~09:15   M会場  

紫外可視分光法とDiscrete Variational Multi Electron (DV-ME)法を用いた遷移金属水和錯体の溶存構造解析

○眞武 徳生市川 慎太郎山口 敏男栗崎 敏
福岡大理

M2002   9/12   09:15~09:30   M会場  

凍結によるラマン分光の高感度化における氷結晶粒界のサイズ効果

○福永 悠原田 誠岡田 哲男
東工大理学院

M2003   9/12   09:30~10:00   M会場   【奨励賞講演】

機能性材料の遠紫外域における電子励起吸収分光研究

○田邉 一郎
阪大院基礎工

M2004   9/12   10:15~10:30   M会場  

分散安定化によるラマンハイパースペクトルデータの行列分解成分数の改善

○島田 林太郎小澤 岳昌
東大院理

M2005   9/12   10:30~10:45   M会場  

法科学応用のための赤外スペクトルを用いたヒト尿試料性別識別モデルの開発

○髙村 彩里1,2Halamkova Lenka3Lednev Igor K.3小澤 岳昌1
東大院理1科学警察研2Albany大3

M2006   9/12   10:45~11:00   M会場  

低波数ラマン光学活性によるリモネンおよび類似化合物の高強度キラル信号の測定

○井城 翔太塚原 聡山本 茂樹
阪大院理

M2007   9/12   11:00~11:30   M会場   【奨励賞講演】

プロトン伝導膜中の吸着水および有機フッ素鎖の役割に関する振動分光学的研究

○下赤 卓史
京大化研

第3日  9月13日(金)

M3001   9/13   09:00~09:15   M会場  

固相マイクロ抽出法を用いた炊飯米揮発成分の分析

○高橋 慶太1篠田 凌1荻野 健太朗2市川 駿介1小林 麻子3内村 智博1
福井大院工1福井大工2福井農試3

M3002   9/13   09:15~09:30   M会場  

エマルジョン測定時の撹拌が質量分析結果に及ぼす影響について

○小幡 亮介上山 智大内村 智博
福井大院工

M3003   9/13   09:30~09:45   M会場  

NHC配位子を有するNi錯体とアニオンとの反応における分光学的特性評価

○安井 亜祐美前田 友梨安井 孝志
名工大院工

M3004   9/13   09:45~10:00   M会場  

赤外分光法によるマレイミド‐メタノール混合気体からの析出膜生成過程と構造 ― 蒸発速度が遅い場合のスペクトル挙動の変化

○吉留 俊史1甲斐 大介2肥後 盛秀1
鹿児島大院理工1鹿児島大工2

M3005   9/13   10:15~10:30   M会場  

蛍光増強反応を利用したニトロアレーンの定量分析法の開発とその応用

○布施 諒1井出 摩知子1柳下 真由子3藤巻 康人2大島 茂1西垣 敦子1
東邦大理1都立産技研2県立広島大生命環境3

M3006   9/13   10:30~10:45   M会場  

ラマン分光法、近赤外分光法を用いたアミノ酸のリン酸化の分析

○石垣 美歌三塚 陽菜Noothalapati Hemanth山本 達之
島大生物資源科学

M3007   9/13   10:45~11:00   M会場  

蛍光色素添加によるヒドラジン化学発光の増幅機構の検証

○奥谷 燎平1坂田 優太2藤森 啓一1森内 隆代1
阪工大工1エウレカ社2

N会場

第2日  9月12日(木)

N2101   9/12   15:00~15:40   N会場   【学会賞講演】

試料の分解反応を利用する実用ポリマー材料分析法の開発と応用

○大谷 肇
名工大

N2102   9/12   15:45~16:25   N会場   【学会賞講演】

4本鎖DNA構造を利用した新しい分析法の開発

○竹中 繁織
九工大院工

N2103   9/12   16:30~17:10   N会場   【学会賞講演】

高感度化と多次元化を目指した新規X線元素分析法の開発と応用研究

○辻 幸一
阪市大院工

若手講演ポスター P会場

第1日  9月11日(水)

Y1001   9/11   10:00~11:30     

単一ヒト細胞内元素分析のためのドロプレットICP発光/質量同時分析装置の開発

○吉田 真己1吉田 真優子1末永 祐磨1青木 元秀2岩井 貴弘3島田 幹男4松本 義久5千葉 光一6沖野 晃俊1
東工大未来研1東京薬大生命2理研SPring-8セ3東工大先導原研4東大院理5関学大理工6

Y1002   9/11   10:00~11:30     

液体電極プラズマ発光分析装置におけるGaとInの発光強度

○坂井 駿仁1常木 勇希2保倉 明子2
東電機大院工1東電機大工2

Y1003   9/11   10:00~11:30     

ICP質量分析計を用いたナノ粒子計測における共存イオンの影響

○中里 雅樹山下 修司平田 岳史
東大院理

Y1004   9/11   10:00~11:30     

MIBK抽出/ICP-MS法による鋼中Te定量における前処理および測定条件の最適化

○平田 純一板橋 大輔相本 道宏
日本製鉄(株)

Y1005   9/11   10:00~11:30     

誘電体バリア放電マイクロプラズマを用いた単一液滴成分の原子発光検出

○髙野 真佐志1山根 庸平2齊藤 和憲2中釜 達朗2
日大生産工院1日大生産工2

Y1006   9/11   10:00~11:30     

水素燃料ガス中のイオウ不純物分析のための大気圧マイクロプラズマ分光分析法の開発

○岡田 将太1御船 星1吉田 真優子6岩井 貴弘2岡林 識起1松田 敬子3森川 正己4宮原 秀一5沖野 晃俊6千葉 光一1
関学大理工1理研SPring-8センター2ヤナコ計測3エスアンドエー・ラボ4東大院理5東工大未来産業技研6

Y1007   9/11   10:00~11:30     

水素化セレンの捕集濃縮による水中セレンの原子吸光分析

○加藤 大貴植田 郁生
山梨大院工

Y1008   9/11   10:00~11:30     

Inkjet Printingを用いた1 step競合型イムノアッセイマイクロデバイスの開発

○河相 優子1角田 正也2末吉 健志1遠藤 達郎1久本 秀明1
阪府大院工1Sysmex2

Y1009   9/11   10:00~11:30     

複数元素の高感度同時分析に向けたμ-TAS用微小プラズマ励起源のインバータ電源開発

○吉田 真優子1末永 祐磨1青木 元秀2梅村 知也2沖野 晃俊1
東工大未来研1東京薬大生命2

Y1010   9/11   10:00~11:30     

リアルタイム測定が可能なCD型電気化学検出システムの開発

○近藤 桃佳1森岡 和大2辺見 彰秀3加藤 俊吾1内山 一美1中嶋 秀1
首都大院都市環境1東薬大薬2メビウスAT3

Y1011   9/11   10:00~11:30     

MHD回転する導電性/非導電性水性二相マイクロフローにおける微粒子の輸送制御

○小池 理紗子飯國 良規大谷 肇
名工大院工

Y1012   9/11   10:00~11:30     

二方向観察可能なマイクロ流体デバイスを用いる細胞層の透過性評価

○杉本 茉莉花1柳沢 佳祐2佐々木 直樹1,2
東洋大院理工1東洋大理工2

Y1013   9/11   10:00~11:30     

無細胞マイクロ血管モデルを用いる腫瘍細胞の血管外遊出アッセイ

○浅海 裕一郎佐々木 直樹
東洋大院理工

Y1014   9/11   10:00~11:30     

水系分配クロマトグラフィーを利用した電解質精製法の開発

○槙原 弘人半田 友衣子齋藤 伸吾渋川 雅美
埼大院理工

Y1015   9/11   10:00~11:30     

多田銀銅山周辺環境におけるHPLC-ICP-MSによるマルチスぺシエーション分析

○森 大地1一瀬 陸1岡本 淳1岩井 貴弘2岡林 識起1成川 知弘3壷井 基裕1千葉 光一1
関学大理工1理研SPring 82産総研3

Y1016   9/11   10:00~11:30     

トラックエッチ膜フィルター電極を用いるHPLC-電気化学検出によるカテコールアミンのクーロメトリー検出

○西森 大地1桑原 知彦1竹内 政樹2飯山 真充3高柳 俊夫1水口 仁志1
徳島大院理工1徳島大院医歯薬2野村マイクロサイエンス3

Y1017   9/11   10:00~11:30     

温度変化により抗体精製を可能にするHPLCカラムの開発

○石井 咲樹池田 幸司山田 創太長瀬 健一金澤 秀子
慶大院薬

Y1018   9/11   10:00~11:30     

オンラインインチューブ SPME/LC-MS/MS法による各種タバコ中のタバコ特異的ニトロソアミン類の測定

○石﨑 厚片岡 洋行
就実大薬

Y1019   9/11   10:00~11:30     

温度制御型タンパク質精製を目的とした機能性高分子ブラシ修飾充填剤の開発

○北澤 早紀子山田 創太長瀬 健一金澤 秀子
慶大院薬

Y1020   9/11   10:00~11:30     

TBABハイドレートを固定相とする新規液体クロマトグラフィーにおける物質保持挙動

○岩下 敦人半田 友衣子渋川 雅美齋藤 伸吾
埼玉大院理工

Y1021   9/11   10:00~11:30     

炭素材料固定化カラムにおけるハロゲン化芳香族化合物の保持機構の解明

○金尾 英佑森永 拓也内藤 豊裕久保 拓也大塚 浩二
京大院工

Y1022   9/11   10:00~11:30     

イオンクロマトグラフィーによる医薬品中の陰陽カウンターイオンの分析(その2)

○今井 隆太郎1吉川 賢治2遠山 岳史2長島 潜3
日大院理工1日大理工2ナックテクノサービス3

Y1023   9/11   10:00~11:30     

ポリオール溶離液に用いたイオン排除/HILIC複合モードによる弱酸性陰イオンの保持挙動

○細川 尭志1小崎 大輔2森 勝伸2
高知大院理1高知大学院理工2

Y1024   9/11   10:00~11:30     

高速液体クロマトグラフィーによる化粧品中の微量有害成分の分析およびその評価

○上野 由美1吉川 賢治2遠山 岳史2
日大院理工1日大理工2

Y1025   9/11   10:00~11:30     

LC/MSを駆使したチオラート保護金クラスターの配位子交換反応の追跡による構造変化メカニズムの解明

○海老名 彩乃橋本 彩加川脇 徳久根岸 雄一
東理大院理

Y1026   9/11   10:00~11:30     

数µlのヒト血清中に含まれる多価不飽和脂肪酸成分の反応熱分解GCによる精密組成分析

○古田 汐里1石田 康行1宮澤 大介2
中部大応生1金城学院大薬2

Y1027   9/11   10:00~11:30     

チタニア粒子充填ガスクロマトグラフィーカラムの保持挙動の検討

○坂本 真琢植田 郁生谷 和江
山梨大院工

Y1028   9/11   10:00~11:30     

PM2.5捕集時におけるガス状有機化合物の吸着挙動の評価

○住家 克典小山 智也植田 郁生
山梨大院工

Y1029   9/11   10:00~11:30     

電気泳動フィルタリングに基づく酵素反応初速度直接測定法の開発

○高尾 隼空遠藤 達郎久本 秀明末吉 健志
阪府大院工

Y1030   9/11   10:00~11:30     

一本鎖DNAのキャピラリー電気泳動分離に基づくDNAメチル化検出法によるhTERT遺伝子断片のメチル化検出

○木村 祐輝髙橋 透
福井大院工

Y1031   9/11   10:00~11:30     

抗体固定化ビーズを用いたマイクロチップ電気泳動によるタンパク質の分析

○野中 綾太佐藤 記一
群馬大院理工

Y1032   9/11   10:00~11:30     

紫外線LEDを用いたOHラジカル反応速度定数の測定と測定法の改善

○加藤 稜太1岩本 洋子1,2竹田 一彦1,2
広島大院生物圏1広島大院統合生命2

Y1033   9/11   10:00~11:30     

森林大気におけるファイトポリアミン類の存在に関する検証

○佐伯 健太郎1碇 和也2前園 青也1大平 慎一3戸田 敬3
熊本大院自然1熊本大理2熊本大院先端3

Y1034   9/11   10:00~11:30     

酸性河川水の中和に伴う堆積物に関する研究

○小川 真太朗板橋 英之
群馬大学院理工

Y1035   9/11   10:00~11:30     

河川水中過酸化水素の生成過程及び分解過程の解明

○植木 隆太1岩本 洋子1,2佐久川 弘1,2竹田 一彦1,2
広島大院生物圏1広島大院統合生命2

Y1036   9/11   10:00~11:30     

ドデシルアンモニウム吸着C18逆相カラムを用いたイオンクロマトグラフィーによる河川域の無機態および有機態ヨウ素の定量

○石井 秋穂1岩本 洋子1,2伊藤 一明3竹田 一彦1,2
広島大院生物圏1広島大院統合生命2海水評価技術研究所3

Y1037   9/11   10:00~11:30     

イネ中のケイ素の分析方法の開発

○大塚 大河田中 美穂
東京海洋大院

Y1038   9/11   10:00~11:30     

精密農業支援を目的としたWDXによる土壌中肥料成分分析の迅速化

○谷 友里江中島 健宇都 正幸
北見工大

Y1039   9/11   10:00~11:30     

環境水中ふん便性大腸菌のβラクタム系抗生物質感受性試験を用いた汚濁由来推定

○納所 令田中 隆二宇都 正幸
北見工大

Y1040   9/11   10:00~11:30     

PM2.5中水溶性重金属のスペシエーション分析

○平 美咲1佐伯 健太郎1榊原 邦央2大平 慎一3戸田 敬3
熊本大院自然1熊本大学理2熊本大院先端3

Y1041   9/11   10:00~11:30     

大気粒子にヘキサメチレンテトラミンが存在するのでは?その仮説と分析化学的検証

○和泉 椋1光石 夏澄1永冨 加奈子2大平 慎一3戸田 敬3
熊本大院自然1熊本大学理2熊本大院先端3

Y1042   9/11   10:00~11:30     

Bi(Ⅲ) 共存下における Ni(Ⅱ) のストリッピングボルタンメトリー

○横谷 憲糟野 潤
龍谷大理工

Y1043   9/11   10:00~11:30     

カラム型フロー電解セルを用いた医療用放射性銅の分離

○丸山 洋平1須郷 由美2大平 慎一3山崎 直亨4宮地 凌摩3戸田 敬3石岡 典子2渡辺 茂樹2森 勝伸1
高知大院理1量研2熊本大院先端3群馬大院理工4

Y1044   9/11   10:00~11:30     

有機ラジカルイオンの吸収スペクトル測定に基づく高速検出法を用いた
均一電子移動反応速度の解析

○山口 雄輝石松 亮一中野 幸二
九大院工

Y1045   9/11   10:00~11:30     

リポソームを用いたイオン性薬物の脂質二分子膜への分配の評価

○石田 尚人大松 照政湊 蛍宮城 政弘吉田 裕美前田 耕治
京工繊大院工芸科学

Y1046   9/11   10:00~11:30     

超音波を用いて合成した金ナノ粒子によるセレンSe(IV)の化学センシング

○等々力 深雪1髙橋 史樹1安田 啓司2金 継業1
信州大理1名大工2

Y1047   9/11   10:00~11:30     

金(Ⅰ)-チオール部位を有する蛍光性シリカゲルのゾルゲル法による創製とその物性評価

○粟屋 友貴1上原 伸夫2稲川 有徳2
宇都宮大院地域創生科学1宇都宮大工2

Y1048   9/11   10:00~11:30     

振動磁場中における磁性ナノ粒子配向運動観測の高感度化

○魚谷 明良諏訪 雅頼塚原 聡
阪大院理

Y1049   9/11   10:00~11:30     

標的細胞の選択的回収を可能とした細胞アレイの高密度化

○波多 美咲鈴木 雅登安川 智之
兵庫県大理

Y1050   9/11   10:00~11:30     

高輝度・黄色蛍光モノメチンシアニン色素の合成と生細胞RNAイメージング

○富樫 奈央芳野 幸奈佐藤 雄介西澤 精一
東北大院理

Y1051   9/11   10:00~11:30     

伸展負荷細胞培養デバイスの構築と血管平滑筋細胞の配向制御

○坂倉 悠史1佐藤 香枝2佐藤 記一1
群馬大院理工1日女大理2

Y1101   9/11   13:15~14:45     

エラグ酸と金属の錯体生成反応について

○鳥居 諒平1湊 隆彰1田中 美紗希1藤田 芳一1,2,3松村 人志1山口 敬子1
阪薬大1サエラ薬局2大阪信愛女学院3

Y1102   9/11   13:15~14:45     

ラマン分光法によるリン酸の平衡定数の温度変化測定

○安齋 瑞希金井 可奈子沼田 靖田中 裕之
日大工

Y1103   9/11   13:15~14:45     

キサンテン系色素誘導体に関する基礎的研究について

○久保田 望海1真名子 啓太1松村 人志1藤田 芳一1,2,3山口 敬子1
阪薬大1サエラ薬局2信愛女学院3

Y1104   9/11   13:15~14:45     

多変量解析によるがんのステージ別ラマンスペクトル解析

○高橋 格1中田 大貴2沼田 靖2田中 裕之2
日大院工1日大工2

Y1105   9/11   13:15~14:45     

三元錯体生成法を利用した、ラクトフェリンの吸光光度定量法の開発について

○佐藤 翔一1西田 勇介1鷲見 明子1松村 人志1藤田 芳一1,2,3山口 敬子1
阪薬大1サエラ薬局2大阪信愛女学院3

Y1106   9/11   13:15~14:45     

表面増強ラマン法による酵素反応生成物の直接検出:アセチルコリンエステラーゼの阻害剤スクリーニングへの適用

○山口 洋1竹井 弘之2,3
東洋大学大学院生命科学研究科1東洋大学生命科学部2東洋大学バイオ・ナノセンター3

Y1107   9/11   13:15~14:45     

蝶鱗粉の階層的三次元構造を活用したSERS用基板:特徴と課題

○山崎 桃果1長田 一輝2渡辺 彪1Frese Natalie3Armin Goelzhaeuser3竹井 弘之1,4
東洋大生命1東洋大生命科学研究科2ビーレフェルト大3バイオナノセ4

Y1108   9/11   13:15~14:45     

楕円率検出型円二色性測定法を用いたキラル金属錯体の配位子置換反応解析

○石川 翔一西山 嘉男永谷 広久井村 久則
金沢大院自然

Y1109   9/11   13:15~14:45     

ラマン分光法を用いた定量分析法の開発

○渡辺 大輝1沼田 靖2田中 裕之2
日大院工1日大工2

Y1110   9/11   13:15~14:45     

キサンテン色素色素と金属を用いるトランスフェリンの分析法に関する研究

○浜田 まどか1藤田 芳一1,2,3田邊 蘭太1松村 人志1山口 敬子1
阪薬大1サエラ薬局2大阪信愛女学院3

Y1111   9/11   13:15~14:45     

食品中残留イミダクロプリドの蛍光分光光度法による簡易スクリーニング

○富沢 千明1大和 直樹1菊川 浩史1,2山本 良平1山本 敦1山本 雅納3小玉 修嗣4
中部大 応生1食品分析開発センター SUNATEC2東北大 多元研3東海大 理4

Y1112   9/11   13:15~14:45     

SERS法による血管内皮細胞の薬物応答性評価

○布施 知大1中川 侑香1宮坂 智朗2金子 律子3竹井 弘之3
東洋大学大学院生命科学研究科1東洋大学生命科学部生命科学科2東洋大学生命科学部3

Y1113   9/11   13:15~14:45     

蛍光プローブを用いる凍結水溶液の物性評価

○武藤 智也原田 誠福原 学岡田 哲男
東工大理学院

Y1114   9/11   13:15~14:45     

SERS法による農作物表面の残留農薬のin situ 検出

○齋藤 暢顕1渡辺 康介3相原 凜花1野中 凪1荻根 魁1岡本 隆之4Armin Goelzhaeuser5竹井 弘之2,6
東洋大学生命科学部生命科学科1東洋大学生命科学部2東洋大学大学院生命科学研究科3理化学研究所4ビーレフェルト大学5東洋大学バイオ・ナノセンター6

Y1115   9/11   13:15~14:45     

電界誘起現象を利用したリモート免疫センサの開発

○阿部 舜市桑原 敬司近藤 みずき下村 雅人
長岡技大院工

Y1116   9/11   13:15~14:45     

アリザリンレッドSとカルボキシフェニルボロン酸による水溶液中のスペルミンの比色検出

○井上 幸志郎
東洋大学大学院 理工

Y1117   9/11   13:15~14:45     

ITOを被覆した光ファイバーによる金属イオンの分光電気化学センシング

○桑名 李沙1岡崎 琢也2佐澤 和人1波多 宣子1田口 明3菅原 一晴4倉光 英樹1
富山大院理工(理)1明治大理工2富山大水素研3前橋工大4

Y1118   9/11   13:15~14:45     

PTFEビーズ混合テフロンAF2400選択膜を用いたSPRセンサーによるジェットエンジン用潤滑油の濃度測定に関する基礎研究

○今村 彰宏1柴原 里奈2田之上 莉紗2満塩 勝1肥後 盛秀1
鹿児島大院理工1鹿児島大工2

Y1119   9/11   13:15~14:45     

濃度勾配形成マイクロ流路を用いるコラーゲン分解酵素活性評価法の構築

○佐藤 ひな森岡 和大中野 沙紀柳田 顕郎東海林 敦
東京薬大薬

Y1120   9/11   13:15~14:45     

連続モニタリングを目指した過酸化水素蛍光プローブの開発

○雑賀 将大松原 弘明山口 央
茨城大量子線科学

Y1121   9/11   13:15~14:45     

多彩な色調変化を示す次亜塩素酸センサーの多様な応答特性

○三谷 裕1三島木 葉月2兼清 泰正1,2
北見工大院1北見工大2

Y1122   9/11   13:15~14:45     

LAMP法に基づく携帯型遺伝子検査装置の開発

○山崎 夏実1森岡 和大2辺見 彰秀3加藤 俊吾1内山 一美1中嶋 秀1
首都大院都市環境1東薬大薬2メビウスAT3

Y1123   9/11   13:15~14:45     

蛍光色素修飾DNAと酸化セリウムナノ粒子を用いた簡易ヒ素(V)検出法の開発

○松永 光司1平野 麗子2岡部 聡1佐藤 久1
北大院・工1セルスぺクト2

Y1124   9/11   13:15~14:45     

蛍光性色素液体に基づく可塑化PVC膜センサーの開発:色素構造と蛍光特性の基礎検討

○水田 巽末吉 健志遠藤 達郎久本 秀明
阪府大院工

Y1125   9/11   13:15~14:45     

簡便・迅速・高感度な1stepELISAへの応用を指向した酵素応答性疎水性色素液体の開発

○大石 綾太郎水田 巽末吉 健志遠藤 達郎久本 秀明
阪府大院工

Y1126   9/11   13:15~14:45     

リドカイン麻酔薬の選択検出を指向した分子インプリントポリマーの合成と評価

○中澤 朝之松田 和真清水 亮髙橋 史樹
信大理

Y1127   9/11   13:15~14:45     

ピペットチップを用いる携帯型ELISA装置の開発

○東 奈穂1長嶋 萌子1森岡 和大2辺見 彰秀3加藤 俊吾1内山 一美1中嶋 秀1
首都大院都市環境1東薬大薬2メビウスAT3

Y1128   9/11   13:15~14:45     

X線回折法と走査型電子顕微鏡及び高分解能X線光電子分光法による金-アルミニウム合金の表面プラズモン共鳴に関する研究

○奈須 慎太朗1満塩 勝1肥後 盛秀1久保 臣悟2
鹿児島大院理工1鹿児島大機器分析セ2

Y1129   9/11   13:15~14:45     

海底堆積物中の間隙水のpH測定を指向したマルチチャンネルISFETセンサーの開発

○鈴木 拳太1森岡 和大2辺見 彰秀3山本 将史4茅根 創5加藤 俊吾1内山 一美1中嶋 秀1
首都大院都市環境1東薬大薬2メビウスAT3産総研4東大院理5

Y1130   9/11   13:15~14:45     

セルロースジアセテートを基材としたPolymer Inclusion Membraneに基づくFe(III)オプトード

○寳福 拓未1源明 誠1加賀谷 重浩1Robert W., Cattrall2Spas D., Kolev2
富山大学院理工(1)1The University of Melbourne (2)2

Y1131   9/11   13:15~14:45     

多項目尿検査のための距離検出型ペーパーデバイス

○澤野 理花柴田 寛之前島 健人蛭田 勇樹Citterio, Daniel
慶大院理工

Y1132   9/11   13:15~14:45     

金ナノ粒子とセルロースナノファイバの複合化による新導電材料の開発

○齊藤 真希孫 術益富山 智大椎木 弘
阪府大院工

Y1133   9/11   13:15~14:45     

アゾ色素化合物アルキル誘導体の熱特性解析

○矢野 沙織野元 邦治宮村 一夫
東理大理

Y1134   9/11   13:15~14:45     

2-Phenylindoleアルキル誘導体の熱挙動の解析

○蝋山 雄亮野元 邦治宮村 一夫
東理大院理

Y1135   9/11   13:15~14:45     

メソ細孔シリカを用いた亜硝酸イオンの簡易分析法の開発

○岡田 直希1藤原 勇2村上 良子1
山口大院創成科学1山口大大教セ2

Y1136   9/11   13:15~14:45     

イオン液体抽出物を高分子化する分子インプリント法

○山本 諒大下 宏美岩月 聡史茶山 健二
甲南大理工

Y1137   9/11   13:15~14:45     

saddle型CTV誘導体の創製およびアミン類に対する識別能の評価。

森内 隆代○松原 昌大藤森 啓一
阪工大工

Y1138   9/11   13:15~14:45     

異種置換基ベンゼントリアミドの蛍光特性とその刺激応答性およびアミノ酸に対する認識能評価

森内 隆代○河村 陸藤森 啓一
阪工大工

Y1139   9/11   13:15~14:45     

Cobalt(Ⅱ)を含む含窒素環状化合物をイオノフォアとするイオン選択性電極のチオシアン酸イオンに対する識別能評価

森内 隆代○鳥越 なつみ藤森 啓一
阪工大工

Y1140   9/11   13:15~14:45     

アデノシンモノマーを用いたホウ素吸着マイクロカプセル調製の最適条件の検討

○森木 翔也福満 圭峻清山 史朗藤森 崇夫
都城高専

Y1141   9/11   13:15~14:45     

メタロホストを用いた血清中リチウムイオンの抽出吸光光度定量

○前田 晃佑1勝田 正一2
千葉大院融合理工1千葉大院理2

Y1142   9/11   13:15~14:45     

デンドリマー型フェニルボロン酸細菌検出プローブの分子設計

○鶴房 莉帆1池野 知1土戸 優志1,2橋本 剛1早下 隆士1
上智大理工1早大先進理工2

Y1143   9/11   13:15~14:45     

アームドサイクレンの銀錯体によるキラルニトリルの絶対配置決定

○天満 帆香1李 恩智1朱 喜英1岩瀬 美樹1池田 茉莉2李 心星3桑原 俊介1,4幅田 揚一1,4
東邦大理1千葉工大工2慶尚大理3東邦大複合物性研究セ4

Y1144   9/11   13:15~14:45     

ボロン酸型蛍光プローブ修飾ポリマーによるバイオフィルム検出能評価

○藤澤 真友子1福島 学1土戸 優志1,2橋本 剛1早下 隆士1
上智大理工1早大先進理工2

Y1145   9/11   13:15~14:45     

蛍光イメージングのための1分子モレキュラービーコン固定化金ナノ粒子の構造設計

○向田 茜1秋山 好嗣2上村 真生1,3
東理大院基礎工1東理大基礎工教養2東理大IFC3

Y1146   9/11   13:15~14:45     

バイオイメージングのための高S / N比・長時間発光基質フリマジン誘導体の開発

○水井 侑希池田 裕真蛭田 勇樹Citterio, Daniel
慶大院理工

Y1147   9/11   13:15~14:45     

ラット呼気からの薬物排泄量と肺組織薬物量との相関

○岩出 真歩1日下部 純平1中島 花奈1山本 良平1山本 敦1松島 充代子2川部 勤2
中部大応生1名大大学院医学系研究科2

Y1148   9/11   13:15~14:45     

添加剤を指標としたポリプロピレン紐の異同識別の検討

○居郷 孝泰田代 徹西部 浩一朗阪柳 正隆
神奈川県警科捜研

Y1149   9/11   13:15~14:45     

熱インプリントシートを用いた迅速免疫測定デバイスの開発

○青山 周平1,2秋山 雄斗1門田 健次1山田 真澄2関 実2
デンカ1千葉大院工2

Y1150   9/11   13:15~14:45     

フリョーデ試薬およびその類似試薬を用いた呈色法による違法薬物の簡易鑑定

○中塚 豪章1大金 宏途2佐藤 健二1,2
日大院工1日大工2

Y1151   9/11   13:15~14:45     

血中抗体医薬品のPOC分析を可能にするマイクロ流体糸基板デバイス

○嶋津 里帆1富室 広介1Ni, Yan2蛭田 勇樹1Merkx, Maarten2Citterio, Daniel1
慶大院理工1Eindhoven University of Technology2

Y1152   9/11   13:15~14:45     

マイクロ共鳴増強蛍光によるELISAの高感度化

○金子 嗣弘1Yue Sun2中嶋 秀1内山 一美1Hulie Zeng2
首都大院 都市環境1復旦大学薬学院2

Y1201   9/11   15:45~17:15     

光分解法を用いた大阪近郊河川水中の有機態及びポリリン態リンの定量

○永江 あゆみ1,2久保埜 公二2横井 邦彦2
京大院理1阪教大2

Y1202   9/11   15:45~17:15     

炭素電極表面に固定化した位置異性アミノフェノールの酸化還元応答

○野牧 凌央平山 直紀森田 耕太郎
東邦大理

Y1203   9/11   15:45~17:15     

分子鋳型法を用いた親水性アミノ酸認識手法の開発

○山崎 達郎石岡 寿雄原田 明
九州大学院総理工

Y1204   9/11   15:45~17:15     

パラジウムハライド錯体の配位子置換反応を利用したナノ粒子の粒径制御

○松岡 皓己1金山 雄斗1上原 章寛2今井 崇人1糟野 潤1
龍谷大理工1量研機構2

Y1205   9/11   15:45~17:15     

単分子スケールにおけるエレクトロクロミック分子の電子輸送特性の計測

○関 拓海西野 智昭
東工大理

Y1206   9/11   15:45~17:15     

レーザー誘起界面変形分光法による自立型脂質二分子膜ダイナミクス計測

○吉田 伸之介1横山 友輔1Chiari, Luca1野本 知理1豊田 太郎2藤浪 眞紀1
千葉大院工1東大院総合文化2

Y1207   9/11   15:45~17:15     

凍結によるテトラフェニルエチレンの発光挙動

○宮川 晃尚原田 誠福原 学岡田 哲男
東工大 理学院

Y1208   9/11   15:45~17:15     

逆ミセル内部の水相への分配特性評価とそれを用いた分離設計

○堺 陽奈子原田 誠岡田 哲男
東工大 理学院

Y1209   9/11   15:45~17:15     

局所的に構築したナノ流路内蒸気圧差による気-液ナノ界面の形成と応用

○川岸 啓人1,2川又 修一1許 岩1,3
大阪府大工1JSPS2JST-さきがけ3

Y1210   9/11   15:45~17:15     

活性炭を用いた陰イオン界面活性剤の除去法の検討

○村本 大樹1庄司 大希2宮本 直人2狩野 直樹2
新大院自然研1新大2

Y1211   9/11   15:45~17:15     

単一メソ多孔質シリカゲル微粒子/水系におけるミオグロビンの細孔内拡散の検討

○風見 裕明1長友 重紀2中谷 清治2
筑波大学大学院教育研究科1筑波大学数理物質系2

Y1212   9/11   15:45~17:15     

メソポーラスアルミナ/金積層電極の電気化学特性評価

○片山 知哉1渋屋 裕太2山口 央1
茨城大量子線科学1東北大多元研2

Y1213   9/11   15:45~17:15     

準弾性レーザー散乱法による水面を自走するリキッドマーブルの運動駆動力

○豊福 健1Chiari, Luca1野本 知理1豊田 太郎2藤浪 眞紀1
千葉大院工1東大院総合文化2

Y1214   9/11   15:45~17:15     

エマルションおよびマイクロエマルション中でのルシゲニンの電気化学発光

廣瀬 健人○鈴木 真由子吉田 裕美前田 耕治
京工繊大院工芸科学

Y1215   9/11   15:45~17:15     

蛍光スペクトルにゆらぎを示す刺激応答型蛍光性高分子の創製と評価

○齋藤 凌1稲川 有徳2上原 伸夫2
宇都宮大院地域創生科学1宇都宮大工2

Y1216   9/11   15:45~17:15     

示差走査熱量測定によるシリカメソ細孔へのミオグロビン吸着挙動の解析

○會澤 茉弥樫村 ちはる山口 央
茨城大量子線科学

Y1217   9/11   15:45~17:15     

溶液中におけるチオラート保護合金クラスターの動的挙動の観測:高速液体クロマトグラフィーによる高分解能分離技術の活用

○橋本 彩加新堀 佳紀川脇 徳久根岸 雄一
東理大院理

Y1218   9/11   15:45~17:15     

ナノファイバーとナノ粒子によるナノ複合体の作製と特性評価

○松岡 一幸1加藤 亮2服部 敏明1武藤 浩行3
豊橋技科大電気電子情報工1豊橋技科大教研基セ2豊橋技科大総合教育院3

Y1219   9/11   15:45~17:15     

ナノ流体デバイスと光圧の融合による単一ナノ粒子の捕捉・輸送・配置

○西岡 賢史1岸本 龍典2,3辻川 健寛1細川 千絵4工藤 卓3許 岩1,5,6
大阪府立大学 大学院工学研究科1産総研 バイオメディカル部門2関西学院大学 理工学部3大阪市立大学 大学院理学研究科4JST さきがけ5Nano Square6

Y1220   9/11   15:45~17:15     

DNAアプタマーの立体構造変化を利用した蛍光ヒ素(III)センサの開発

○小野寺 岳史郎平野 麗子佐藤 久
北海道大工

Y1221   9/11   15:45~17:15     

ディープラーニングを用いた画像認識による活性汚泥中の糸状性細菌の検出

○柏本 ゆかり鈴木 敬介佐藤 久
北海道大工

Y1222   9/11   15:45~17:15     

金ナノ粒子を用いた細菌の16S rRNAの比色分析

○中島 芽梨Saamantha Meegoda平野 麗子松永 光司佐藤 久
北海道大工

Y1223   9/11   15:45~17:15     

都市域河川水中で潜在的汚染が観測される希土類元素及びその他レアメタルのトビケラ幼虫への濃縮度測定

○近藤 紘昌1大塚 理子1八井田 朱音1中野 和彦2関本 征史2松井 久美3伊藤 彰英2
麻布大院環境保健1麻布大生命・環境2麻布大獣医3

Y1224   9/11   15:45~17:15     

福島県内各地域における放射性セシウム(Cs-134, Cs-137)の放出原子炉(1〜3号機)別影響評価

○大水 優希1大内 隆1佐山 涼太2佐藤 健二1,2
日大院工1日大工2

Y1225   9/11   15:45~17:15     

134Cs/137Cs放射能比を指標とした福島近隣県における汚染状況の評価

○大内 隆1大水 優希1佐山 涼太2佐藤 健二1,2
日大院工1日大工2

Y1226   9/11   15:45~17:15     

イオンクロマトグラフィーによる河川水中の過塩素酸イオン分析法の検討

○中矢 紫1成田 三紀1田中 秀治1,2,3竹内 政樹1,2,3
徳島大薬1徳島大院薬2徳島大院医歯薬(薬)3

Y1227   9/11   15:45~17:15     

固相抽出/ICP-MS法による河川水中人為起源Gdの化学形態別分析

○大塚 理子1八井田 朱音1近藤 紘昌1中野 和彦2関本 征史2松井 久美3伊藤 彰英2
麻布大院環境保健1麻生大生命・環境2麻布大獣医3

Y1228   9/11   15:45~17:15     

ミストチャンバー法による徳島市内の大気粒子状物質のオンライン分析

○前田 夏穂1並川 誠1富安 直弥1田中 秀治1,2,3竹内 政樹1,2,3
徳島大薬1徳島大院薬2徳島大院医歯薬(薬)3

Y1229   9/11   15:45~17:15     

オールインジェクション法を用いたカドミウム汚染土壌中の重金属のスぺシエーション

○高 迪小見 このみ和田 信彦樋山 みやび
群馬大学理工学府

Y1230   9/11   15:45~17:15     

コメへのカドミウム取り込みに及ぼすバーク発酵材料の効果

○今井 智貴1高 迪1山城 花帆2和田 信彦1樋山 みやび1板橋 英之1
群馬大院理工1群馬大理工2

Y1231   9/11   15:45~17:15     

HS-GC/MSを用いた産業廃棄物焼却処理施設における高反応性消石灰からの1,4-DioxaneとAldehyde類の生成機構解析

○佐々木 貴都初 雪布施 泰朗
京工繊大院工芸

Y1232   9/11   15:45~17:15     

電子タバコから発生するカルボニル化合物,オキシド類の分析

○佐藤 綾菜1内山 茂久1,2石塚 美帆1野口 真由美3稲葉 洋平2欅田 尚樹4牛山 明2
千葉大工1国立保健医療科学院2千葉大院3産医大4

Y1233   9/11   15:45~17:15     

電子タバコに含まれるプロピレングリコール,グリセロールの熱分解物の分析

○石塚 美帆1内山 茂久1,2佐藤 綾菜1野口 真由美3稲葉 洋平2欅田 尚樹4牛山 明2
千葉大工1国立保健医療科学院2千葉大院3産医大4

Y1234   9/11   15:45~17:15     

都市域河川水中希土類元素及びその他レアメタルの
広域濃度分布測定と潜在的汚染の現状評価

○八井田 朱音1大塚 理子1近藤 紘昌1中野 和彦2関本 征史2松井 久美3伊藤 彰英2
麻布大院環境保健1麻布大生命環境2麻布大獣医3

Y1235   9/11   15:45~17:15     

金属元素比を用いた山岳地域における湿性沈着中の微量亜鉛の発生源の推定

○豊澤 大夢1村瀬 遼亮2田中 稜真3山本 祐平4今井 昭二4
徳島大院総合科学1徳島大理工2徳島大総合科学3徳島大院理工4

Y1236   9/11   15:45~17:15     

アルギン酸 – ジルコニウムナノ混合材料によるカドミウムイオンの吸着

○北村 悠将花本 光司宮本 直人狩野 直樹
新大院自然研

Y1237   9/11   15:45~17:15     

4種類の拡散サンプラーを用いる空気中ガス状化学物質の一斉分析

○野口 真由美1内山 茂久2,4菱木 麻祐3佐藤 綾菜4石塚 美帆4稲葉 洋平2欅田 尚樹5牛山 明2
千葉大院1国立保健医療科学院2東京都健康安全研究センター3千葉大工4産医大5

Y1238   9/11   15:45~17:15     

マグネシウム合金中微量水銀の定量に向けた試料処理法の検討

○谷 直哉上本 道久
明星大院理工

Y1239   9/11   15:45~17:15     

トリクロロエタノールを用いる製鋼スラグからの遊離状態のMgOの抽出と定量

○門脇 優人1稲川 有徳2上原 伸夫2
宇都宮大院地域創生科学1宇都宮大工2

Y1240   9/11   15:45~17:15     

顕微ラマン分光法によるリチウムイオン電池用Si負極の非晶質化解析

○伴野 嵩敏清水 雅裕新井 進
信州大工

Y1241   9/11   15:45~17:15     

ロケット燃料の燃焼場:リアルタイム発生気体分析装置による瞬間熱分解挙動の評価

○坂野 文菜1和田 豊1三島 有二2津越 敬寿3加藤 信治4堀 恵一5長瀬 亮1
千葉工大院工1神工試2産総研3型善4ISAS/JAXA5

Y1242   9/11   15:45~17:15     

燃料電池用固体高分子膜Nafionのパルス法NMRを用いる物性評価法におけるパルスシークエンス調整法の開発

森内 隆代1○阪口 雄一1浦濱 圭彬2
阪工大工1兵庫県大院工2

Y1243   9/11   15:45~17:15     

PVC-NPOE系イオン選択性電極膜のパルスNMRを用いた重合度による物性評価

森内 隆代1○関口 ゆりあ1浦濱 圭彬2
阪工大工1兵庫県立大院工2

Y1244   9/11   15:45~17:15     

微小電極法による電解質ゲル内部構造のその場評価

○西村 拓哉1郭 宏磊2,3黒川 孝幸2,3龔 剣萍2,3,4
北大院生命科学1北大院先端生命2北大GI-CoRE3北大WPI-ICReDD4

Y1245   9/11   15:45~17:15     

アルカリ金属塩の添加による高分子/イオン液体溶液の相分離と結晶化との競合

○谷 勇輝峰松 祐一大坂 昇
岡山理大理

Y1246   9/11   15:45~17:15     

ゴム複合材料の断面作製手法の構築およびナノプローブ力学物性計測

○本田 暁紀1石田 康二1山本 亮太2窪内 翔2糸見 健2井藤 浩志1
産総研1ADMAT2

Y1247   9/11   15:45~17:15     

MALDI質量分析法を用いたコーヒー中に含まれるアクリルアミドの定量分析

○呉 尚蓉藤野 竜也許 家瑋
東洋大理工

Y1248   9/11   15:45~17:15     

フーリエ変換赤外光音響分光法(FT-IR/PAS)によるトランス脂肪酸の非破壊分析

○服部 修次1奥田 大貴2柳沼 克匡2佐藤 健二1,2
日大院工1日大工2

Y1249   9/11   15:45~17:15     

呈色法による毒キノコ由来毒成分の迅速判別分析

○小松 奈緒1小林 千紘2佐藤 健二1,2
日大院工1日大工2

Y1250   9/11   15:45~17:15     

電解水中の活性酸素種と活性酸素消去活性に対するpHの影響

○杉原 敏雄西本 右子
神奈川大理

第2日  9月12日(木)

Y2001   9/12   10:00~11:30     

簡易な蛍光X線分析と線形判別分析を用いた5カ国(日本、タイ、アメリカ、インド、パキスタン)の米の原産地判別

○横井 美穂川田 佳奈久保埜 公二横井 邦彦
阪教大

Y2002   9/12   10:00~11:30     

中世の遺跡出土砥石の元素分析

○丸山 毅真町頭 陸斗髙岡 真美西本 右子
神奈川大理

Y2003   9/12   10:00~11:30     

卓上型全反射蛍光X線分析装置を用いた毛髪試料測定

○古里 拓巳1早川 大雅2松山 嗣史1辻 幸一1
阪市大院工1阪市大工2

Y2004   9/12   10:00~11:30     

捕集フィルター簡易溶解法の提案と大気エアロゾル粒子の全反射蛍光X線元素分析

○松山 嗣史山口 浩輝辻 幸一
阪市大工

Y2005   9/12   10:00~11:30     

共焦型蛍光X線分析による銅系防腐処理木材の分析

○仲西 桃太郎1中野 ひとみ1,3藤原 裕子2藤井 義久2松山 嗣史1辻 幸一1
阪市大院工1京大院農2堀場テクノサービス3

Y2006   9/12   10:00~11:30     

共焦線型蛍光X線分析法による深さ方向分析

○園田 将太1中野 ひとみ1,2松山 嗣史1辻 幸一1
阪市大院工1堀場テクノサービス2

Y2007   9/12   10:00~11:30     

テーパー型ポリキャピラリー素子を用いた全視野型蛍光X線イメージング装置の試作と性能評価

○尾関 凌太山内 葵松山 嗣史辻 幸一
阪市大院工

Y2008   9/12   10:00~11:30     

陽電子消滅法による純ニッケルの水素脆化支配欠陥

○小島 健司Luca Chiari藤浪 眞紀
千葉大院工

Y2009   9/12   10:00~11:30     

表面改質スパッタカーボン薄膜電極を用いた吸着性の生体分子の電気化学検出

○太田 早紀1,3芝 駿介2矢嶋 龍彦3鎌田 智之4加藤 大4丹羽 修1,3
埼玉工大院工1愛媛大2埼玉工大先端研3産総研4

Y2010   9/12   10:00~11:30     

平面脂質二分子膜によるコリスチンの細胞膜破壊能の評価

○飯村 一輝岩本 祐希宇都 正幸
北見工大

Y2011   9/12   10:00~11:30     

金ナノ粒子複合体修飾電極の作成とその細菌認識機能評価

○北本 千紘佐藤 広基遠藤 明橋本 剛早下 隆士
上智大理工

Y2012   9/12   10:00~11:30     

シリカ-チタニア複合モノリス被覆ステンレスシートを用いたSALDI-MS

○笠川 恭佑飯國 良規大谷 肇
名工大院工

Y2013   9/12   10:00~11:30     

ESI-MSによるキレート剤を用いたFe(Ⅱ)の定量条件の検討

○小田 恭平田中 美穂
東京海洋大院

Y2014   9/12   10:00~11:30     

プロテオゲノミクスのための解析プラットフォーム開発

○上村 駿人1吉沢 明康2杉山 直幸2奥田 修二郎3石濱 泰2
京都大薬1京都大院薬2新潟大院医歯3

Y2015   9/12   10:00~11:30     

ゼオライトを用いた一価の銅イオン生成とMALDI質量分析法への応用

○川上 修平許 家瑋藤野 竜也
東洋大理工

Y2016   9/12   10:00~11:30     

エレクトロスプレーイオン化イオンモビリティ衝突誘起電荷脱離タンデム型高分解能質量分析法によるポリメタクリル酸メチルの解析

○大前 瑞姫尾関 優香北川 慎也大谷 肇
名工大院工

Y2017   9/12   10:00~11:30     

ナノクレイの利用による低分子量からタンパクまでのレーザー脱離イオン化質量分析

○中井 翔許 家瑋藤野 竜也
東洋大理工

Y2018   9/12   10:00~11:30     

キラル選択的なレーザー脱離イオン化法を可能にするマトリクスの開発

○本田 涼許 家瑋藤野 竜也
東洋大理工

Y2019   9/12   10:00~11:30     

フローレイショメトリーに基づくハイスループット滴定法の開発と日本薬局方医薬品定量への応用

○宮崎 愛子1柿内 直哉2岡本 和将1竹内 政樹1,2,3田中 秀治1,2,3
徳島大薬1徳島大院薬2徳島大院医歯薬(薬)3

Y2020   9/12   10:00~11:30     

鉛イオン電極検出器を用いる鉛イオンのシーケンシャルインジェクション分析

○後藤 拓己正留 隆
芝浦工大

Y2021   9/12   10:00~11:30     

市販汎用接着剤を利用する高機能吸着媒体の開発

○三木 雄太富田 博貴村上 博哉井上 嘉則手嶋 紀雄
愛知工大

Y2022   9/12   10:00~11:30     

水溶性高分子を被覆した吸着分離剤における高分子構造と捕捉特性

○杉山 拓也1三木 雄太1村上 博哉1江坂 幸宏2井上 嘉則1手嶋 紀雄1
愛知工大1岐阜薬大2

Y2023   9/12   10:00~11:30     

高濃度試料の分析を目的とした三角波制御フロー分析法の研究

○和田 莉緒菜1竹内 政樹1,2,3田中 秀治1,2,3
徳島大薬1徳島大院薬2徳島大院医歯薬(薬)3

Y2024   9/12   10:00~11:30     

微量元素の固相抽出分離への内標準法の適用

○横田 優貴加賀谷 重浩
富山大院理工

Y2025   9/12   10:00~11:30     

イオン液体を用いたピリドスチグミン及びネオスチグミンのマイクロ抽出

○岡 卓哉1濱本 拓也2,3勝田 正一3
千葉大院融合理工1千葉県警科捜研2千葉大院理3

Y2026   9/12   10:00~11:30     

テノイルトリフルオロアセトンを用いるキレート抽出における添加剤としてのアンモニウム型イオン液体の効果

○丸岡 由佳森田 耕太郎平山 直紀
東邦大理

Y2027   9/12   10:00~11:30     

PET検査薬剤合成のための放射性同位体金属イオンのハンドリング

○宮地 凌摩1丸山 洋平2須郷 由美3石岡 典子3森 勝伸2大平 慎一4戸田 敬4
熊本大院自然1高知大院理2量研3熊本大院先端4

Y2028   9/12   10:00~11:30     

TOPOを用いたイオン液体抽出系におけるFe(III)チオシアナト錯体の第三相抽出化学種の解析

○戸井田 美月森田 耕太郎平山 直紀
東邦大

Y2029   9/12   10:00~11:30     

2種混合構造指向剤を用いて形成したシリカ薄膜への多環芳香族炭化水素の固相抽出

○佐藤 遼太北川 文彦糠塚 いそし
弘前大院理工

Y2030   9/12   10:00~11:30     

種々のイオン液体抽出系におけるヨウ素化学種の抽出挙動

○小林 結衣1勝田 正一2
千葉大院融合理工1千葉大院理2

Y2031   9/12   10:00~11:30     

高圧溶媒抽出による分配係数の圧力変化の評価

○宮川 晃尚福原 学岡田 哲男
東工大 理学院

Y2032   9/12   10:00~11:30     

分散微粒子抽出法(4)― 酵素法を用いたリン酸の高感度な簡易比色分析法の開発 ―

○小濵 望1岡崎 琢也2佐澤 和人1波多 宣子1倉光 英樹1田口 茂1
富山大院理工(理)1明治大理工2

Y2033   9/12   10:00~11:30     

層状複水酸化物薄膜を用いた分析材料の開発

○松田 夏輝1藤原 勇2村上 良子1
山口大院創成科学1山口大大教セ2

Y2034   9/12   10:00~11:30     

イオン液体抽出による塩水中のヨウ化物イオンの分離・濃縮

○杉本 瑛都1勝田 正一2
千葉大院融合理工1千葉大院理2

Y2035   9/12   10:00~11:30     

18-クラウン-6 エーテルによる種々の希釈剤へのPbBr2抽出平衡における素平衡解析

○石川 和工藤 義広
千葉大院融合理工

Y2036   9/12   10:00~11:30     

イミダゾリウム型イオン液体抽出系における1-アルキルイミダゾールの効果

○鳥羽 優美香森田 耕太郎平山 直紀
東邦大理

Y2037   9/12   10:00~11:30     

セリウム(Ⅲ)-リン酸エステル配位高分子を用いる重希土類に特異的なイオン交換反応

○津田 栞里半田 友衣子渋川 雅美齋藤 伸吾
埼大院理工

Y2038   9/12   10:00~11:30     

インライン金属除去デバイス結合イオンクロマトグラフを用いる重金属含有試料中の微量陰イオンの定量

○福永 真優1山本 喬久2鈴木 清一2吉川 賢治3遠山 岳史3
日大院理工1メトロームジャパン2日大理工3

Y2039   9/12   10:00~11:30     

アミン導入繊維状固相抽出剤によるヒ素およびセレンの分離

○福田 太郎1加藤 敏文2源明 誠1加賀谷 重浩1
富山大院理工(工)1日本フイルコン2

Y2040   9/12   10:00~11:30     

単一ジグリコールアミド系抽出剤含浸微粒子/溶液系におけるユウロピウム分配過程の速度論的解析

○崩 愛昌1本間 廉1新井 剛2渡部 創3竹内 正行3長友 重紀1中谷 清治1
筑波大院数理物質1芝浦工大2原子力機構3

Y2041   9/12   10:00~11:30     

表面開始原子移動ラジカル重合によるメタクリレート樹脂への高分子配位子の導入

○眞田 明佳源明 誠加賀谷 重浩井上 嘉則
富山大院理工(工)

Y2042   9/12   10:00~11:30     

イオン液体-分子性液体の混合状態と相分離

○河野 雅大1貞包 浩一朗2松上 優3岩瀬 裕希4高椋 利幸5
佐賀大院工1同志社大生命医2熊本高専3総合科学研究機構4佐賀大理工5

Y2043   9/12   10:00~11:30     

スルホラン系溶媒和LiBF4溶融塩のRamanスペクトル相補的最小自乗法によるスペシエーション分析

○弓削 眞子1荒井 奈々2渡辺 日香里2都築 誠二3上野 和英4渡邉 正義4獨古 薫4亀田 恭男5梅林 泰宏2
新潟大理1新潟大院自然2産総研3横浜国大院工4山形大理5

Y2044   9/12   10:00~11:30     

リチウム-グリセリン系プロトン性溶媒和イオン液体のリチウムホッピング伝導

○渡辺 日香里荒井 奈々梅林 泰宏
新潟大院自然

Y2045   9/12   10:00~11:30     

非対称流れ流動場分離(AF4)-ICP質量分析法におけるナノ炭化物粒子分析のためのイオウフリー界面活性剤の開発

○板橋 大輔1,3水上 和実2谷口 俊介1西藤 将之1神谷 秀博3
日本製鉄先端研1日鉄テクノロジー2東農工大院生シ3

Y2046   9/12   10:00~11:30     

ジチゾンナノ繊維膜の保存性向上のための基礎検討

○岡田 真樹1篠原 英樹2杉本 利和2高橋 由紀子1
長岡技科大1ニッカウヰスキー技開セ2

Y2047   9/12   10:00~11:30     

エクソソームの選択的分離を目的としたスポンジモノリス型カラムの開発(2)

○加藤 誠也内藤 豊裕久保 拓也秋吉 一成大塚 浩二
京大院工

Y2048   9/12   10:00~11:30     

シングルセルICP-MSを用いた細胞中の多元素分析のシステム評価

○久保田 哲央1山中 理子1飯田 里紗子2田中 佑樹2小椋 康光2
アジレント・テクノロジー・インターナショナル1千葉大学大学院薬学研究院2

Y2049   9/12   10:00~11:30     

発光プローブによる生細胞内RNAの可視化定量を志向した分析法の開発

○江口 正敏吉村 英哲小澤 岳昌
東大院理

Y2050   9/12   10:00~11:30     

マウス腸内細菌叢解析のための細菌由来DNA抽出条件と測定方法の比較

○佐藤 佑真1坂本 泰一1南澤 麿優覽2
千葉工大 先進工 生命科学1千葉工大 先進工 教育センター2

Y2051   9/12   10:00~11:30     

ナフチリジン擬塩基を導入した三重鎖形成ペプチド核酸プローブによる C-G 塩基対認識

○市川 雄基田邊 貴昭佐藤 雄介西澤 精一
東北大院理

Y2052   9/12   10:00~11:30     

インクジェット液滴を用いたオンラインデジタルPCR

○古賀 大介Weifei Zhang中嶋 秀加藤 俊吾内山 一美
首都大院都市環境

Y2053   9/12   10:00~11:30     

ペプチド核酸とタンパク質酵素のワンポット合成化合物-PNAzymeの研究と核酸分析への応用

○瀬崎 佑介中野 幸二石松 亮一
九大院工

Y2054   9/12   10:00~11:30     

セリン/スレオニンキナーゼ特異的人工基質ペプチドを用いたキノーム活性計測

○中園 純菜坂本 大杉山 直幸石濱 泰
京大院薬

Y2055   9/12   10:00~11:30     

キャピラリー電気泳動分離と大規模配列解析に基づくPC-9細胞結合型アプタマーの1ラウンド選抜

○田中 直輝1半田 友衣子1渋川 雅美1菅沼 雅美1吉本 敬太郎2齋藤 伸吾1
埼玉大院理工1東大院総合文化2

Y2056   9/12   10:00~11:30     

(S)-マンデル酸由来キラルアミドレセプターを有するポリ(フェニルアセチレン)の比色キラル認識

○尾形 佳亮1松山 あいり1鈴木 涼太1梅田 哲1津田 勝幸1佐藤 敏文2覚知 豊次2堺井 亮介1
旭川高専1北大院工2

Y2057   9/12   10:00~11:30     

L-イソロイシン由来キラルレセプターを有するポリ(フェニルアセチレン)のキラル識別能の評価

○鈴木 涼太1梅田 哲1津田 勝幸1佐藤 敏文2覚知 豊次2堺井 亮介1
旭川高専1北大院工2

一般講演・テクノレビュー講演ポスター P会場

第3日  9月13日(金)

P3001T   9/13   10:00~11:30     

GC-FID用ユニバーサルメタナイザー ポリアークを使った検量線を使用しない定量法の検討

○中台 遼平八巻 直人
アステック

P3002T   9/13   10:00~11:30     

六価クロム分析におけるアンチモンの影響について 第2報

岡田 和磨片山 るり子○越澤 孝博金子 貴義
ユーロフィンFPT

P3003   9/13   10:00~11:30     

溶液用小出力蛍光X線分光計によるメッキ液の迅速分析の検討

○国谷 譲治
合同会社 KL技研

P3004   9/13   10:00~11:30     

三次元オージェ深さ方向分析の基礎的検討

○荻原 俊弥篠塚 寛志永田 賢二吉川 英樹
物材機構

P3005   9/13   10:00~11:30     

絶縁性ワイプ布に吸着した飲料水の全電子収量軟X線吸収測定

○村松 康司1Eric Gullikson2
兵県大院工1LBNL2

P3006   9/13   10:00~11:30     

蛍光X線分析による汚染土壌中有害金属定量における含水率補正および含水率測定

○中野 和彦1戸張 聡1清水 颯太1伊藤 拓馬2伊藤 彰英1
麻布大 生命・環境1地球環境研 RITE2

P3007   9/13   10:00~11:30     

日本とオランダの幕末期蒸気船の銅製品の元素組成と製造技術比較

○田端 正明
佐賀大(理工)

P3008   9/13   10:00~11:30     

蛍光X線分析法による潤滑油の劣化診断のための簡易・迅速分析

○土屋 恒治深井 隆行泉山 優樹添田 直希坂元 秀之大柿 真毅
日立ハイテクサイエンス

P3009   9/13   10:00~11:30     

温度可変条件下での赤色顔料(辰砂・鉛丹)の反射スペクトルとX線回折

本多 佑己高橋 瑞紀○藤原 学
龍谷大理工

P3010   9/13   10:00~11:30     

元素が写るカメラの開発と応用

○櫻井 健次1,2趙 文洋1,2
物材機構1筑波大2

P3011   9/13   10:00~11:30     

全反射中性子線による元素分析法の開発

○水沢 まり1,2櫻井 健次2,4山崎 大3及川 健一3原田 正英3
CROSS1NIMS2JAEA/J-PARC3筑波大学4

P3012   9/13   10:00~11:30     

ナノカーボン粉粒体における次亜塩素酸の電極活性評価

○小寺 史浩齋藤 史恵佐藤 舜
旭川工業高等専門学校

P3013   9/13   10:00~11:30     

燃焼イオンクロマトグラフィーによる有機試料中のヨウ素のトレース分析

○長島 潜堀田 哲男
ナックテクノサービス

P3014   9/13   10:00~11:30     

高速ガスクロマトグラフ-飛行時間型質量分析計を用いた多成分同定技術の紹介

○羽田 三奈子1SILONI, Albino2
アナリティクセンス1DANI Analitica2

P3015   9/13   10:00~11:30     

極性ポリマーを固定化した固相抽出素子の開発

○石村 敬久1渡辺 壱1渡辺 忠一1寺前 紀夫1,2大谷 肇3
フロンティア・ラボ1東北大2名工大3

P3016   9/13   10:00~11:30     

高沸点および高粘度の液体試料中に含まれる溶存酸素および窒素の高精度GC定量

○野田 明日香竹本 紀之日下田 成
東レリサーチセ

P3017   9/13   10:00~11:30     

非水系マイクロチップ電気泳動-LVSEP法によるカチオン分析の高感度化

○北川 文彦高橋 優梨絵新宮 祐香糠塚 いそし
弘前大理工

P3018   9/13   10:00~11:30     

迅速な前濃縮法と携帯型比色計との組合せによる微量ニッケルイオンの現場分析

○水口 仁志1谷口 友亮1梅田 玄野1Suherman2高柳 俊夫1森田 金市3
徳島大院理工1Universitas Gadjah Mada2ウシオ電機3

P3019   9/13   10:00~11:30     

第三級アミンを有する8-キノリノールビス体を用いた第13族元素のイオン液体抽出

○大橋 朗齋藤 壮黒田 智金 幸夫
茨城大院理工

P3020   9/13   10:00~11:30     

マイクロプレートリーダーを用いるユウロピウム(III)イオンの蛍光定量法の開発

中尾 文美1田頭 昭二1藤原 勇2○村上 良子3
山口大学理学部1山口大大教セ2山口大院創成科学3

P3021   9/13   10:00~11:30     

強陽イオン交換固相抽出およびLC-MS/MSによるフグ毒テトロドトキシン分析法の検討

○藤井 良昭加賀 岳朗上田 友紀子上野 健一西村 一彦
道衛研

P3022   9/13   10:00~11:30     

4-ベンゾイル-3-メチル-1-フェニル-5-ピラゾロン誘導体の合成と抽出特性

○藤永 薫坂本 宗明大嶋 俊一鈴木 保任
金沢工大バイオ・化学

P3023   9/13   10:00~11:30     

自発的に水相から分離する有機イオン会合体相への抽出を利用する雨水中のホルムアルデヒドの濃縮/吸光光度定量

○波多 宣子坂本 尚輝小濵 望佐澤 和人田口 茂倉光 英樹
富山大院理工(理)

P3024   9/13   10:00~11:30     

試料中和デバイス結合イオンクロマトグラフを用いる強アルカリ中の微量陰イオンの定量

○鈴木 清一山本 喬久小林 泰之井上 嘉則
メトロームジャパン

P3025   9/13   10:00~11:30     

Fiber SPME/GC-MS法を利用した体臭発生系による体臭抑制成分解析

○齋藤 啓太大谷 香奈子西原 彩夏片岡 洋行
就実大薬

P3026   9/13   10:00~11:30     

インジウム(III)錯体型蛍光プローブにおけるアニオン応答

○久保埜 公二1岸上 剛1柏木 行康2谷 敬太1横井 邦彦1
阪教大1阪技術研(森)2

P3027   9/13   10:00~11:30     

アクリドン骨格を利用した近赤外蛍光団の合成とこれらの発光挙動

○増田 寿伸古賀 和隆白谷 智宣城戸 克己横山 さゆり
第一薬大

P3028   9/13   10:00~11:30     

生薬及び漢方エキス製剤の残留農薬分析における試料前処理法の検討

○吉見 嵩志小此木 明高橋 隆二
クラシエ製薬漢方研

P3029   9/13   10:00~11:30     

減圧時加熱発生ガス分析における冷却機構を用いたガス捕集効率向上の検討

○村岡 正義野田 明日香竹本 紀之日下田 成
東レリサーチセンター

P3030   9/13   10:00~11:30     

刺激応答性界面活性剤の吸着分析に基づく貴金属ナノ粒子の分離抽出法の開発と制御

○按田 侑子北岡 夏海伊村 くらら
お茶大

P3031   9/13   10:00~11:30     

顕微下での磁気泳動挙動と画像解析による粒子評価

○河野 誠1立松 綾子3佐波 晶2
カワノラボ1大日本印刷2富士食品工業3

P3032   9/13   10:00~11:30     

シングルパーティクルICP-MSによる環境中のナノ粒子分析

○酒井 碧土田 英央林 紘正坂口 晃一佐藤 信之
東レリサーチセ

P3033   9/13   10:00~11:30     

発光性金属クラスターによるセンシング

武部 良潤○林 純二郎
和歌山高専 生物応用化学科

P3034   9/13   10:00~11:30     

宍道湖湖底堆積物中無機態リンの分画定量に関する研究

○江川 美千子1管原 庄吾1清家 泰2
島根大総理1島根大EsReC2

P3035   9/13   10:00~11:30     

地球上生命ホモキラリティ起源の解明を目指したスピン偏極ミュオン照射による光学活性発現実験の現状

○高橋 淳一1坂元 俊紀1柴田 裕実2久保 謙哉3癸生川 陽子1小林 憲正1
横浜国大院工1大阪大産研2国際基督教大教養3

P3036   9/13   10:00~11:30     

有明海湾奥の底泥中の酸で可溶な金属の濃度分布とEnrichment factorの適用限界

○西本 潤小南 博豊西本 智博
県立広島大学生命環境

P3037   9/13   10:00~11:30     

イミノ二酢酸型キレート樹脂を用いた環境水中微量希土類元素の濃縮分離法の開発と環境試料の分析への適用

○南 知晴1真塩 麻彩実2長谷川 浩2
金沢大総合技術部1金沢大理工2

P3038   9/13   10:00~11:30     

ケミカルハザード物質にも対応可能な医薬品原薬の塩・結晶多形スクリーニング用ハイスループット試料板・調製法(XRD、ラマン分光測定)の開発

○橋塚 貴彦
大日本住友

P3039   9/13   10:00~11:30     

ナンセンス変異を持つscFv遺伝子産物の構造および機能解析

○木口 裕貴大山 浩之森田 いずみ竹内 敦子小林 典裕
神戸薬大

P3040   9/13   10:00~11:30     

表面プラズモン共鳴イメージング(SPRi)法を用いた菌体・細胞検出

○佐藤 優穂
堀場製作所

P3041   9/13   10:00~11:30     

Motopsin欠損KOマウスの血清中アミノ酸分析の比較検討

○前田 武晴1公文 俊佑1美濃 厚志1蒲生 啓司2三井 真一3
東洋電化1高知大複合領域科学2群馬大院保健3

P3042   9/13   10:00~11:30     

熱帯性常緑樹サンダンカの種子油に存在する特異な共役脂肪酸の構造解析

○板橋 豊1,2,3前田 怜音2尾崎 博道1飯田 康浩3金森 みゆき2宮部 寛志2
北大院水1立教大理2食脂検3

P3043   9/13   10:00~11:30     

全自動マイクロチップ電気泳動装置を利用した高スループット糖鎖解析プラットフォーム

○木下 充弘山本 万莉中谷 裕美山本 佐知雄鈴木 茂生
近畿大・薬

P3044   9/13   10:00~11:30     

ペーパー分析デバイスによる金属イオンの定量

○浅野 比1川原 遼一2白石 幸英2
山陽小野田市立山口東理大1山陽小野田市立山口東理大工2

P3045   9/13   10:00~11:30     

蛍光性配位子を含むCo(III)錯体の酸化力を利用した還元剤の蛍光検出

○嵯峨 慎1横田 久里子1井上 隆信1齊藤 惠逸2山崎 重雄3
豊橋技科大工1神戸大人間発達2岡理大理3

P3046   9/13   10:00~11:30     

2-ベンゾイルピリジンの光反応に対するカドミウムの効果

○安友 政登柚木山 千智有村 美幸藤森 崇夫
都城高専

P3047   9/13   10:00~11:30     

O/Wエマルションを用いるカリウムイオンの分析(2)

○藤原 勇
山口大教育セ

P3048   9/13   10:00~11:30     

スルホベタイン誘導体化学修飾ポリ塩化ビニルを膜材料とするイオンセンサーの性能と生体適合性

澁谷 薫1藤井 愛美1田中 睦生2○矢嶋 摂子1
和歌山大システム工1埼玉工大工2

P3049   9/13   10:00~11:30     

乳酸に応答して鮮やかに変色する薄膜の作製

○兼清 泰正1,2藤村 祐大1三谷 裕2
北見工大1北見工大院2

P3050   9/13   10:00~11:30     

オプティカルセンサのためのランタノイドアップコンバージョンナノ粒子(UCNPs)の開発

○原田 大輔遠田 浩司菅野 憲
富山大院理工

P3051   9/13   10:00~11:30     

ペン描画法による紙製微小流路電気化学センサーの作成と尿酸検出への応用

○荒井 健介千葉 皓絵川上 時輝石毛 雅大室 智史三熊 敏靖
日薬大

P3052   9/13   10:00~11:30     

分子インプリントポリマーを感応素子としたリドカイン電位検出型センサーにおける機能性モノマーの検討

○小西 敦子岡田 麻里奈川原 智美武上 茂彦北出 達也
京都薬大

P3053   9/13   10:00~11:30     

ICP-MS NexIONシリーズにおけるコリジョンガスとしてのネオンの効果

○敷野 修1成川 知弘2千葉 光一3
パーキンエルマージャパン1産総研 計量標準総合センター2関西学院大 理工学部3

P3101   9/13   13:15~14:45     

移動相を純水としたHPLC-ICP-MSによるGd錯体の形態別分析法の開発と三田市近郊武庫川流域河川水分析への応用研究

○岩井 貴弘1河根 怜央奈2三倉 加琳2岡林 識起2成川 知弘3壷井 基裕2千葉 光一2
理研SPring-8センター1関学大理工2産総研計量標準3

P3102   9/13   13:15~14:45     

グロー放電質量分析による無機材料中塩素およびフッ素の定量の検討

○高橋 隆子
アメテック

P3103   9/13   13:15~14:45     

光導波路内蔵型ICPトーチを用いた単一細胞の原子スペクトル分析

○青木 元秀1吉田 真己2末永 祐磨2守屋 翔平2吉田 真優子2梅村 知也1沖野 晃俊2
東京薬大生命1東工大未来研2

P3104   9/13   13:15~14:45     

誘導結合プラズマ質量分析法(ICP-MS)および誘導結合プラズマ発光分析法(ICP-AES)による模擬汗中のマンガンおよびその化合物の測定

○韓 書平鷹屋 光俊
独立行政法人労働者健康安全機構  労働安全衛生総合研究所 作業環境研究グループ

P3105   9/13   13:15~14:45     

Potassium Sensing by Bovine Serum Albumin-encapsulated Nobel Metal Nano-clusters

○Achmad, Syarif Hidayat2Izabela, Rzeznicka2Hashimoto, Shuichi1
Univ. of Tokushima1Shibaura Inst. Tech.2

P3106   9/13   13:15~14:45     

Real-Time Monitoring of Dissolved Oxygen and Probe Beam Deflection at a Vicinity of an Aquatic Plant

Patthamawan KansukKeisuke Tamura○Xing-Zheng Wu
福工大・工

P3107   9/13   13:15~14:45     

27Al NMR 法を用いた植物細胞内組織におけるAl 局在部位と化学形態の探索

○藤森 崇夫石川 理紗野口 太郎
都城高専

P3108   9/13   13:15~14:45     

ダイレクトインレットプローブ-マルチイオン化質量分析装置による工業油製品の迅速化学組成分析法の研究

○三島 有二1津越 敬寿2
神戸工業試験場1産総研2

P3109   9/13   13:15~14:45     

Zr薄膜表面支援レーザー脱離イオン化質量分析法による薬物の高感度検出のための前処理法の評価

○大坂 一生
富山県立大学

P3110   9/13   13:15~14:45     

誘導体化-LC/ESI-MS/MSによる麹中エルゴチオネイン定量法の開発

○堀江 裕紀子1,2後藤 綺花1今村 梨子1伊藤 麻里2池川 繁男3小川 祥二郎1東 達也1
東京理大薬1コーケン2玄米酵素3

P3111   9/13   13:15~14:45     

ポストカラム反応ガスクロマトグラフィーを用いた高純度イソペンタン及びペンタン標準物質の開発

○渡邉 卓朗高田 佳恵子下坂 琢哉
産総研

P3112   9/13   13:15~14:45     

液液界面におけるアニオン性色素とフェリチンの相互作用の分光電気化学解析

○坂江 広基1高須賀 功二2横山 崇2永谷 広久3
福井県大生物資源1岡山理大理2金沢大物質化学3

P3113   9/13   13:15~14:45     

山口県山陽小野田市のPM2.5日平均環境基準値超過要因

○浅野 比1佐藤 尚紀2栗原 遼2白石 幸英2
山陽小野田市立山口東理大1山陽小野田市立山口東理大工2

P3114   9/13   13:15~14:45     

福島第一原発事故由来のI-131とCs-137の農作物による遮蔽ファクター

○田上 恵子内田 滋夫
量研機構

P3115   9/13   13:15~14:45     

共用上履きの微生物汚染状況調査

○小林 淳1近森 貴乃1池田 啓一2杉山 英男3
高知県大健栄1北陸大薬2国立科学院生活環境3

P3116   9/13   13:15~14:45     

Aptness of Erianthus in the phytomanagement of cesium-contaminated land area

○Zinnat Ara Begum1,2Tadahiko Ito3Hiroyuki Ishiwata3Ismail M.M. Rahman4Hiroshi Hasegawa1
Kanazawa University, Japan1Southern University Bangladesh2Nishimatsu Construction Co., Ltd., Japan3Fukushima University, Japan4

P3117   9/13   13:15~14:45     

Evaluation of solid-phase extraction columns for selectivity towards strontium ions in solution

○Ismail M.M. Rahman1M. Ferdous Alam1Yoshiaki Furusho2Kenji Nanba1
Fukushima University, Fukushima, Japan1GL Sciences Inc., Tokyo, Japan2

P3118   9/13   13:15~14:45     

DNPHパッシブサンプラー用フィルター上での,高濃度アセトン共存下におけるホルムアルデヒド及びアセトンの相対反応速度

○井上 直子鷹屋 光俊
労働者健康安全機構安衛研

P3119   9/13   13:15~14:45     

作業環境測定のためのキャピラリー電気泳動による芳香族アミンの分析法の検討

○井上 直子
労働者健康安全機構安衛研

P3120   9/13   13:15~14:45     

ハイドロキノンをコーティングしたプラスチック焼結多孔質体によるオゾン除去

○坂元 宏成1内山 茂久2
千葉大院1千葉大工2

P3121   9/13   13:15~14:45     

四国の山岳地域における湿性沈着中のV、Ni、Cd、Pbの発生源と輸送ルート

○山本 祐平1豊澤 大夢2村瀬 遼亮3田中 稜真4高橋 玄樹4橋本 元輝4今井 昭二1
徳島大院理工1徳島大院総合科学2徳島大理工学部3徳島大総合科学部4

P3122   9/13   13:15~14:45     

骨中90SrのICP-MS分析に向けた固相抽出法の検討

○小荒井 一真1松枝 誠1柳澤 華代2藤原 健壮1北村 哲治1
日本原子力研究開発機構1日本原燃分析株式会社2

P3123   9/13   13:15~14:45     

オンライン固相抽出ICP-MS法を用いた骨中90Sr分析における定量値の評価及び補正

○松枝 誠1小荒井 一真1柳澤 華代2藤原 健壮1北村 哲浩1
日本原子力研究開発機構1日本原燃分析2

P3124   9/13   13:15~14:45     

顕微ラマン分光分析によるウラン酸化物微粒子の化学状態分析

○蓬田 匠1,2江坂 文孝1高橋 嘉夫2北辻 章浩1宮本 ユタカ1
原子力機構1東大院理2

P3125   9/13   13:15~14:45     

シクロデキストリンポリマーを濃縮と蛍光測定の場として用いるSe(Ⅳ)の高感度分析法

六原 直哉1○松岡 史郎2宮崎 義信3吉村 和久4
新潟大院自然1新潟大理2福教大教育3九大院理4

P3126   9/13   13:15~14:45     

フタル酸エステル類含有樹脂からの移行性等の調査 第2報

越澤 孝博○新藤 勇樹金子 貴義
ユーロフィンFPT

P3127   9/13   13:15~14:45     

大気中光電子収量法によるナノグラフェン類のエネルギー準位測定

○藤巻 康人小汲 佳祐林 孝星渡辺 洋人
都産技研

P3128   9/13   13:15~14:45     

有機ケイ素化合物由来のSi定量分析

○北村 智子谷口 舞藤崎 一幸畑 和貴坂口 晃一佐藤 信之
東レリサーチセ

P3129   9/13   13:15~14:45     

キノコ中の1-オクテン-3-オールの光学異性体分析

小井川 雅也1宇野 颯人1山本 敦2會澤 宣一3多賀 淳4望月 直樹5寺島 弘之6○小玉 修嗣1
東海大理1中部大応生2富山大理工学研究3近畿大薬4横浜薬科大5GLサイエンス6

P3130   9/13   13:15~14:45     

ベニノキ種子由来,天然健康食品素材ゲラニルゲラニオールの加工品の分析

○服部 暁史青木 由典塚本 靖和
三菱ケミカルフーズ

P3131   9/13   13:15~14:45     

リン脂質逆ミセルのシリカゲルカラムクロマトグラフィーにおける特異な溶出挙動

吉岡 智史1室井 淳一1小林 英明1栁澤 琢也1増田 泰伸1○板橋 豊2,3
キユーピー1北大院水2食脂検3

P3132   9/13   13:15~14:45     

かつお節出汁殻からの有用成分抽出に及ぼす亜臨界水処理温度の影響-Ⅰ

○庄司 真子1翁 武銀2竹内 茉莉子1横山 竜海1任 恵峰1
海洋大院海洋科学1集美大2

P3133   9/13   13:15~14:45     

冷凍保存したニラの鮮度評価について

新山 聡之○清野 晃之
函館高専

P3134   9/13   13:15~14:45     

マイクロ波照射がかつお節加工残滓黒粉の酸加水分解に及ぼす影響(II)

○竹内 茉莉子1横山 竜海1庄司 真子1翁 武銀2任 恵峰1
海洋大院海洋科学1集美大2

P3135   9/13   13:15~14:45     

貝類の重金属結合タンパク質に関する研究

○鄭 澤華1川上 和宏1根岸 瑠美2鈴木 道生1
東大院農1東大定量研2

P3136   9/13   13:15~14:45     

米の調理工程における軽元素安定同位体比の変動評価

○鈴木 彌生子1中下 留美子2知久 和寛3吉田 充3
農研機構食品研1森林総研2日獣生科大3

P3137   9/13   13:15~14:45     

ヘテロ環アゾ化合物-金属錯体を用いたシアン化物イオンの選択的比色分析

○森川 泰裕1八坂 直幸1岡田 悠登1井田 博之1塩見 和孝1西脇 敬二2仲西 功2鈴木 茂生2
京都府警科捜研1近畿大薬2

P3138   9/13   13:15~14:45     

幻覚性キノコ成分のオンサイト分析を目的とするシロシンシリル化体に対する新規モノクローナル抗体の作製

○森田 いずみ1大山 浩之1田中 理恵2花尻(木倉) 瑠理2小林 典裕1
神戸薬大1国立衛研2

P3139   9/13   13:15~14:45     

高感度免疫測定法の開発を目的とする抗コルチゾール抗体の試験管内親和性成熟

○大山 浩之森田 いずみ木口 裕貴小林 典裕
神戸薬大

P3140   9/13   13:15~14:45     

ガスクロマトグラフ−質量分析計を用いた血液中水素の分析法に関する研究

○辻田 明1長坂 麻美1岡崎 英彦1白木 亮輔1小川 晋1合田 明永1松本 光史1松井 利郎2
福岡県警科捜研1九大院農2

P3141   9/13   13:15~14:45     

加熱式たばこ及び紙巻たばこの主流煙に含まれる芳香族アミン類の分析

○稲葉 洋平内山 茂久牛山 明
国立保健医療科学院

P3142   9/13   13:15~14:45     

大学における分析機器の共同利用システムの構築と運用

○桝 飛雄真荷堂 清香石川 紘輝
千葉大

P3143   9/13   13:15~14:45     

イナートLCシステムによるリン酸化化合物の分析

○熊谷 浩樹澤田 浩和
アジレントテクノロジー

P3144   9/13   13:15~14:45     

コアシェルタイプのイオン交換型樹脂の開発とそれを用いた糖質の溶離挙動(第36報)

○三友 俊一1根岸 由紀子1務台 俊樹2井上 裕3
栄養大1東大生研2城西大薬3

P3145   9/13   13:15~14:45     

オリゴヌクレオチドのLC/MS測定における分析条件の最適化

○伊藤 誠治中田 文弥
東ソー

P3146   9/13   13:15~14:45     

新規フッ素系溶媒によるサイズ排除クロマトグラフィーメソッド開発

○柿内 俊文長潟 由香蟻浪 祐子
AGC

P3147   9/13   13:15~14:45     

逆相カラムによる無機陰イオン分離

○健名 智子1小玉 修嗣2山本 敦3井上 嘉則4早川 和一5
富山衛研1東海大理2中部大応生3愛工大工4金沢大環日本海域環境研究セ5

P3148   9/13   13:15~14:45     

セリウム(III)の蛍光検出を利用する酒類飲料中のアルコールおよび糖類の分析

○三上 一行高木 健悟
東海大理

P3149   9/13   13:15~14:45     

HPLCの精度評価の全自動化を可能にするケモメトリクス的手法の開発

○小谷 明1袴田 秀樹1林 譲2
東薬大薬1FUMI理論研2

P3150   9/13   13:15~14:45     

高速分析用シクロデキストリン結合型HILICカラムの分離特性評価

○大槻 秀幸上田 卓也中根 賢一森 信哉
信和化工

P3151   9/13   13:15~14:45     

LC/MS分析に最適な超純水の検討

○飯沼 賢輝
沖縄科学技術大学院大学

P3152   9/13   13:15~14:45     

UHPLCによる中分子ペプチドのメソッド開発

○堀切 智
野村化学

Copyright © 2019 The Japan Society for Analytical Chemistry, All rights reserved.