日本分析化学会第79回分析化学討論会

講演プログラム速報版

A会場 |  B会場 |  C会場 |  D会場 |  E会場 |  F会場 |  G会場 |  H会場 |  I会場  |  J会場
産業界R&D紹介ポスター(一般公開) P会場
若手講演ポスター Y会場 |  一般講演ポスター  P会場

A会場

第1日  5月18日(土)

A1001   5/18   09:30~09:45   A会場  

テロメア4本鎖DNAの電気化学的検出試薬としての環状フェロセン化ナフタレンジミドの開発

○金好 秀馬1藤本 和久3Tingting, Zou1,2佐藤 しのぶ1,2竹中 繁織1,2
九工大院工1RCBT2九産大生命科学科3

A1002   5/18   09:45~10:00   A会場  

テロメアDNA識別分子の設計と分析化学的応用

○竹内 龍佑1Zou, Tingting1,2佐藤 しのぶ1,2竹中 繁織1,2
九工大院工1RCBT2

A1003   5/18   10:00~10:15   A会場  

SPR法による特異的脂質探索と膜タンパク質活性化メカニズムの解明

○稲田 壮峰1木下 祥尚1岩本 真幸2老木 成稔2松森 信明1
九大院理1福井大医2

A1004   5/18   10:15~10:30   A会場  

固定化DNAを介した核酸アプタマー修飾金ナノ粒子を用いた選択的分子検出の検討

○矢野 雄暉1矢野 湧暉1小川 敦司2前田 瑞夫3朝日 剛1座古 保1
愛媛大院理工1愛媛大PROS2理研3

A1005S   5/18   14:30~15:00   A会場   【依頼講演:1.不可能を可能にする新しい有機試薬】

逆相HPLCをキラルHPLCに変えて不可能であったキラル識別を可能とした不斉誘導体化試薬

○大類 洋
浜薬

A1006S   5/18   15:00~15:30   A会場   【依頼講演:1.不可能を可能にする新しい有機試薬】

生細胞中の脂肪滴動態をモニタリング可能とする新規脂肪滴検出蛍光色素

○立中 佑希江副 公俊尾関 信之石山 宗孝志賀 匡宣
同仁化学研究所

A1007S   5/18   15:45~16:15   A会場   【依頼講演:1.不可能を可能にする新しい有機試薬】

一細胞解析のための膜タンパク質の酵素増感標識法

○森 健片山 佳樹
九大院工

A1008R   5/18   16:15~16:30   A会場  

ボロン酸修飾デンドリマーの細菌識別機能評価

○土戸 優志1,2池野 知1鶴房 莉帆1堀内 良介1橋本 剛1早下 隆士1
上智大理工1現所属:理研前田バイオ工学2

A1009   5/18   16:30~16:45   A会場  

核酸のみで行うゲノム編集法確立に向けた high throughput 解析法

○紙谷 浩之柳井 優里鈴木 哲矢河合 秀彦
広島大院医歯薬保(薬)

A1010   5/18   17:00~17:15   A会場  

酸分解を用いた高精度なRNA絶対定量法の開発

○柴山 祥枝吉岡 真理子加藤 愛
産総研物質計測標準

A1011   5/18   17:15~17:30   A会場  

人工バニロイドレセプターペプチドのHelix-Turn-Helixフォールディングを伴う自己組織化膜形成とカプサイシンセンシング

○中野 幸二堀内 潤平田 真吾山中 真姫野 俊基石松 亮一
九大院工

第2日  5月19日(日)

A2001   5/19   09:15~09:30   A会場  

磁気泳動を用いた生体関連粒子の評価

○河野 誠1森 清香1立松 綾子2阿部 竜典2
カワノラボ1富士食品2

A2002   5/19   09:30~09:45   A会場  

人工ユビキチンリガーゼを活用した乳がん細胞のE2活性検出

○宮本 和英中谷 有沙齋藤 一樹
姫路獨協大・薬

A2003   5/19   09:45~10:00   A会場  

New Fluorescent Protein Alc Red of Akane family Showing Long-range Forster Resonance Energy Transfer like photonic cycle

○KATO, Yuko1,2YOSHIDA, Koji1OHBA, Yoshihito2NAKACHI, Shu3IMAHARA, Yukimitsu4NAKASHIMA, Kenichiro2YAMAGUCHI, Toshio1
福大理1長崎国大薬2黒潮研3黒潮和歌山研4

A2004   5/19   10:00~10:15   A会場  

マイクロホール加工基板に形成した人工脂質二分子膜の拡散評価

○大嶋 梓1中島 寛1住友 弘二2
NTT物性基礎研1兵庫県立大2

A2005   5/19   10:15~10:30   A会場  

細胞固定化基板の作製と光誘起対流を用いた細胞検出

○西尾 まどか1,3川口 諒太郎1,3山本 靖之2,3田村 守2,3飯田 琢也2,3床波 志保1,3
阪府大院工1阪府大院理2阪府大LAC-SYS研3

A2006   5/19   13:15~13:30   A会場  

短鎖核酸による反復配列の協同的ラベル化

○北村 裕介永井 康樹勝田 陽介井原 敏博
熊本大院先端

A2007   5/19   13:30~13:45   A会場  

生体機能解析を目指した新規遺伝子発現制御技術の開発

○嘉村 匠人1勝田 陽介1北村 裕介1萩原 正規2佐藤 慎一3井原 敏博1
熊大院先端1弘前大理工2京大化研3

A2008   5/19   13:45~14:00   A会場  

小分子を用いた細胞内機能性RNA G-quadruplex同定システムの開発

○井上 舞美1勝田 陽介1佐藤 慎一2萩原 正規3上杉 志成2井原 敏博1
熊本大院先端1京大化研2弘大理工3

A2009   5/19   14:15~14:30   A会場  

酵母カプセルを用いた膜透過性の制御とその評価法

○立松 綾子1阿部 竜典1河野 誠2伏見 善也1
富士食品1カワノラボ2

A2010   5/19   14:30~14:45   A会場  

スラブ光導波路分光法を用いる固液界面におけるチトクローム</I>c</I>の固定化と機能のその場観察

○松田 直樹岡部 博隆
産総研

A2011   5/19   14:45~15:00   A会場  

運動や環境によるストレス変化を唾液成分から追跡できるのか

○蒲生 啓司1大野 敬太2
高知大複合領域科学1高知大教育2

B会場

第1日  5月18日(土)

B1001R   5/18   09:30~09:45   B会場  

ポストインプリンティング修飾多点認識分子インプリントポリマーによる腫瘍マーカーの高感度検出

森重 貴裕1○高野 恵里1砂山 博文1,2北山 雄己哉1竹内 俊文1
神戸大院工1安田女子大薬2

B1002R   5/18   09:45~10:00   B会場  

がん診断を志向した抗体融合分子インプリントポリマーによるインタクトエクソソームの高感度蛍光センシング

森 貴翔片山 航清水 拓源 和晃高野 恵里北山 雄己哉○竹内 俊文
神戸大院工

B1003R   5/18   10:00~10:15   B会場  

疾病・代謝に基づく超微少量ガスの高感度バイオセンシング&イメージング

○三林 浩二
医科歯科大生材研

B1004R   5/18   10:15~10:30   B会場  

ナノ流体デバイスにおける光圧によるナノ粒子の操作と微小反応場の構築

○西岡 賢史1岸本 龍典2,3辻川 健寛1細川 千絵4工藤 卓3許 岩1,5,6
大阪府立大学 大学院工学研究科1産総研 バイオメディカル部門2関西学院大学 理工学部3大阪市立大学 大学院理学研究科4JST-さきがけ5NanoSquare6

B1005S   5/18   14:30~15:00   B会場   【依頼講演:9.医療・環境のための超微少量バイオ/化学センシング】

極限濃度色素液膜を用いる化学センシングデバイスの開発

○久本 秀明
阪府大院工

B1006S   5/18   15:00~15:30   B会場   【依頼講演:9.医療・環境のための超微少量バイオ/化学センシング】

テラヘルツ波ケミカル顕微鏡による微小量溶液中イオン濃度計測

○紀和 利彦1前野 佑貴1眞鼻 敦也1Feroz Ahmed2堺 健司1塚田 啓二1
岡山大統合科学1岡山大自然2

B1007S   5/18   15:45~16:15   B会場   【依頼講演:9.医療・環境のための超微少量バイオ/化学センシング】

神経毒のその場計測を目指した簡便な電気化学検出法

○井原 敏博
熊本大院先端科学

B1008S   5/18   16:15~16:45   B会場   【依頼講演:9.医療・環境のための超微少量バイオ/化学センシング】

単一細胞解析を目指すマイクロ液滴選択濃縮法

福山 真央1,2○火原 彰秀1
東北大多元研1JSTさきがけ2

B1009R   5/18   17:00~17:15   B会場  

電気化学センシングによる単一細菌細胞の検出

Dung, Nguyen岩本 晃太○椎木 弘
阪府大院工

B1010R   5/18   17:15~17:30   B会場  

レーザー誘起単一高分子微粒子を分析場とする一分子抽出分析の試み

野島 明瑞美1野原 陸1山本 春希1○三浦 篤志1,2喜多村 曻1,2
北大院総化1北大院理2

第2日  5月19日(日)

B2001R   5/19   09:15~09:30   B会場  

電気化学的手法を用いた医療用放射性銅の分離精製

○森 勝伸1山崎 直亨2須郷 由美3大平 慎一4宮地 凌摩4戸田 敬4石岡 典子3渡辺 茂樹3
高知大理工1群馬大院理工2量研3熊本大院先端4

B2002R   5/19   09:30~09:45   B会場  

マイクロウェルアレイへの選択的出入可能な3次元細胞誘導チップの作製と標的細胞の識別

○波多 美咲鈴木 雅登安川 智之
兵庫県大理

B2003R   5/19   09:45~10:00   B会場  

ハイブリドーマの高効率作製を目指した走査型誘電泳動による単一細胞アレイの構築

○鈴木 雅登岡山 太樹安川 智之
兵庫県大院物質理

B2004R   5/19   10:00~10:15   B会場  

脂質二分子膜におけるイオン性物質の分配と膜透過

宮城 政弘1大松 照政1石田 尚人1湊 蛍1○吉田 裕美1福山 真央2前田 耕治1
京工繊大院工芸科学1東北大多元研2

B2005   5/19   10:15~10:30   B会場  

同一化学種を介したイオンと電子の膜透過共役の空間依存性

南井 一志1福山 真央2吉田 裕美1○前田 耕治1
京工繊大院工芸科学1東北大多元研2

B2006   5/19   13:15~13:30   B会場  

食塩電解における酸素/塩素発生反応のその場電気化学分析

○岡田 拓弥1中山 雅晴1,2
山口大院創成科学1ブルーエナジーセンター2

B2007   5/19   13:30~13:45   B会場  

単層カーボンナノチューブ上での含窒素カーボンの作製と酸素触媒還元反応

○冨永 昌人鷹取 拓弥中尾 紫乃
佐賀大院工

B2008   5/19   13:45~14:00   B会場  

親水性有機化合物の電気化学検出にむけたNi/Pdヘテロダイマー埋め込みカーボン薄膜電極の研究

○芝 駿介1髙橋 将太1小池 綾香1矢嶋 龍彦1鎌田 智之2加藤 大2丹羽 修1
埼玉工大1産総研2

B2009   5/19   14:00~14:15   B会場  

電極反応で生成する有機ラジカルイオンのミリ秒時間分解スペクトルの取得による均一電子移動速度反応の評価

○石松 亮一山口 雄輝中野 幸二
九大院工

B2010   5/19   14:15~14:30   B会場  

飽和KCl水溶液を内部液とするイオン液体塩橋付き参照電極の電位

金丸 朝香1大西 佑貴1川本 拓実1○垣内 隆2山本 雅博1村上 良1
甲南大理工1pH計測科学ラボラトリー2

C会場

第1日  5月18日(土)

C1001R   5/18   09:30~09:45   C会場  

ナノ流体デバイスにおける流線分析とエクソソームの回収への応用

○石橋 遥1石橋 宰2堀川 彩2林 実花2許 岩1,3,4
阪府大院工1阪府大院生命2JST-さきがけ3NanoSquare4

C1002R   5/18   09:45~10:00   C会場  

π相互作用を利用した液体クロマトグラフィー

○久保 拓也金尾 英佑森永 拓也内藤 豊裕大塚 浩二
京大院工

C1003R   5/18   10:00~10:15   C会場  

光ナノアンテナで細胞活性を測る

木下 隆将石木 健吾○椎木 弘
阪府大院工

C1004R   5/18   10:15~10:30   C会場  

DNAを用いた自己修復型単分子接合の開発

○原島 崇徳西野 智昭
東工大・理

C1005S   5/18   14:30~15:00   C会場   【依頼講演:5.マイクロ・ナノで生命を測る】

センシングとバイオナノ共生

○山下 一郎
阪大院工

C1006S   5/18   15:00~15:30   C会場   【依頼講演:5.マイクロ・ナノで生命を測る】

細胞と対話するナノ足場材料による生命現象の理解

○松崎 典弥1,2
阪大院工1JST-さきがけ2

C1007S   5/18   15:45~16:15   C会場   【依頼講演:5.マイクロ・ナノで生命を測る】

分子認識アプタマー開発における進化分子工学操作の新しい展開

○梅津 光央
東北大・院工

C1008S   5/18   16:15~16:45   C会場   【依頼講演:5.マイクロ・ナノで生命を測る】

インタラクティブバイオ界面デバイスの開発

○加地 範匡1,2
九大工1JSTさきがけ2

C1009   5/18   17:00~17:15   C会場  

脂質ナノ膜場における電気泳動法の有用性

○岡本 行広1西野 遼1新岡 宏彦2菅 恵嗣1馬越 大1
阪大院基礎工1阪大データビリティフロンティア機構2

C1010   5/18   17:15~17:30   C会場  

Microfluidics-based single-molecule live-cell imaging on cellular interactions occurring in the presence of external force

Bader Al AlwanJasmeen Merzaban○羽渕 聡史
KAUST

第2日  5月19日(日)

C2001   5/19   09:15~09:30   C会場  

マイクロ・ナノ統合流体デバイスによる単一生細胞タンパク分析

中尾 達郎1○嘉副 裕1森川 響二朗1吉崎 歩2馬渡 和真1北森 武彦1
東大院工1東大病院皮膚科2

C2002   5/19   09:30~09:45   C会場  

マイクロデバイスを用いたタンパク質-リガンド複合体構造解析

○真栄城 正寿1,2竹田 怜央3伊藤 翔4,5上野 剛2平田 邦生2石田 晃彦1谷 博文1山本 雅貴2渡慶次 学1
北大院工1理研SPring-8セ2北大院総化3リガク4兵庫県大理5

C2003R   5/19   09:45~10:00   C会場  

タンパク質ナノカプセル構造Encapsulinへのゲスト分子ディスプレイならびに内包化技術の開発

○尾高 雅文1,2野中 衛1竹原 直輝1松村 洋寿1董 金華2上田 宏2野口 恵一3養王田 正文3小川 信明1
秋大・院・理工・生命科学1東工大・科学技術創成研究院・化学生命科学研究所2東農工大・院・工・生命工3

C2004   5/19   10:00~10:15   C会場  

メタン代謝酵素を用いたメタン特異的な分析手法の開発

○清田 雄平1真栄城 正寿1渡慶次 学1宮崎 真佐也2
北大院工1九工大院情報工2

C2005   5/19   10:15~10:30   C会場  

拡張ナノ空間を用いた高速酵素リアクターの開発

○山本 晃毅1森川 響二朗1今中 洋行2今村 維克2馬渡 和真1北森 武彦1
東京大学大学院工学系研究科1岡山大学大学院自然科学研究科2

C2006   5/19   13:15~13:30   C会場  

光造形式3Dプリント技術を利用するマイクロ化学分析システムの開発

○森岡 和大柳田 顕郎東海林 敦
東京薬大薬

C2007   5/19   13:30~13:45   C会場  

Au/パーマロイ/Cu磁路型グリッド電極を用いた磁気-誘電泳動による微粒子捕集

○飯國 良規虎澤 紘隆大谷 肇
名工大院工

C2008   5/19   13:45~14:00   C会場  

ペーパー分析デバイス上でのポリビニルアルコールによる過酸化水素の安定化

○金田 隆1Boonpoempoon, Tuchpongpuch2Wonsawat, Wanida2
岡山大院自然1スアンスナンタ・ラチャパット大2

C2009   5/19   14:15~14:30   C会場  

Development of a miniaturized photometric detector for the investigation of thiocyanate in smoker and non-smoker

○Seetasang, Sasikarn金田 隆
岡山大院自然

C2010   5/19   14:30~14:45   C会場  

紙担持滴定剤を用いた小型電気伝導度滴定法の研究

○末冨 佑典1Supatana, Buking2Duangjai, Nacapricha2金田 隆1
岡山大院自然1マヒドン大2

C2011   5/19   14:45~15:00   C会場  

光学的効果による化学発光の増幅に関する研究

○坂田 航草野 晴風藤本 貴大岡田 輝也藤森 啓一森内 隆代
阪工大工

C2012   5/19   15:00~15:15   C会場  

蛍光色素添加による各種化学発光の増幅機構の検証

○奥谷 燎平1坂田 優太2藤森 啓一1森内 隆代1
阪工大工1エウレカ社2

D会場

第1日  5月18日(土)

D1001R   5/18   09:45~10:00   D会場  

北五味子と南五味子を鑑別するための酸度センサの開発

○小谷 明金子 真紀袴田 秀樹
東薬大薬

D1002R   5/18   10:00~10:15   D会場  

食用油脂中のトランス脂肪酸の反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる迅速定量法の開発

○古田 汐里1石田 康行1高桑 裕史2中村 貞夫2
中部大応生1アジレント・テクノロジー2

D1003R   5/18   10:15~10:30   D会場  

低温灰化法を用いた農産物中の微量元素濃度定量法の確立

○谷水 雅治梅田 由里子
関西学院大学理工学部

D1004S   5/18   14:30~15:00   D会場   【依頼講演:6.食品品質を探る分析化学】

食品の品質をAIで予測できるか?非破壊スペクトル分析の試み

○池羽田 晶文
農研機構

D1005S   5/18   15:00~15:30   D会場   【依頼講演:6.食品品質を探る分析化学】

匂いの質と空間の可視化と予測

○林 健司
九州大シス情

D1006S   5/18   15:45~16:15   D会場   【依頼講演:6.食品品質を探る分析化学】

MALDI-MSイメージング法の食品科学への応用

○松井 利郎
九州大院農

D1007S   5/18   16:15~16:45   D会場   【依頼講演:6.食品品質を探る分析化学】

質量分析計を用いた食品の原料原産地判別技術

○鈴木 彌生子
農研機構 食品研究部門

D1008R   5/18   16:45~17:00   D会場  

カーボンナノドットワイヤとカゼインミセルの相互作用:
ヨーグルトからの乳酸菌回収への応用

○中尾 秀信金 済徳
物材機構

第2日  5月19日(日)

D2001  講演中止

 

 

D2002   5/19   09:45~10:00   D会場  

ネギ中ネオニコチノイド系農薬分析における加圧流体抽出法の評価

○中村 圭介大竹 貴光羽成 修康
産総研

D2003   5/19   10:00~10:15   D会場  

マシーンラーニングで食品データの回帰分析に挑む

○Serino, Takeshi1,2Kanaya, Shigehiko1Nakamura, Sadao2Takigawa, Yoshizumi2
奈良先端大1アジレント2

D2004   5/19   10:15~10:30   D会場  

植物組織分解酵素を用いたビピリジニウム系除草剤の穏やかな分解抽出法

○小出 高羅1菊川 浩史1,2大和 直樹1山本 良平1山本 敦1小玉 修嗣3笠井 尚哉4
中部大応生1食品分析開発センターSUNATEC2東海大理3阪府大生命環境4

D2005S   5/19   13:15~13:45   D会場   【依頼講演:11.生活に密着する分析化学(公開シンポジウム)】

人工化学物質による環境汚染の未然防止に役立つ分析化学

○門上 希和夫
北九市大環技研

D2006S   5/19   13:45~14:15   D会場   【依頼講演:11.生活に密着する分析化学(公開シンポジウム)】

薬物犯罪を立証する科学鑑定

○津村 ゆかり
近畿麻取

D2007S   5/19   14:15~14:45   D会場   【依頼講演:11.生活に密着する分析化学(公開シンポジウム)】

匂いによるがん診断

○李 丞祐
北九大

E会場

第1日  5月18日(土)

E1001   5/18   09:30~09:45   E会場  

共焦点型蛍光X線イメージング法による亜鉛めっき鋼板試料の腐食挙動観察

三田 昇平1秋岡 幸司2土井 教史2○辻 幸一1
阪市大院工1新日鐵住金2

E1002   5/18   09:45~10:00   E会場  

膜厚40 nmの自立型グラファイト超薄膜を用いて測定したsp2炭素の質量吸収係数

○Yasuji Muramatsu1Yasushi Soneda2Eric Gullikson3
兵県大院工1産総研2LBNL3

E1003   5/18   10:00~10:15   E会場  

放射性セシウムの最終処分用材料におけるCs-L1吸収端XAFS測定

○大橋 弘範1高久 遼介1高瀬 つぎ子2
福島大理工1福島大環境放射能研2

E1004   5/18   10:15~10:30   E会場  

陽電子消滅法による純Ni中の水素誘起欠陥

○藤浪 眞紀小島 健司Chiari, Luca
千葉大院工

E1005   5/18   14:30~14:45   E会場  

シンクロトロン蛍光X線分析法による三重津海軍所出土磁器(皿)の産地推定と考古学的手法との比較

○田端 正明
佐賀大(理工、肥前セラミックス研セ)

E1006   5/18   14:45~15:00   E会場  

粉末X線回折 / リートベルト解析による純セルロースと植物中の結晶性セルロースの定量

○中村 利廣1萩原 健太2大渕 敦司3
明大・(株)リガク1明大理工2(株)リガク3

E1007   5/18   15:00~15:15   E会場  

高分解能X線光電子分光法による酸素グロー放電酸化金薄膜の保存に関する研究

○肥後 盛秀1久保 貴裕2黒木 亮汰2満塩 勝1久保 臣悟3
鹿児島大院理工1鹿児島大工2鹿児島大機器分析セ3

E1008   5/18   15:15~15:30   E会場  

土壌重金属のハンドヘルド蛍光X線分析 -試料調製と補正-

○萩原 健太1小池 裕也1中村 利廣1,2
明大理工1リガク2

E1009   5/18   15:30~15:45   E会場  

飲料水基準レベルウランの全反射蛍光X線分析

○松山 嗣史1,2伊豆本 幸恵2高村 晃大1辻 幸一3酒井 康弘1吉井 裕2
東邦大学1量研・放医研2阪市大院工3

E1010   5/18   16:00~16:15   E会場  

放射光X線分析による日本全国河川堆積物データベース(JRS-DB)を用いた四国出土縄文土器の産地推定

○中井 泉1加古川 伊武紀1親泊 宗一郎1阿部 善也1中野 良一1,2
東理大1愛媛県埋文センター2

E1011   5/18   16:15~16:30   E会場  

パルスグロー放電プラズマを用いたアルカンの直接質量分析

○布目 陽子1児玉 憲治2植木 保昭3,4義家 亮4成瀬 一郎3,4我妻 和明5
広大総科1リガク2名大未来研3名大院工4東北大金研5

E1012   5/18   16:30~16:45   E会場  

FD-MSによる高分子状態のケイ酸水溶液の測定

○田中 美穂1柳 捷凡2高 肇3斎藤 修二3
東京海洋大海洋資源学部1東京都立産業技術研究センター2日本電子株式会社3

E1013   5/18   16:45~17:00   E会場  

ESI-MSを用いたFe(Ⅱ)の測定方法の開発

○小田 恭平田中 美穂
東京海洋大院

第2日  5月19日(日)

E2001S   5/19   09:15~09:45   E会場   【依頼講演:10.分析化学において"AI・ビッグデータ"の使い道はあるのか?】

多変量解析は薄膜中の反応解析に使えるか

○長谷川 健藤原 龍以塩谷 暢貴下赤 卓史
京大化研

E2002S   5/19   09:45~10:15   E会場   【依頼講演:10.分析化学において"AI・ビッグデータ"の使い道はあるのか?】

流通業におけるビッグデータ・AI活用事例

○古賀 輝幸
ティー・アール・イー

E2003R   5/19   10:15~10:30   E会場  

Application of Machine Learning Techniques to Plastic Identification Based on Raman Spectroscopy

Wilem, Musu1Akihiro Tsuchida2○Hirofumi Kawazumi1Nobuto Oka1
Kindai University, Kyushu1Saimu Corporation2

E2004S   5/19   13:15~13:45   E会場   【依頼講演:10.分析化学において"AI・ビッグデータ"の使い道はあるのか?】

がん個別化医療へ向けた遺伝子発現データの活用法

○藤井 聡1佐々木 博己2山﨑 敏正1
九工大・情報工1国立がん研究センター2

E2005S   5/19   13:45~14:15   E会場   【依頼講演:10.分析化学において"AI・ビッグデータ"の使い道はあるのか?】

ゲノム上の全ての遺伝子を”見る”技術の最前線
~トランスクリプトミクスの新たな展開~

○大川 恭行
九大生医研

E2006R   5/19   14:30~14:45   E会場  

機械学習を用いた単分子シグナル解析による単分子識別

○大城 敬人鷹合 孝之吉田 剛小本 祐貴鷲尾 隆谷口 正輝
阪大産研

E2007   5/19   14:45~15:00   E会場  

時間変化・周波数変化する分析計測信号からの特徴量抽出

○片山 建二1,2
中大理工1JST PRESTO2

E2008   5/19   15:00~15:15   E会場  

Multivariate curve resolution法による混合物のNMRスペクトルからのスペクトル・組成分離

○永井 優也片山 建二孫 雲龍
中央大学院理工

E2009   5/19   15:15~15:30   E会場  

SQUIDによる磁気モーメント測定値のradial offset依存性と再現性向上

○松本 信洋1Cindi L. Dennis2Robert D. Shull2
産総研計量標準総合セ1NIST2

F会場

第1日  5月18日(土)

F1001   5/18   09:30~09:45   F会場  

spICP-MSにおけるマトリクスマッチングを実現する
2液同時噴霧導入システムの開発とその応用

○井戸 航洋1,2宮下 振一2朱 彦北2有賀 智子2藤井 紳一郎2保倉 明子1稲垣 和三2
東京電機大 院工1産総研 物質計測標準2

F1002   5/18   09:45~10:00   F会場  

プラズマ内の酸化物イオン分布計測に基づいたICP-MSにおける炭素増感効果の基礎的研究

○有賀 智子朱 彦北稲垣 和三
産総研・計量標準

F1003   5/18   10:00~10:15   F会場  

多摩川中流域における多元素及びアミノカルボン酸系キレート剤の分布の特徴

○藤森 英治1中島 梨恵2熊田 英峰2梅村 知也2
環境調査研修所1東薬大生命2

F1004   5/18   10:15~10:30   F会場  

HR及びトリプル四重極ICP-MSによるバルクシリコン中のTiの測定に及ぼす硫黄及びSiのスペクトルマトリックス干渉の影響

○Mohammad B., Shabani1河野 利哉1鷲野 卓也2富岡 賢一1
三菱マテリアル中研1三菱マテリアル四日市2

F1005S   5/18   14:30~15:00   F会場   【依頼講演:3.スペクトロスコピー分析化学とその展開】

レーザー分光法を用いた大気エアロゾル粒子の光学特性の実験および観測研究

○中山 智喜
長崎大環境科学

F1006S   5/18   15:00~15:30   F会場   【依頼講演:3.スペクトロスコピー分析化学とその展開】

Oxaliplatin投与後の大腸癌組織における蛍光X線分析 -組織内の白金分布と抗腫瘍効果との関連性の検討-

○木庭 遼1西堀 麻衣子2藤田 逸人1関澤 央輝3新田 清文3永井 俊太郎1大内田 研宙1石田 竜弘4中村 雅史1
九大院医1九大院総理工2JASRI/SPring-83徳島大院医歯薬4

F1007S   5/18   15:45~16:15   F会場   【依頼講演:3.スペクトロスコピー分析化学とその展開】

孤立金属化合物クラスターの生成・分析における分光測定の活用

○荒川 雅堀尾 琢哉寺嵜 亨
九大院理

F1008R   5/18   16:15~16:30   F会場  

硫黄K 殻XAFS スペクトルの異方性を利用するポリチオフェン薄膜の面内配向性の評価

○早川 慎二郎1福田 浩平2濵嶋 悠太1加治屋 大介3齋藤 健一3
広島大院工1広島大工2広島大院理3

F1009R   5/18   16:45~17:00   F会場  

超偏極キセノンガス生成供給装置普及版の開発と高分子への応用

○藤原 英明1,2小林 美一3今井 宏彦4木村 敦臣1
阪大院・医1MRメドケム研2帝人フロンティア(株)3京大院・情報4

F1010R   5/18   17:00~17:15   F会場  

レーザー捕捉・顕微ラマン分光法を用いた単一エアロゾル分析

○石坂 昌司大倉 華奈
広島大院理

F1011   5/18   17:15~17:30   F会場  

HPLC-ICP-MSを用いた三田市近郊武庫川流域河川水中におけるガドリニウム錯体の形態別分析

○岩井 貴弘1三倉 加琳1成川 知弘2壷井 基裕1千葉 光一1
関学大理工1産総研計量標準2

第2日  5月19日(日)

F2001   5/19   09:15~09:30   F会場  

反応セル型ICP-MSにおける反応時間制御の試み_その2

○山田 憲幸
アジレント・テクノロジー・インターナショナル(株)

F2002   5/19   09:30~09:45   F会場  

トリプル四重極ICP-MSを用いた有機溶媒中の塩素分析における干渉除去機構の検討

○溝渕 勝男1山田 憲幸2行成 雅一1
アジレント1アジレントインターナショナル2

F2003   5/19   09:45~10:00   F会場  

LA-ICP-MSによる様々な金属鉄中の微量元素分析の検討

○槇納 好岐1黒木 康生2平田 岳史1
東大院理1Thermo Fisher Scientific2

F2004   5/19   10:00~10:15   F会場  

レーザーアブレーションICP質量分析計を用いたナノ粒子イメージング

○山下 修司1鈴木 敏弘1小川 久美子2曺 永晩2井手 鉄哉2平田 岳史1
東大院理1国立衛研 病理部2

F2005   5/19   10:15~10:30   F会場  

液中レーザーアブレーション法によるナノ粒子の合成とICP質量分析計を用いた元素・同位体分析

○平田 岳史1山下 修司1石田 未来2鈴木 敏弘1
東大院理1TDK2

F2006   5/19   13:15~13:30   F会場  

誘導結合プラズマ発光分光分析による火成岩の主化学組成分析のためのガラスビード融解処理

○中山 健一我妻 和明
東北大金研

F2007   5/19   13:30~13:45   F会場  

ネブライザーを利用した非熱平衡マイクロプラズマジェットシステムの開発

○稲垣 和三寺本 慶之宮下 振一藤井 紳一郎
産総研

F2008   5/19   13:45~14:00   F会場  

遠紫外減衰全反射分光法を用いた粉体中分子の電子状態分析

○森澤 勇介大橋 晃司
近畿大・理工

F2009   5/19   14:00~14:15   F会場  

固体ナノ構造を利用したDNAの高効率光捕捉・マニピュレーションとマイクロ分離

○坪井 泰之伊藤 謙太高尾 亮太東海林 竜也
阪市大院理

F2010   5/19   14:15~14:30   F会場  

赤外光導波路を用いた水中の二酸化炭素検出の高感度化

○孟 広治1堀田 弘樹1角田 欣一2紀本 岳志3
神戸大院海事1群馬大院理工2紀本電子工業3

F2011   5/19   14:45~15:00   F会場  

蝶鱗粉のサブミクロン構造を活用したSERS基板:自然界に学ぶ

○竹井 弘之1,2長田 一輝1渡邉 彪1Goelzhaeuser Armin3
東洋大生命1東洋大バイオナノ2ビーレフェルト大学物理3

F2012   5/19   15:00~15:15   F会場  

Gas chromatography/mass spectrometry of highly-toxic organochlorine pesticides using an ultraviolet femtosecond laser as an ionization source

○Siddihalu, Lakshitha Madunil1Tomoko Imasaka1Totaro Imasaka2
九大芸工1九大未来セ2

F2013   5/19   15:15~15:30   F会場  

Siナノ構造を用いた新奇光ピンセットによる蛍光標識ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の光捕捉と分光計測

○永井 達也1東海林 竜也1Saulius Juodkazis2Denver Linklater2坪井 泰之1
阪市大院理1Swinburne univ. Tech.2

F2014   5/19   15:30~15:45   F会場  

多光子イオン化質量分析法によるエマルションの転相挙動評価法の開発

○杉山 智信岩田 匡史内村 智博
福井大工

G会場

第1日  5月18日(土)

G1001R   5/18   09:30~09:45   G会場  

SPM,PM2.5,SO2,NO2から見た山陽小野田市の大気環境

○浅野 比1光永 晴美2栗原 遼3佐藤 尚紀3山下 貢治2白石 幸英3
山陽小野田市立山口東理大1山陽小野田市環境課環境調査セ2山陽小野田市立山口東理大工3

G1002R   5/18   09:45~10:00   G会場  

四国・本州の遠隔山岳地域における湿性沈着中の重金属のモニタリング

○山本 祐平1豊澤 大夢2田中 稜真2菊地 洋一3西本 潤4今井 昭二1
徳大院社産理工1徳大総合科学2岩手大教育3県立広島大生命環境4

G1003R   5/18   10:00~10:15   G会場  

PM2.5自動成分分析装置(PX-375)を活用した大気汚染影響評価のための発生源推定の試み

○松本 絵里佳水野 裕介青山 朋樹
堀場製作所

G1004R   5/18   10:15~10:30   G会場  

GED-ICP-MSによる大気中水銀微粒子の測定

○西口 講平一ノ瀬 達也
イアス

G1005R   5/18   14:30~14:45   G会場  

粒子酸化能の変動を掴む全自動観測装置の開発

○チョン 千香子1藤谷 雄二2萩野 浩之3梶野 瑞王4大畑 昌輝1
産総研計量標準1環境研2自動車研3気象研4

G1006R   5/18   14:45~15:00   G会場  

大気粒子の化学物質やその影響をはかる

○戸田 敬
熊本大院先端(理)

G1007S   5/18   15:00~15:30   G会場   【依頼講演:7.大気粒子の化学物質やその影響をはかる】

越境大気起源窒素とリンが日本の陸水環境に与える影響

○山室 真澄
東大新領域

G1008S   5/18   15:30~16:00   G会場   【依頼講演:7.大気粒子の化学物質やその影響をはかる】

桜島火山降灰中の有害元素分析と環境影響

○中島 常憲園田 愛留音高梨 啓和大木 章
鹿児島大院理工

G1009S   5/18   16:15~16:45   G会場   【依頼講演:7.大気粒子の化学物質やその影響をはかる】

世界遺産•富士山頂で地球大気環境を調べる:自由対流圏大気の雲やPM2.5のケミストリー

○大河内 博
早稲田大創造理工

G1010S   5/18   16:45~17:15   G会場   【依頼講演:7.大気粒子の化学物質やその影響をはかる】

福岡の都市大気への越境物質・局所排出物質の影響

○林 政彦
福岡大理

G1011R   5/18   17:15~17:30   G会場  

エアロゾルの新しい発生源解析法 -PAHとNPAHをマーカーとする燃焼由来粒子状物質量の求め方-

○早川 和一Nagato, Edward Gou
金沢大・環日セ

第2日  5月19日(日)

G2001   5/19   09:30~09:45   G会場  

環境水中ふん便性大腸菌濃度の推定における半減期の評価と予測

○宇都 正幸齋藤 剣工藤 祥久納所 令
北見工大

G2002   5/19   09:45~10:00   G会場  

遺跡から出土する水銀朱に対する極微量硫黄同位体比分析と産地同定の試み

○高橋 和也1南 武志2幡中 光輔3
理研1近畿大学2出雲市文化財課3

G2003   5/19   10:00~10:15   G会場  

走査型透過X線顕微鏡(STXM)を用いたTagish Lake隕石に含まれる有機物の分析

桐生 健斗1○癸生川 陽子2小林 憲正2
横浜国⼤院理工1横浜国⼤院工2

G2004   5/19   10:15~10:30   G会場  

模擬星間物質への粒子線照射により生じた高分子態アミノ酸前駆体のキャラクタリゼーション

倉本 想士1佐藤 智仁1癸生川 陽子2柴田 裕実3吉田 聡4福田 一志5小栗 慶之5○小林 憲正2
横浜国大院理工1横浜国大院工2大阪大3量研4東工大5

G2005   5/19   13:15~13:30   G会場  

イネ中のケイ素の多量体化の基礎的な解明

○大塚 大河1田中 美穂1高橋 和也2
東京海洋大院1理研2

G2006   5/19   13:30~13:45   G会場  

福岡市多々良川の溶存Fe(II)の酸化反応と洪水流出時の溶存鉄スペシエーション

○吉村 和久1天日 美薫2宮崎 義信3松岡 史郎4
九大RIセンター1九環協2福教大教育3新潟大理4

G2007   5/19   13:45~14:00   G会場  

石垣島白保竿根田原洞穴遺跡の鍾乳石から読み取る古環境情報

○吉村 和久1杉原 真司1石原 与四郎2天日 美薫3能登 征美4片桐 千亜紀5
九大RIセンター1福岡大理2九環協3九電産業4沖縄県埋文センター5

G2008   5/19   14:00~14:15   G会場  

鹿児島湾産魚類に含まれるセレン及び水銀と海底熱水噴気活動による影響

○野添 千裕児玉谷 仁神崎 亮冨安 卓滋
鹿児島大学院理工

G2009   5/19   14:30~14:45   G会場  

氷への真空紫外光照射後に表面に存在するOHラジカルの温度依存性

○薮下 彰啓西本 寛彰原田 明
九大院総理工

G2010   5/19   14:45~15:00   G会場  

ナフィオンチューブによる河川水中過塩素酸イオンのオンライン濃縮

○竹内 政樹1,2吉川 遥2島田 祐依2田中 秀治1,2
徳島大院医歯薬1徳島大薬2

G2011   5/19   15:00~15:15   G会場  

ロケット燃料の燃焼場:過渡現象を追うリアルタイム発生気体分析装置の試作開発

○坂野 文菜1和田 豊1三島 有二2津越 敬寿3加藤 信治4堀 恵一5長瀬 亮1
千葉工大院工1神工試2産総研3型善4ISAS/JAXA5

G2012   5/19   15:15~15:30   G会場  

アミド硫酸中の窒素分の次亜臭素酸イオンの電解発生によるSIトレーサブルな定量

○朝海 敏昭
産総研計量標準

H会場

第1日  5月18日(土)

H1001   5/18   09:30~09:45   H会場  

酸解離型ジアミド系配位子によるレアアースの抽出分離と抽出錯体構造解析

○下条 晃司郎1,2笹貫 武丸1,3Sebastian Schöne2杉田 剛1岡村 浩之1池田 篤史2
原子力機構1HZDR2茨城大理3

H1002   5/18   09:45~10:00   H会場  

分散微粒子抽出法(3)― 亜硝酸の簡便で高感度な比色分析法の開発 ―

○小濵 望1松平 光樹1岡崎 琢也2佐澤 和人1波多 宣子1倉光 英樹1田口 茂1
富山大院理工(理)1明治大理工2

H1003   5/18   10:00~10:15   H会場  

フェニルボロン酸導入型CTGのフェネチルアミン誘導体に対する認識能評価

森内 隆代○久田 健太郎藤森 啓一
阪工大工

H1004   5/18   10:15~10:30   H会場  

アゾフェニルボロン酸型糖センサーの糖類に対する反応性と反応に伴う色調変化の検討

○鈴木 陽太1菅谷 知明2石原 浩二1
早大院先進理工1千葉工大工2

H1005S   5/18   14:30~15:00   H会場   【依頼講演:8.溶液反応化学からみる分析化学】

液液抽出媒体としてのイオン液体の多様性

○平山 直紀
東邦大理

H1006S   5/18   15:00~15:30   H会場   【依頼講演:8.溶液反応化学からみる分析化学】

イオン液体 ~溶媒が電荷を持つということ~

○神崎 亮
鹿児島大院理工

H1007R   5/18   15:45~16:00   H会場  

定量NMR法による高濃度電解質水溶液の溶媒和構造解析

○牧 秀志1,2十川 廉2水畑 穣2
神戸大環境保全推進センター1神戸大院工2

H1008R   5/18   16:00~16:15   H会場  

エチレングリコール系プロトン性溶媒和イオン液体のイオン伝導性

渡辺 日香里荒井 奈々○梅林 泰宏
新潟大院自然

H1009R   5/18   16:15~16:30   H会場  

ナノ細孔内水の凝固/融解におよぼす吸着物質の影響

○山口 央渋屋 裕太枝並 友梨絵樫村 ちはる
茨城大量子線科学

H1010   5/18   16:45~17:00   H会場  

HFIP-水混合溶液中のアミノ酸L-ロイシンおよびL-フェニルアラニンの溶媒和構造変化の観測

○藤 貴弘1水﨑 弘章2松上 優3高椋 利幸2
佐賀大院工1佐賀大理工2熊本高専3

H1011   5/18   17:00~17:15   H会場  

イミダゾリウム系イオン液体中におけるアルコール分子とNi(II)イオンとの錯形成平衡

○高椋 利幸1小川 輝1川頭 祐太郎1櫻井 裕之1貞包 浩一朗2岩瀬 裕希3小堤 和彦4
佐賀大理工1同志社大生命医2総合化学研究機構3立命館大生命4

H1012   5/18   17:15~17:30   H会場  

ホウ酸と低分子アルコール,カルボン酸の錯生成反応と錯体構造

○真瀬田 幹生1宮崎 義信2高椋 利幸3
佐賀大総合分析セ1福教大2佐賀大理工3

第2日  5月19日(日)

H2001   5/19   09:15~09:30   H会場  

メソポーラスシリカMCM-41中に閉じ込めた1,4-ジオキサン-水二成分溶液の熱挙動、構造、ダイナミクス

○山口 敏男1浦部 俊雄1吉田 亨次1橘高 茂治2Fanni Zjuranyi3Marie-Clare Bellissent-Funel4
福岡大理1岡山理大理2ポール・シェラー研3レオン・ブリリアン研4

H2002   5/19   09:30~09:45   H会場  

β-ラクトグロブリンの会合状態に対するアルキルアンモニウム系イオン液体の影響

○吉田 亨次禪院 智寛藤吉 彩子山口 敏男
福岡大理

H2003   5/19   09:45~10:00   H会場  

アセタール保護基の脱着を利用した疎水/親水性スイッチングイオン液体の合成とそのイオン間相互作用

○大久保 晃太白松 勇人上村 明男藤井 健太
山口大院創成科学

H2004   5/19   10:00~10:15   H会場  

種々アルキルアミン軸配位子を有するアセチルアセトン金属(II)錯体の
シラングラフトポリオレフィンの水架橋反応に対する速度論的触媒能評価

○田中 祥平安達 健太
山口大院

H2005   5/19   10:15~10:30   H会場  

酸化チタン微粒子表面に吸着したメルブロミン色素分子の自己会合構造解析

○安達 健太1,2津留 のど佳3
山口大院創成科学1山口大学_光・エネルギー研究セ2山口大理3

H2006   5/19   13:15~13:30   H会場  

ハニカム型基板への複数集光レーザーによる光誘起集合現象の解析

○末廣 泰地1,2,3櫻井 健司2,3山本 靖之1,2,3田村 守1,3山崎 力4石川 弘樹4床波 志保2,3飯田 琢也1,3
大阪府大院理1大阪府大院工2大阪府大LAC-SYS研3(株)村田製作所4

H2007   5/19   13:30~13:45   H会場  

球状分子集合体の界面における物質移動速度のモーメント解析

○宮部 寛志
立教大理

H2008   5/19   13:45~14:00   H会場  

プラズモン誘起電荷分離における電子輸送距離の効果:銀ナノタワーによる分析

○立間 徹小野塚 頌人
東大生研

H2009   5/19   14:15~14:30   H会場  

複光束サニャック干渉法による反磁性w/oマイクロエマルションの磁気応答の観測

○渡會 仁Xing, Zilu
阪大INSD

H2010   5/19   14:30~14:45   H会場  

マイクロメートル界面のミリ秒時間分解張力測定

○曽根 ゆり1遠藤 拓也2石川 京平2福山 真央1火原 彰秀1
東北大学多元物質科学研究所1東京工業大学理学院2

H2011   5/19   14:45~15:00   H会場  

超臨界メタノール分解-MALDI-MSによるポリブチレンテレフタレートの安定化反応解析

○大谷 肇1栗本 将宏1阿久津 裕明2川口 邦明2渡辺 一史2
名工大1ポリプラスチックス2

H2012   5/19   15:00~15:15   H会場  

自立型脂質二重膜の膜張力・流動性におけるコレステロール濃度・浸透圧の効果

○野本 知理1高橋 昌裕1藤井 拓也1Luca Chiari1豊田 太郎2藤浪 眞紀1
千葉大院工1東大院総合文化2

I会場

第1日  5月18日(土)

I1001   5/18   09:30~09:45   I会場  

キャピラリー電気泳動によるエキソソーム膜タンパク質CD63の定量

○谷 夢希1Romain CKC2金田 隆1
岡山大院自然1トゥールーズ国立工科大2

I1002   5/18   09:45~10:00   I会場  

鋳型縮合によるペプチドアプタマーの創製

○山下 奈祐窪田 博愛金田 隆
岡山大院自然

I1003   5/18   10:00~10:15   I会場  

Phos-tag結合型光硬化性アクリルアミドによるリン酸化化合物のオンライン特異的濃縮・標識とマイクロチップ電気泳動分離

○山本 佐知雄矢野 祥子増田 誠子木下 充弘鈴木 茂生
近大薬

I1004   5/18   10:15~10:30   I会場  

キャピラリー電気泳動を用いた低分子-核酸相互作用ハイスループットスクリーニング

○末吉 健志西野 智哉遠藤 達郎久本 秀明
阪府大院工

I1005   5/18   14:30~14:45   I会場  

マルチ・チャンネル吸光検出器(MCAD)を用いるフロー化学分析におけるSchlieren効果の補償法

Hakim, Lukman1樋口 慶郎2○本水 昌二3金田 隆4鈴木 保任5
Brawijaya Univ. Dept.Chem.1Ogawa&Co., MGC JAPAN2岡山大インキュベーター3岡山大院自然4山梨大生命環境5

I1006   5/18   14:45~15:00   I会場  

アルフッソンを用いる排水中ふっ化物イオンのSIA

Nichapat Chunin1,2Supasit Hirunsak1,3大野 慎介4林 則夫4村上 博哉1Chongdee Thammakhet-Buranachai2Weena Siangproh3Proespichaya Kanatharana2○手嶋 紀雄1
愛知工大1Prince of Songkla Univ.2Srinakharinwirot Univ.3三菱ケミカルアナリテック4

I1007T   5/18   15:15~15:45   I会場   【テクノレビュー(口頭)】

LC/MS分析のための適切な固相の選択と、最新前処理手法の紹介

○太田 茂徳古庄 義明
ジーエルサイエンス株式会社

I1008   5/18   15:45~16:00   I会場  

表面気泡変調液体クロマトグラフィーによるアセトニトリル水溶液/C18シリカ界面における物質分離機構の解析
-界面における物質分布におよぼす溶媒組成の影響の解明-

○中村 圭介生形 竜介水野 恒齋藤 伸吾渋川 雅美
埼玉大院理工

I1009   5/18   16:00~16:15   I会場  

金属ー有機構造体[Fe3OF(H2O)2(C9H3O6)2] を固定相とする
液体クロマトグラフィーにおける保持機構のスイッチング

吉川 真帆○半田 友衣子齋藤 伸吾渋川 雅美
埼玉大院理工

I1010   5/18   16:30~16:45   I会場  

液体クロマトグラフィーにおける同位体分離機構の解明

○金尾 英佑内藤 豊裕久保 拓也大塚 浩二
京大院工

I1011   5/18   16:45~17:00   I会場  

DNPH誘導体化/HPLC法によるカルボニル化合物一斉分析の検討

○齊藤 幸1堀切 智2
近江オドエアーサービス1野村化学2

I1012   5/18   17:00~17:15   I会場  

液体クロマトグラフィーを用いるアミロイドβタンパク質凝集体の分離分析

○朝本 紘充1長嶋 恭介2中釜 達朗1齊藤 和憲1南澤 宏明1
日大生産工1日大院生産工2

I1013   5/18   17:15~17:30   I会場  

向流クロマトグラフィーによるタンパク質分離における隔室チューブのハイピッチ多層コイルを巻きつけた楕円型カラムの分離効率

○四宮 一総1武田 知也1在間 一将1張替 直輝1戸倉 幸治2伊東 洋一郎3
日大薬1日大理工2米国NIH3

第2日  5月19日(日)

I2001S   5/19   09:30~10:00   I会場   【依頼講演:2.キラル分析による新しい医療、生体、食品研究の展開】

GC-MSとMosher試薬を用いたDL-アミノ酸の分別定量

○長谷川 弘
東京薬大薬

I2002S   5/19   10:00~10:30   I会場   【依頼講演:2.キラル分析による新しい医療、生体、食品研究の展開】

タンパク質内でのアミノ酸残基の老化:高速キラル分析と生体機能への影響

○定金 豊
鈴鹿医療大薬

I2003S   5/19   13:15~13:45   I会場   【依頼講演:2.キラル分析による新しい医療、生体、食品研究の展開】

多次元HPLCを用いる内在性微量キラルアミノ酸分析と医療応用

○古賀 鈴依子1三田 真史2吉田 秀幸1能田 均1浜瀬 健司3
福岡大薬1資生堂2九大院薬3

I2004S   5/19   13:45~14:15   I会場   【依頼講演:2.キラル分析による新しい医療、生体、食品研究の展開】

誘導体化技術を駆使した高感度かつ高精度なキラルメタボロミクス

高山 卓大水野 初豊岡 利正○轟木 堅一郎
静岡県大薬

I2005   5/19   14:30~14:45   I会場  

三次元HPLCを用いる地球外試料中のキラルアミノ酸分析

○古庄 仰1秋田 健行1三田 真史2奈良岡 浩3浜瀬 健司1
九大院薬1資生堂2九大院理3

I2006   5/19   14:45~15:00   I会場  

疎水性アミノ酸を対象とする三次元キラルHPLC分析法の開発

○田中 優光1秋田 健行1三田 真史2浜瀬 健司1
九大院薬1資生堂2

I2007   5/19   15:00~15:15   I会場  

高性能二次元キラルHPLCを用いるヒト血中D-Serの迅速分析

○吉岡 夏輝1石郷 翔人2秋田 健行1三田 真史2浜瀬 健司1
九大院薬1資生堂2

J会場

第1日  5月18日(土)

J1001   5/18   09:30~09:45   J会場  

Michael付加反応を利用した四分岐高分子のイオンゲル網目形成の反応速度論:Li電池用ゲル電解質への応用

○松浦 沙樹韓 智海藤井 健太
山口大院創成科学

J1002   5/18   09:45~10:00   J会場  

嵩高い不燃性溶媒を用いた超濃厚電解液の構造-電極反応相関とそれに及ぼす中性配位子の添加効果

○澤山 沙希1Yanko, Todorov1三村 英之2藤井 健太1
山口大院創成科学1東ソーファインケム2

J1003   5/18   10:00~10:15   J会場  

四級ホスホニウム型イオン液体を用いたLiイオン電池用電解液中におけるポリエチレングリコール鎖の溶存構造解析

○柴田 雅之上山 祐史藤井 健太
山口大院創成科学

J1004   5/18   10:15~10:30   J会場  

貴金属を用いない高性能燃料電池/水分解触媒のデザインと電気化学分析

○中嶋 直敏Jun YangJufang Cheng
九州大学

J1005S   5/18   14:30~15:00   J会場   【依頼講演:4.ガスセンサの新展開】

低温作動可能な接触燃焼式COガスセンサ

○田村 真治
阪大院工

J1006S   5/18   15:00~15:30   J会場   【依頼講演:4.ガスセンサの新展開】

ダイオードデバイスによるガスセンシング

○兵頭 健生清水 康博
長崎大院工

J1007S   5/18   15:45~16:15   J会場   【依頼講演:4.ガスセンサの新展開】

酸化グラフェンを用いた電気化学的ガスセンシング

○木田 徹也1Aynul Sakinah2Nur Laila Hamidah2新谷 雅貴2
熊大院先端1熊大院自然2

J1008S   5/18   16:15~16:45   J会場   【依頼講演:4.ガスセンサの新展開】

ジルコニアを用いる起電力式ガスセンサの電極被膜の効果

○板垣 吉晃
愛大院理工

産業界R&D紹介ポスター(一般公開) P会場

第1日  5月18日(土)

P1101S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

包装容器分野における分光分析の活用

○小沼 弥和子平川 叙夫細野 寛子
東洋製罐GHD綜研

P1102S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

理研計器のその場分析装置(大気中光電子収量分光装置/可搬型複合X線分析装置)

○山下 大輔
理研計器

P1103S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

旭化成(株)の研究開発における解析技術の役割 -X線散乱実験による高分子構造解析-

廣澤 和○菊間 淳
旭化成(株)

P1104S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

X線CT技術を利用した製品開発業務への貢献

○松永 由可里田中 藍筒井 拓也柿澤 恭史
ライオン

P1105S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

質量分析を利用したリチウムイオン電池の分析事例

○阿部 吉雄佐藤 孝司八幡 行記佐々木 義和
JEOL

P1106S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

SFC-LC-MSを用いた非イオン界面活性剤の二次元分離

○渡部 悦幸藤戸 由佳早川 禎宏
島津

P1107S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

シリカモノリスの分離媒体としての特徴と応用事例

○太田 茂徳古庄 義明
ジーエルサイエンス株式会社

P1108S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

郵送型検査キットによる体臭測定と、その応用によるバイオマーカー探索

○石田 翔太1稲川 有徳2関本 奏子3
オドレート1宇都宮大院工2横浜市大3

P1109S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

GC-TOFMS/FTIRを用いた食品香料分析法の紹介

○羽田 三奈子1Albino Sironi2
アナリティクセンス1DANI Analitica2

P1110S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

サステナブルなガスクロマトグラフィー用多孔質シリカ担体の特性と
液体クロマトグラフィーへの展開

○小林 宏資和田 啓男
信和化工

P1111S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

花王の研究開発を加速する解析研究

○井上 滋登
花王 解析科学研

P1112S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

東芝における分析技術開発

○沖 充浩
東芝研開セ

P1113S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

高機能材料の設計を先導するナノ解析技術

○名越 正泰北原 保子猪瀬 明槇石 規子着本 享
JFEテクノリサーチ

P1114S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

添加剤データベース -Compound Search- を用いた高分子材料中添加剤の簡便同定

○竹井 千香子吉沢 賢一
バイオクロマト

P1115S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

富士フイルムにおける異物分析事例(2) LC/MS × 多変量解析による異物要因不純物のノンターゲット分析

○波多野 成児井上 拓也井野 雄介
富士フイルム 解析技術センター

P1116S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

炭素繊維強化ポリアミド樹脂の熱劣化に及ぼす繊維長の影響

○八木 謙一福本 圭子岡本 一夫井上 雅枝
豊田中研

P1117S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

富士フイルムにおける異物分析事例(1) -膜中に埋もれた微小および薄膜状有機異物の解析-

○加瀬澤 邦浩鈴木 真由美
富士フイルム 解析技術センター

P1118S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

医薬品の研究開発全ての基礎となる分析化学の紹介

○柿田 穣
エーザイ メディスン開発セ 分析研

P1119S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

生命科学のためのピペットチップ型自動センシングシステムの開発

○志村 宣明1鵜嶋 善久1高野 恵里2竹内 俊文2濱田 和幸1
システム・インスツルメンツ1神戸大院工2

P1120S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

シスメックス(株)において期待されるバイオ診断薬技術センターの分析部門の役割

○中原 真佐藤 晴哉一口 毅
シスメックス

P1121S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

化粧品開発研究への電子顕微鏡の応用

山下 美香○安田 純子畑 毅
(株)コーセー 研究所

P1122S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

BCPの事前対策(耐震固定)による受託研究機関の企業価値向上事例

○加藤 恒雄小林 英治
セノ耐震事業部

P1123S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

新規ビジネス創出に向けた新しいアミノ酸分析法の開発

○山口 浩輝巽 萌美髙橋 一敏水越 利巳宮野 博
味の素(株)

P1124S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

産業界における様々な技術的課題をサポートする島津テクノリサーチの分析技術紹介

○奥村 毅
島津テクノ

P1125S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

研究者をサポートする試薬メーカーとして

○早川 昌子昆 亮輔
富士フイルム和光純薬(株)

P1126S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

AGCにおける分析科学チームのミッションと分析事例

○西條 佳孝山本 雄一
AGC先端研

P1127S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

ワンストップ型技術的課題解決窓口としての分析・解析よろず相談「分析NEXT」の活動と事例紹介

○吉原 大輔一丸 恵子王 胖胖山本 竜広山田 淳川畑 明
九州先端研

P1128S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

日産化学の研究開発をリードする先端分析研究

○松原 功達川島 光善
日産化学株式会社

P1129S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

地域発イノベーション創出環境の構築を目指す「ふくおか産学共創コンソーシアム」の紹介

○山本 竜広吉原 大輔一丸 恵子王 胖胖川畑 明山田 淳
九州先端研

P1130S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

キリン(株)基盤技術研究所の先端高度分析化学について

楊箸 爽○門田 智之
キリン基盤研

P1131S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

開発をリードするためのon-site高速イメージング技術
-インクジェット画像形成メカニズム解析を中心に-

浜本 貴紀○宮下 陽介
富士フイルム 解析技術センター

P1132S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

味の素(株)の研究開発をリードするアミノ酸分析技術

○唐川 幸聖原田 真志岩畑 大悟中山 聡
味の素

P1133S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

出光興産の研究開発における分析・解析の役割

○八百 篤史友池 和浩
出光興産次世代技術研究所

P1134S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

「高度な技術で社会に貢献する」、受託分析・研究サポート

○竹澤 正明
(株)東レリサーチセンター

P1135S   5/18   13:15~14:15      【産業界R&D紹介ポスター(一般公開)】

FcRⅢA分取カラムを用いた抗体医薬品の分離とN型糖鎖構造解析

○谷本 典之横山 祐介榎本 愛子櫻井 萌
東ソー分析セ

若手講演ポスター Y会場

第1日  5月18日(土)

Y1001   5/18   10:45~11:45     

大気圧マイクロプラズマによる水素燃料ガス分析装置の開発
〜イオウ不純物分析における試料濃縮およびプラズマ励起条件の最適化〜

○御船 星1石田 魁1岡田 将太1倉田 千聖1岩井 貴弘1松田 敬子2森川 正己3宮原 秀一4沖野 晃俊5千葉 光一1
関学大理工1ヤナコ計測2エスアンドエー・ラボ3東大院理4東工大未来研5

Y1002   5/18   10:45~11:45     

多重検出器型ICP質量分析計を用いたコアシェルナノ粒子の元素分析と構造解析

○山下 修司1石田 未来2鈴木 敏弘1關根 理沙子2平田 岳史1
東大院理1TDK2

Y1003   5/18   10:45~11:45     

走査型透過X線顕微鏡による炭素繊維内部の配向分布の可視化

○原野 貴幸1,3,4臼井 雅史1大東 琢治2,4武市 泰男3,4中川 淳一1禰宜 教之1村尾 玲子1木村 正雄3,4
日本製鉄㈱1分子研UVSOR2高エネ研PF3総研大4

Y1004   5/18   10:45~11:45     

キサンテン系色素と金属を用いるSe(IV)吸光光度分析法の開発について

○別所 蓉子1藤田 芳一1,2,3山口 敬子1
阪薬大1サエラ薬局2大阪信愛女学院3

Y1005   5/18   10:45~11:45     

塩添加による金ナノ粒子凝集過程の実時間観測

○冨永 康樹座古 保朝日 剛
愛媛大院理工

Y1006   5/18   10:45~11:45     

SERS法による微量酵素反応の生成物評価法:アセチルコリンエステラーゼを例として

○山口 洋1竹井 弘之2,3
東洋大院生命1東洋大生命科学部2東洋大バイオナノ研究センター3

Y1007   5/18   10:45~11:45     

凍結によるラマン分光の高感度化

○福永 悠原田 誠岡田 哲男
東工大理学院

Y1008   5/18   10:45~11:45     

凍結水溶液での光励起状態におけるプロトン移動

○武藤 智也原田 誠福原 学岡田 哲男
東工大理学院

Y1009   5/18   10:45~11:45     

含水PVAcにおける温度依存赤外スペクトルのMCR解析

○榊原 祐人森田 成昭
阪電通大院工

Y1010   5/18   10:45~11:45     

主成分分析による胃がんおよび通常組織のラマンスペクトル解析

○高橋 格赤間 佑希沼田 靖田中 裕之
日大工

Y1011   5/18   10:45~11:45     

蛍光共鳴エネルギー移動を用いた温度応答性脂質ナノエマルションと血清アルブミンとの相互作用の解析

○星野 有香長岡 亜佐実武上 茂彦小西 敦子北出 達也
京都薬大

Y1012   5/18   10:45~11:45     

エタノール溶液でのニトロアレンの蛍光増強反応

○布施 諒1藤巻 康人2柳下 真由子3大島 茂1西垣 敦子1
東邦大学理1都立産技研2県立広島大学生命環境3

Y1013  講演中止

 

 

Y1014   5/18   10:45~11:45     

CWレーザーを用いたタンパク質溶液の固形化と膜成長

○齋藤 大輝井上 高教
大分大理工

Y1015   5/18   10:45~11:45     

ラマン分光法による炎症皮膚の識別

○藤原 英里奈井上 高教
大分大理工

Y1016   5/18   10:45~11:45     

光ファイバを使ったラマン・蛍光測定による金属表面の分析

○姫野 敏充井上 高教
大分大理工

Y1017   5/18   10:45~11:45     

水溶液中の温度応答性高分子の光捕捉と相分離構造の分光分析

藤原 華代○陸 潔松本 充央東海林 竜也坪井 泰之
阪市大院理

Y1018   5/18   10:45~11:45     

光捕捉された単一マイクロカプセルからの試薬放出のリアルタイムモニタリング

○飯田 京子東海林 竜也坪井 泰之
阪市大院理

Y1019   5/18   10:45~11:45     

Siナノ構造を用いた新奇光ピンセットによるDNAの高効率捕捉と蛍光観察

○高尾 亮太1東海林 竜也1Saulius Juodkazis2Denver Linklater2坪井 泰之1
阪市大院理1Swinburne Univ. Tech.2

Y1020   5/18   10:45~11:45     

エネルギー分散型及び波長分散型分光による蛍光X線イメージング装置の試作

○尾関 凌太山内 葵辻 幸一
阪市大院工

Y1021   5/18   10:45~11:45     

X線回折法と走査型電子顕微鏡及び高分解能X線光電子分光法による金-アルミニウム合金の表面プラズモン共鳴に関する基礎研究

○奈須 慎太朗1有田 隆陽1満塩 勝1肥後 盛秀1久保 臣悟2
鹿児島大院理工1鹿児島大機器分析セ2

Y1022   5/18   10:45~11:45     

共焦配置による蛍光X線内部解析法の基礎研究

○園田 将太1中野 ひとみ1,2辻 幸一1
大阪市立大学工1堀場製作所2

Y1023   5/18   10:45~11:45     

マグネシウム地金・合金の高精度なスタンダードレスEDX定量

○松田 渉1森川 敦史1大渕 敦司1森山 孝男1中村 利廣1,2
㈱リガク1明大理工2

Y1024   5/18   10:45~11:45     

19F-NMRと蛍光偏光解消法を用いた温度応答性脂質ナノエマルションの脂質流動性の解析

○長岡 亜佐実星野 有香武上 茂彦小西 敦子北出 達也
京都薬大

Y1025   5/18   10:45~11:45     

電気透析型イオン抽出デバイスを用いる有機ヒ素及び無機ヒ素の分離

○丸山 洋平1大平 慎一2小﨑 大輔1森 勝伸1
高知大院理1熊本大院先端2

Y1026   5/18   10:45~11:45     

ルテニウム修飾金ナノ粒子固定化電極による糖の電気化学的検出

○吉澤 賢太郎岸 弓乃橋本 剛遠藤 明早下 隆士
上智大理工

Y1027   5/18   10:45~11:45     

コバルト導入タングスト硫酸錯体の電気化学的酸化還元挙動

○東 慎也1長谷川 拓哉2Si-Xuan Guo3Jie Zhang3Alan Bond3上田 忠治2
高知大理1高知大農林海洋2Monash Univ.3

Y1028   5/18   10:45~11:45     

インジウム-スズ酸化物薄膜を電解還元して作製した微小電極の電気化学特性

○井ノ崎 玲央奈1窪田 慎太郎2鈴木 雅登1安川 智之1
兵庫県大院物質理1兵庫県大産学連携2

Y1029   5/18   10:45~11:45     

プラスチックフォームドカーボン電極を用いた Ni(Ⅱ) の電気化学分析

○横谷 憲糟野 潤
龍谷大理工

Y1030   5/18   10:45~11:45     

電極汚染性分子の電気化学検出を目的としたスパッタカーボン薄膜電極の表面電荷制御法の開発

○太田 早紀1芝 駿介1矢嶋 龍彦1鎌田 智之2加藤 大2丹羽 修1
埼玉工大1産総研2

Y1031   5/18   10:45~11:45     

重合度の異なるPVC膜材料を用いた硝酸ISFETsのセンサ特性

○金時 卓哉1,2大﨑 脩仁2,3森内 隆代1脇田 慎一2,3,4
阪工大工1産総研・先端フォトバイオ2神戸大院人間発達3阪大院工4

Y1032   5/18   10:45~11:45     

色素分子膜の微小領域における匂いガスによる変化の解明

○張 瑾瑜井上 高教
大分大理工

Y1033   5/18   10:45~11:45     

PTFEビーズ混合テフロンAF1600またはAF2400選択膜被覆金蒸着ガラス棒SPRセンサーの応答特性に関する研究

○今村 彰宏満塩 勝肥後 盛秀
鹿児島大院理工

Y1034   5/18   10:45~11:45     

匂いセンサを利用した色変化による複合臭検出

○大塚 悠椰井上 高教
大分大理工

Y1035   5/18   10:45~11:45     

餌の香気成分に対する昆虫触覚の電位差応答の検出

○佐伯 健太郎1大平 慎一2戸田 敬2
熊本大院自然1熊本大院先端2

Y1036   5/18   10:45~11:45     

ボロン酸型プローブ/デンドリマー複合体による細菌検出におけるベタイン導入効果

○与安 明日香喜多村 文池野 知橋本 剛早下 隆士
上智大理工

Y1037   5/18   10:45~11:45     

電磁誘導法による無接点給電システムを用いたルミノール/過酸化水素系電気化学発光挙動

○田中 竜太郎森角 祐馬金 継業髙橋 史樹
信州大理

Y1038   5/18   10:45~11:45     

ESI-MSを用いたTOPO抽出時におけるランタノイドの化学形態の解明

○小川 祥平田中 美穂
東京海洋大院

Y1039   5/18   10:45~11:45     

μ-TAS用微小プラズマ励起源のためのインバータ電源開発と特性評価

○吉田 真優子1末永 祐磨1青木 元秀2沖野 晃俊1
東京工業大学未来産業技術研究所1東薬大院生科2

Y1040   5/18   10:45~11:45     

ミクロスケール電気泳動に基づく濃縮・混合・分離を利用した酵素反応初速度測定法の開発

○高尾 隼空遠藤 達郎久本 秀明末吉 健志
阪府大院工

Y1041   5/18   10:45~11:45     

222 nm光源による光化学反応を用いた硝酸・亜硝酸イオンの高感度分析法開発

○久保 翔太郎児玉谷 仁神崎 亮冨安 卓滋
鹿児島大院理工

Y1042   5/18   10:45~11:45     

電気化学検出HPLCによるアルカプトン尿症モデルラットの尿中ホモゲンチジン酸の定量

○貴志 拓歩1,2小谷 明1梅村 知也2袴田 秀樹1
東薬大薬1東薬大生命2

Y1043   5/18   10:45~11:45     

HPLC-ICP-MSを用いた亜硫酸の高感度定量法の開発

○中村 舞谷水 雅治
関西学院大理工

Y1044   5/18   10:45~11:45     

キャピラリーゾーン電気泳動法を用いた易分解性フラビン誘導体の酸解離平衡解析

○谷上 裕紀1田上 拓磨1荒川 幸弘2水口 仁志2高柳 俊夫2
徳島大院先端技科1徳島大院社会産業理工2

Y1045   5/18   10:45~11:45     

キャピラリー電気泳動法によるグルタミン酸から合成した水溶性カーボンナノドットのキャラクタリゼーション

○岩崎 颯太1矢部 駿2森田 耕太郎2平山 直紀2水口 仁志3高柳 俊夫3
徳島大院先端技科1東邦大理2徳島大院社会産業理工3

Y1046   5/18   10:45~11:45     

低分子認識アプタマーのキャピラリー分子ふるい電気泳動に基づく高効率選抜法の開発

○和田 将英1西野 智哉2遠藤 達郎2久本 秀明2末吉 健志2
阪府大工1阪府大院工2

Y1047   5/18   10:45~11:45     

超微量放射性金属のインラインカウンターイオン置換

○宮地 凌摩1山崎 直亨2須郷 由美3石岡 典子3森 勝伸4大平 慎一5戸田 敬5
熊本大院自然1群馬大理工2量研3高知大理工4熊本大院先端5

Y1048   5/18   10:45~11:45     

芳香族エーテルを溶媒としたカリックス[6]アレーン酢酸誘導体におけるアミノ酸エステルの抽出挙動

○浅野 迅矢1大島 達也2大渡 啓介3
宮崎大工1宮崎大工2佐賀大院工3

Y1049   5/18   10:45~11:45     

超分子型固相抽出剤のモノリスカラムを用いた環境水中鉛イオンの分離分析

○湯之下 航季1中窪 圭祐1宮口 真帆1Rahman Ismail Md. Mofizur2古庄 義明3真塩 麻彩実4牧 輝弥4長谷川 浩4
金沢大院自然1福島大理工2GLサイエンス3金沢大理工4

Y1050   5/18   10:45~11:45     

テノイルトリフルオロアセトンを用いるキレート抽出における添加剤としてのイミダゾリウム型イオン液体の効果

○丸岡 由佳森田 耕太郎平山 直紀
東邦大理

Y1051   5/18   10:45~11:45     

イミダゾリウム型イオン液体抽出系における抽出剤としての1-メチルイミダゾールの特性

○鳥羽 優美香森田 耕太郎平山 直紀
東邦大理

Y1052   5/18   10:45~11:45     

分散微粒子抽出法(2)― ホルムアルデヒドの比色分析における呈色試薬と目的成分の微粒子への吸着挙動と色調変化 ―

○小濵 望1岡崎 琢也2佐澤 和人1波多 宣子1倉光 英樹1田口 茂1
富山大院理工(理)1明治大理工2

Y1053   5/18   10:45~11:45     

Saddle型CTV誘導体の創製および金属イオン識別能の評価

森内 隆代○松原 昌大藤森 啓一
阪工大工

Y1054   5/18   10:45~11:45     

外部刺激応答型ベンゼントリアミドの創製およびその必須アミノ酸に対する識別能評価

森内 隆代○河村 陸藤森 啓一
阪工大工

Y1055   5/18   10:45~11:45     

含窒素環状コバルト錯体をイオノフォアとするイオン選択性電極のアニオン識別能評価

森内 隆代○鳥越 なつみ藤森 啓一
阪工大工

Y1056   5/18   10:45~11:45     

ジピコリルアミン型蛍光プローブ導入べシクル複合体の設計とイオン認識機能評価

○海老沢 優遠藤 美和橋本 剛早下 隆士
上智大理工

Y1057   5/18   10:45~11:45     

表面にアミノ基を有するシクロデキストリンナノゲルの設計と包接機能評価

○竹内 聡弥相馬 涼佳橋本 剛早下 隆士
上智大理工

Y1058   5/18   10:45~11:45     

種々のo-アゾフェニルホウ素化合物によるフッ化物イオンのセンシング

○池田 あゆみ1鈴木 陽太1菅谷 知明2石原 浩二1
早大院先進理工1千葉工大工2

Y1059   5/18   10:45~11:45     

アルギニン及びその塩とリンゴ酸からなる共融液体の創製と生成機構解明

○河村 建高椋 利幸梅木 辰也
佐賀大院工

Y1060   5/18   10:45~11:45     

VXのバイナリー合成の可能性に関する計算化学的考察

○大塚 麻衣1,2,3宮口 一1内山 真伸2,3
科警研1東大院薬2理研3

Y1061   5/18   10:45~11:45     

イオン液体中における均一網目イオンゲルの反応速度論とその力学・電気化学特性

○石川 明日美藤井 健太
山口大院創成科学

Y1101   5/18   13:15~14:15     

マイクロ粒子の超音波浮揚を用いた複数miRNAの同時定量

○宮川 晃尚原田 誠岡田 哲男
東工大理院

Y1102   5/18   13:15~14:15     

細孔拡張されたメソポーラスシリカナノ粒子の合成とタンパク質の吸着

○中村 育美吉田 亨次山口 敏男
福岡大理

Y1103   5/18   13:15~14:15     

逆ミセルのキャラクタリゼーションとその特性を利用した分離への展開

○堺 陽奈子原田 誠岡田 哲男
東工大 理学院

Y1104   5/18   13:15~14:15     

サブミリバブル模倣型基板を用いた光誘起集合によるバイオ分析技術の開拓

○林 康太1,2,3山本 靖之1,2,3大橋 かるな1,2,3田村 守1,3床波 志保2,3飯田 琢也1,3
大阪府大院理1大阪府大院工2大阪府大LAC-SYS研3

Y1105   5/18   13:15~14:15     

Siナノ構造を用いた新奇光ピンセットによる高分子ナノ粒子のサイズ選択的捕捉

○橋本 早耶香1永井 達也1東海林 竜也1Saulius Juodkazis2坪井 泰之1
阪市大院理1Swinburne University of Technology2

Y1106   5/18   13:15~14:15     

相模湾に分布するサメ類の脊椎の元素マッピングに対する試み

○風間 仁美1高橋 和也2根本 雅生1田中 美穂1
東京海洋大院1理研2

Y1107   5/18   13:15~14:15     

大気粒子や雲水中イミダゾール類のHPLC-MS/MSによる検出

○和泉 椋1光石 夏澄1平 美咲1大平 慎一2大力 充雄3大河内 博3戸田 敬2
熊本大院自然1熊本大院先端2早大院創造理工3

Y1108   5/18   13:15~14:15     

海水および大気中ジメチル硫黄化合物の河口域・閉鎖海域・外洋にまたがる濃度推移の船上観測

○田嶋 晃也1岡根 大記1前園 青也1佐伯 健太郎1阿部 洸大1大平 慎一2戸田 敬2
熊本大院自然1熊本大院先端2

Y1109   5/18   13:15~14:15     

火山礫・灰や土壌に含まれる揮発性硫黄成分の分析

○前園 青也1佐伯 健太郎1溝口 俊介1大平 慎一2大河内 博3戸田 敬2
熊本大院自然1熊本大院先端2早大院創造理工3

Y1110   5/18   13:15~14:15     

化学的前処理法を用いた大型藻類中微量元素の化学形態別分析と取り込み挙動の解析

○林 周平1小杉 知佳3大浦 雅陽1大森 圭記1真塩 麻彩実2牧 輝弥2長谷川 浩2
金沢大院自然1金沢大理工2新日鐡住金3

Y1111   5/18   13:15~14:15     

HPLC-ICP-MSを用いた多田銀銅山周辺河川における環境試料中Asの形態別分析

○森 大地1一ノ瀬 陸1今西 綾乃1栗原 浩貴1岡本 淳1岩井 貴弘1成川 知弘2壷井 基裕1千葉 光一1
関学理工1産総研2

Y1112   5/18   13:15~14:15     

塩と水の共晶の融解過程に注目した微量成分濃縮法-磁場印加の影響-

○荒井 健西本 右子
神奈川大理

Y1113   5/18   13:15~14:15     

電解水中の活性酸素種と活性酸素消去活性

○杉原 敏雄西本 右子
神奈川大理

Y1114   5/18   13:15~14:15     

フッ素汚染土壌に対するキレート剤を用いた化学的洗浄法

○谷本 篤彦1澤井 光3齋藤 誠1石井 健斗1真塩 麻彩実2牧 輝弥2長谷川 浩2
金沢大学院自然1金沢大学理工2茨城高専3

Y1115   5/18   13:15~14:15     

The analysis of nitroarenes formed by secondary atmospheric processes in the Japanese freshwater environment using HPLC-fluorescence

○Nagato, GouHayakawa, Kazuichi
金沢大学、環日本海環境研究センター

Y1116   5/18   13:15~14:15     

Environmental analysis of pollutants at coasts around Tokyo Bay, and development of a biodegradation method using microorganisms isolated from marine environment

○Michel GrimbergenAtsuko Nishigaki
Toho University Faculty of Science

Y1117   5/18   13:15~14:15     

原子スペクトル分析法による都市ごみ焼却飛灰中鉛化合物の溶出挙動把握

○高橋 朋基1水沼 丈也1笠利 実希1小池 裕也2
明治大院理工1明治大理工2

Y1118   5/18   13:15~14:15     

ネイティブ電気泳動法を用いる植物ポリフェノールの会合性評価

○前迫 一輝豊島 亮太坂本 裕香石井 剛志
神戸学院大・栄養

Y1119   5/18   13:15~14:15     

含水量を変化させた燃料電池用固体高分子膜NafionのパルスNMRを用いる評価法の開発

森内 隆代1○阪口 雄一1浦濱 圭彬2
阪工大工1兵庫県大院工2

Y1120   5/18   13:15~14:15     

サイズ排除クロマトグラフィーを利用した金属担持リグニンの分子量分析

○生田 雄己小﨑 大輔森 みかる森 勝伸
高知大院理

Y1121  講演中止

 

 

Y1122   5/18   13:15~14:15     

HRPの増感反応による膜タンパク質の高感度検出のための蛍光性基質の開発
織田、本部、川村、岸村、森、片山

○織田 剛史1本部 大輝1川村 真朱美1岸村 顕広1,2森 健1,2片山 佳樹1,2
九大院工1九大院システム生命2

Y1123   5/18   13:15~14:15     

膜タンパク質の高感度検出のための酵素増感可能な蛍光性基質の開発 2.低疎水性分子

○小野 啓一郎1本部 大輝1岸村 顕広1,2森 健1,2片山 佳樹1,2
九大院工1九大院システム生命2

Y1124   5/18   13:15~14:15     

膜タンパク質の高感度検出のための酵素増感可能な蛍光性基質の開発 1.疎水化基質

○吉田 良祐1川村 真朱美1,2岸村 顕広1,2森 健1,2片山 佳樹1,2
九大院工1九大院システム生命2

Y1125   5/18   13:15~14:15     

ペプチド-コラーゲン膜固定化電極による大豆由来タンパク質を検出するセンサの開発

○石崎 空1倉光 英樹2門屋 利彦1菅原 一晴1
前橋工大1富山大院理工(理)2

Y1126   5/18   13:15~14:15     

固定化DNAを介して核酸アプタマーを修飾した金ナノ粒子によるトロンビンタンパク質の検出

○吉村 健1矢野 湧暉1矢野 雄暉1小川 敦司2前田 瑞夫3朝日 剛1古性 均4齋藤 伸吾5吉本 敬太郎6座古 保1
愛媛大院理工1愛媛大PROS2理研3日産化学4埼玉大院理工5東京大院総文6

Y1127   5/18   13:15~14:15     

Nile Redを導入した両親媒性αヘリックス構造を有するペプチドプローブの開発とエクソソーム解析への応用

○桑原 和貴最上 絢太佐藤 雄介西澤 精一
東北大院理

Y1128   5/18   13:15~14:15     

ナフチリジン擬塩基を導入した三重鎖形成性ペプチド核酸の設計と機能評価

○市川 雄基田邊 貴昭佐藤 雄介西澤 精一
東北大院理

Y1129   5/18   13:15~14:15     

温度・pH応答性高分子ミセルの創製とがん治療への応用

○相原 佳真1勝山 直哉1蛭田 勇樹2長瀬 健一1金澤 秀子1
慶大薬1慶大理工2

Y1130   5/18   13:15~14:15     

高輝度蛍光ナノエマルジョンの作製と細菌検出への応用

○関田 慎也1山下 智史2齋藤 愛梨1仁子 陽輔2波多野 慎悟2渡辺 茂2
高知大院理1高知大理工2

Y1131   5/18   13:15~14:15     

金ナノ粒子を消光剤としたモレキュラービーコン型DNAモノコンジュゲートの作製

○向田 茜1秋山 好嗣2上村 真生1,3
東理大基礎工1東理大基礎工教養2東理大IFC3

Y1132   5/18   13:15~14:15     

立体構造の異なるランダムDNAサブライブラリーを用いるトロンビン結合型アプタマー選抜

○坂本 寿樹1吉本 敬太郎2渋川 雅美1齋藤 伸吾1
埼玉大院理工1東大院総合文化2

Y1133   5/18   13:15~14:15     

生体内RNA定量可視化を志向した新規発光プローブの開発

○江口 正敏吉村 英哲小澤 岳昌
東大院理

Y1134   5/18   13:15~14:15     

三本鎖形成により誘起されたG-quadruplex構造によるがん細胞特定タンパク質発現抑制システムの開発

○高橋 直己勝田 陽介吉田 啓汰井原 敏博
熊本大院先端

Y1135   5/18   13:15~14:15     

フローデバイスを用いたフルオレセイン振動化学発光

○池田 晋吾1真栄城 正寿2石田 晃彦2谷 博文2渡慶次 学2
北海道大学大学院総合化学院1北海道大学大学院工学研究院2

Y1136   5/18   13:15~14:15     

光反応を利用した金ナノロッド合成過程のその場分光分析

○香西 竣太西山 嘉男永谷 広久井村 久則
金沢大院自然

一般講演ポスター  P会場

第2日  5月19日(日)

P2001   5/19   10:45~11:45     

アンモニアガスをリアクションガスに用いたレーザーアブレーションICP-MSによるガラス中微量元素の分析

○菅野 直樹
AGC先端研

P2002   5/19   10:45~11:45     

ICP発光分光分析における有機溶媒測定のプラズマ条件の最適化

○橋本 文寿大山 拓也平野 岳史吉田 由紀
アジレント

P2003   5/19   10:45~11:45     

グロー放電質量分析による無機材料中塩素の定量の検討

○高橋 隆子
アメテック

P2004   5/19   10:45~11:45     

日本における頭髪ヒ素分析の問題点

○河合 潤
京大工

P2005   5/19   10:45~11:45     

同軸型光ファイバーピックアップ内臓DBDプラズマ源の応用

○青木 元秀1末永 祐磨2守屋 翔平2梅村 知也1沖野 晃俊2
東京薬大生命1東工大未来研2

P2006   5/19   10:45~11:45     

半導体製造プロセスで使用される薬液中の金属ナノ粒子分析

○島村 佳典1溝渕 勝男1山中 理子2板垣 隆之2
アジレント1アジレントインターナショナル2

P2007   5/19   10:45~11:45     

トリプル四重極ICP-MSによるリアクションセルにおけるアクチニド分子イオンの生成と定量分析への応用

○鹿籠 康行1鈴木 達也2山村 朝雄3阿部 千景4小無 健司4
アジレントテクノロジー1長岡技術科学大学2京都大学複合原子科学研究所3東北大学金属材料研究所4

P2008   5/19   10:45~11:45     

キレート樹脂固相抽出法による3価・6価クロム分別原子吸光分析-第2報

○山本 和子坂元 秀之白崎 俊浩
日立ハイテクサイエンス

P2009   5/19   10:45~11:45     

トリプル四重極ICP-MSによる異なるセルガスにおける酸化物イオンの生成挙動

○中野 かずみ1朱 彦北2鹿籠 康行1
アジレント1産総研物質計測標準2

P2010   5/19   10:45~11:45     

レーザーアブレーション-トリプル四重極ICP-MSによる鉄鋼試料中の主成分元素から極微量元素の一斉分析条件の検討

○黒木 康生1槇納 好岐2平田 岳史2
サーモフィッシャー1東大院理2

P2011   5/19   10:45~11:45     

分子インプリント法を利用したアントシアニン計測用蛍光センサーの開発

山室 麻由子上田 敏久○宗 伸明
佐賀大農

P2012   5/19   10:45~11:45     

3次元蛍光分析及びアミノ酸分析によるワイン品質評価法の検討 第2報

○岩谷 有香成松 郁子堀込 純白崎 俊浩
日立ハイテクサイエンス

P2013   5/19   10:45~11:45     

カルボラン化合物の三次元芳香族性を活用した分子内電荷移動蛍光の観測とその特性

弥永 拓斗1濱崎 浩太朗1瀬戸 邦匡2山本 拓平1江坂 幸宏1,2○宇野 文二1,2
岐阜薬大1岐大院連合創薬医療情報2

P2014   5/19   10:45~11:45     

ソリューションプラズマ法を用いる分散剤を含まない金ナノ粒子分散水溶液調製と表面増強ラマン散乱分光基板への応用

○松田 直樹岡部 博隆
産総研

P2015   5/19   10:45~11:45     

植物の新規in-situ蛍光/プローブ光の偏向計測法の開発

○呉 行正黄 洛玮 洛玮
福工大・工

P2017   5/19   10:45~11:45     

酸化還元反応を伴う過塩素酸アルカリ金属塩の時間分解X線光電子スペクトル

岡本 竜弥○藤原 学
龍谷大理工

P2018   5/19   10:45~11:45     

極低角度入射イオンビームオージェ深さ方向分析による三次元オージェ深さ方向分析の基礎的検討

○荻原 俊弥吉川 英樹
物材機構

P2019   5/19   10:45~11:45     

内部標準法、外部標準法による定量NMR法の含フッ素化合物への適用

○松村 和紀網野 陽介
AGC

P2020   5/19   10:45~11:45     

チオウレア基を有するビチオフェン化学センサーによるアニオンセンシング

○土屋 智誠1原田 誠1岡田 哲男1福原 学1,2
東工大理1JSTさきがけ2

P2021   5/19   10:45~11:45     

金属蒸着ガラス棒センサーの応答機構に関する研究(27);角形ガラス棒による多機能センサー構築のための基礎研究

○満塩 勝1上原 美穂2肥後 盛秀1
鹿児島大院理工1鹿児島大工2

P2022   5/19   10:45~11:45     

明瞭多彩な色調変化を示すホルムアルデヒドガスセンサーの開発

○兼清 泰正1須田 美穂1三谷 裕1薬袋 博信2
北見工大1常光2

P2023   5/19   10:45~11:45     

熱分析によるセルロイドの劣化解析

松岡 史修1大石 不二夫2細井 宜伸3○西本 右子1,2
神奈川大理1神奈川大総理研2(株)リガク3

P2024   5/19   10:45~11:45     

燃焼-イオンクロマト法による塩素測定における試料前処理用具からの汚染の影響

○隅田 隆八幡 美和子
高知工技セ

P2025   5/19   10:45~11:45     

コンドロイチン硫酸由来不飽和二糖のLC-MS/MSによる定量分析法開発

○平井 健吾吉岡 俊暁宮本 靖久鈴木 康司
アサヒグループホールディングス

P2026   5/19   10:45~11:45     

熱脱着・熱分解DART-QTOFMSを用いたグリセライド構成脂肪酸の分析

○吉沢 賢一竹井 千香子
バイオクロマト

P2027   5/19   10:45~11:45     

熱脱着・熱分解DART-MSを用いたポリカーボネートの末端基構造解析

吉沢 賢一1○竹井 千香子1中村 清香2佐藤 浩昭2
バイオクロマト1産総研2

P2028   5/19   10:45~11:45     

有機化合物の迅速スクリーニング分析のためのダイレクトインレットプローブ-マルチイオン化質量分析装置の試作開発

○三島 有二1津越 敬寿2
神戸工業試験場1産総研2

P2029   5/19   10:45~11:45     

イオン付着イオン化質量分析法の化合物間相対感度評価と植物油分析への適用

○藤井 麻樹子1,2田中 春香1三島 有二3津越 敬寿4
横国大院環境情報1JSTさきがけ2神戸工業試験場3産総研4

P2030   5/19   10:45~11:45     

日焼け止め中紫外線吸収剤のASAP-MS分析

○中村 沙織岩下 美悠岡元 美樹高田 誠高井 伸彦大庭 義史
長崎国際大薬

P2031   5/19   10:45~11:45     

Organ-on-a-chip技術で構築した組織界面のナノスケールイメージングに向けた基礎検討

阿部 充里1○梨本 裕司2,3井田 大貴4高橋 康史5,6伊野 浩介2珠玖 仁2
東北大学工学部1東北大学大学院工学研究科2東北大学学際科学フロンティア研究所3東北大学大学院環境科学研究科4金沢大学ナノ生命科学研究所5さきがけ6

P2032   5/19   10:45~11:45     

発光ダイオードを光源に用いる吸光度検出器とマイクロリングポンプを用いる簡易なフローインジェクション分析装置の開発

○鈴木 保任1瀧井 祥太2廣瀬 智美2本水 昌二3山根 兵4川久保 進1藤永 薫5
山梨大院総合研究1山梨大生命環境2岡山大インキュベーター3山梨大教4金沢工大バイオ化5

P2033   5/19   10:45~11:45     

フローインジェクション法によるAs(III)およびAs(V)の分別定量

○島田 勝久1梶山 哲人2井上 潤2國仙 久雄3中野 惠文4
(株)アクア・ラボ1都産技研2東学大3鳥取大4

P2034   5/19   10:45~11:45     

試薬消費量の節減を可能にする三角波制御フロー分析法の開発

○田中 秀治1,2和田 莉緒菜2簗瀬 真利2竹内 政樹1,2
徳島大院医歯薬(薬)1徳島大薬2

P2035   5/19   10:45~11:45     

ワルファリンおよびそのハロゲン置換体に対する分子インプリントポリマーの調製および血清中のワルファリンの分析への応用

○久保 有沙萩中 淳
武庫川女大薬

P2036   5/19   10:45~11:45     

トラックエッチ膜フィルター電極を用いるHPLC多電位検出システムにおけるポリフェノール類の検出挙動

○桑原 知彦1西森 大地1飯山 真充2竹内 政樹3高柳 俊夫1水口 仁志1
徳島大院理工1野村マイクロサイエンス2徳島大院医歯薬3

P2037   5/19   10:45~11:45     

1.6um粒子径UHPLCカラムによるペプチドの分析

○堀切 智
野村化学

P2038   5/19   10:45~11:45     

環境応答性クロマトグラフィーを用いた生体機能分子分析法の検討

○前川 祐太朗山崎 開智長瀬 健一金澤 秀子
慶應義塾大学薬学部

P2039   5/19   10:45~11:45     

FIDジェット型メタナイザー(JetanizerTM)の評価とCH4, CO, CO2微量分析への応用

○太田瀬 亮1亀田 洋1中台 遼平2
アジレント・テクノロジー株式会社1アステック株式会社2

P2040   5/19   10:45~11:45     

Dithizoneを導入した樹脂による白金イオンの吸着挙動

○梶山 哲人1井上 潤1丸山 拓也2牧田 麻里子2下畝 千佳2荒井 健介3大室 智史3吉原 伸敏2國仙 久雄2
都産技研1学芸大2日薬大3

P2041   5/19   10:45~11:45     

水酸化ランタン固相と過酸化水素溶離系における抽出金属イオン種の選択性評価

○山田 洋平1高柳 俊夫2村井 啓一郎2薮谷 智規3
阿南高専1徳島大院 理工2愛媛大 社会連携3

P2042   5/19   10:45~11:45     

シクロペンチルメチルエーテルによる塩酸系からの貴金属および有害元素の抽出と濃縮

○大島 達也1小山 貴生1松尾 直樹1大榮 薫1大槻 記靖2
宮崎大工1日本ゼオン2

P2043   5/19   10:45~11:45     

キノリノラト亜鉛(II)錯体型蛍光プローブにおけるATP認識機能

○久保埜 公二1津田 輝1柏木 行康2谷 敬太1横井 邦彦1
阪教大1阪技術研(森)2

P2044   5/19   10:45~11:45     

チオカルボニル基を有する蛍光団の合成とこれらの金属イオンセンサー挙動

○増田 寿伸古賀 和隆白谷 智宣城戸 克己横山 さゆり
第一薬大

P2045   5/19   10:45~11:45     

イミダゾール誘導体の生成に基づく α-アミノ酸に選択的な蛍光誘導体化

○岸川 直哉1出口 華菜子1Mahmoud El-Maghrabey1,2黒田 直敬1
長崎大院医歯薬1Mansoura University2

P2046   5/19   10:45~11:45     

バナジウム(V)-多座配位子錯体の生成反応と溶存構造

○宮崎 義信1甲斐 誼臣1黒田 真司1松岡 史郎2吉村 和久3
福教大1新潟大理2九大RIセンター3

P2047   5/19   10:45~11:45     

過硝酸の酸解離平衡

○中島 陽一1井川 聡1横山 高史2北野 勝久2
大阪技術研1阪大工2

P2048   5/19   10:45~11:45     

教育現場での活用を目指した、超小型コンピューター(Raspberry Pi)を用いる簡易比色計の開発

○下村 博志安川 絢子
上越教育大

P2049   5/19   10:45~11:45     

氷グレインバウンダリーを用いる不凍たんぱく質と氷の相互作用の定量的評価

○稲川 有徳1上原 伸夫1岡田 哲男2
宇都宮大院工1東工大理学院2

P2050   5/19   10:45~11:45     

液液界面におけるアニオン性アゾベンゼン誘導体の電荷移動反応制御

中野 湧太○永谷 広久西山 嘉男井村 久則
金沢大院自然

P2051   5/19   10:45~11:45     

温泉排水中のほう素除去に関する検討

○永田 昌嗣1高橋 弘幸1川井 得吉1野辺 政博1吉川 裕泰2
JFEテクノリサーチ株式会社1Y.S.L.2

P2052   5/19   10:45~11:45     

イミノ二酢酸型キレート樹脂を用いる環境水中希土類元素の分離・濃縮法の開発

○南 知晴1真塩 麻彩実2長谷川 浩2
金沢大総合技術部1金沢大理工2

P2053   5/19   10:45~11:45     

水熱合成法によるポルサイト生成を利用するセシウムの固定

○藤永 薫1信田 遙香1坂本 宗明1大嶋 俊一1小松 優1田村 堅志2渡邊 雄二郎3
金沢工大バイオ・化学1物質・材料研究機2法政大生命科3

P2054   5/19   10:45~11:45     

オンサイト蛍光偏光イムノアッセイ装置の開発とクロラムフェニコール分析への適用

○古谷 早苗佐藤 憲小野瀬 翔溝口 親明住吉 研重村 幸治
Tianma Japan

P2055   5/19   10:45~11:45     

湿式前処理における錫とりんの挙動

仲表 俊幸1西谷 大輔2武村 勝則3○小野 浩4
神岡鉱業分析センター1産公研八戸分室2三井金属基礎評価研究所3三井金属竹原分析センター4

P2056   5/19   10:45~11:45     

in situ FT-IR-ATR法による粉末メソポーラスシリカに吸着した二酸化炭素分子の観測

○吉田 匡佑吉本 茂熊沢 亮一関 洋文
東レリサーチセンター

P2057   5/19   10:45~11:45     

六価クロム分析におけるアンチモンの影響について

○越澤 孝博新藤 勇樹岡田 和磨金子 貴義
ユーロフィンFPT

P2058   5/19   10:45~11:45     

フラックス法によるYAG:Ceの合成とその評価(2)

○原田 雅章1呉 行正2
福岡教大1福岡工大2

P2059   5/19   10:45~11:45     

加熱発生ガスIRおよび加熱in situ DRIFT測定によるAl酸化物のOH基評価

○浅沼 佑紀熊沢 亮一吉田 匡佑関 洋文
東レリサーチセ

P2060   5/19   10:45~11:45     

フタル酸エステル類含有樹脂からの移行性等の調査

○新藤 勇樹越澤 孝博岡田 和磨金子 貴義
ユーロフィンFPT

P2061   5/19   10:45~11:45     

偏光顕微鏡によるポリエステル単繊維の識別

○阪柳 正隆居郷 孝泰西部 浩一朗田代 徹
神奈川県警科捜研

P2062   5/19   10:45~11:45     

LC/MS/MSによるD,Lアミノ酸の定量~疾患、疲労への適用~

○竹澤 正明1河野 憲史1田谷 祐子1藤井 茂雄2山下 幸枝2熊谷 洋紀2
東レリサーチセンター1鎌倉テクノサイエンス2

P2063   5/19   10:45~11:45     

鈴鹿市岡太神社遺跡より出土した羽釜片の理化学分析

○大道 公秀1橘田 規2市川 順子3椎野 博4清水 文雄4西念 幸江1三舟 隆之1
東京医療保健大1日本食品検査2昭光サイエンス3アワーズテック4

Copyright © 2019 The Japan Society for Analytical Chemistry, All rights reserved.