日本パーソナリティ心理学会 第23回大会

大会準備委員長挨拶

ご挨拶

 このたび,日本パーソナリティ心理学会第23回大会を山梨大学甲府キャンパスで開催させていただくこととなりました。日程は,10月4日(土)と5日(日)の2日間です。
 「多様な個性を描こう」
を大会テーマにしました。多様な個性は,多様な個性を容認する社会環境によって育まれます。それは,構成メンバーがみんな同じように見える社会や組織を思い浮かべれば簡単にわかります。では,今の日本社会はどうでしょうか。パーソナリティ研究は多様な個性を描いているでしょうか。みなさんの研究ではどうでしょう。本大会をきっかけに,私たちの研究が多様な個性を描けているのか,について振り返っていただければと思っています。
 夏には40度を超え,先だっては記録的な豪雪となるなど,極端な天候でテレビや新聞を賑わせている「個性的な都市」甲府ですが,10月は暑くもなく寒くもなく,とても快適な気候です。
 会場の周辺では,山梨のワインやフルーツを堪能したり,温泉でリラックスしたり,武田神社や昇仙峡の散策を楽しんだりすることができます。
 新宿から特急で約1時間半の甲府駅から徒歩約15分ですので,おそらくみなさんの予想以上にとても便利です。どうぞご家族やご友人をお誘いの上ご参加下さい。
 大会準備委員一同,みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

2014年2月吉日

日本パーソナリティ心理学会第23回大会準備委員会
委員長  尾見 康博(山梨大学)
事務局長 東海林麗香(山梨大学)

※本大会のロゴマークは,赤堀智穂さん(山梨大学教育人間科学部 芸術身体教育コース)が作成しました。