参加・発表申込方法

 申し込み可能な発表形式は,「ポスター発表」と「自主シンポジウム」の2形式です。「自主シンポジウム」とは,会員の皆様に自主的にテーマを設定,企画,運営を行っていただくものです。自主シンポジウムの開催は最大5件とし,多数の応募があった場合は,準備委員会で選考させていただきます。あらかじめご了承下さい。一般発表はポスター発表のみとなります。責任発表者としての発表は,お一人1回限りとします。

参加・発表申込・論文集原稿投稿の締切を5月30日(月)24:00までに延長いたします。

【発表資格】

責任発表者
責任発表者となるためには、次の①~⑤の条件を満たす必要があります。
大会参加・発表申込時点で、日本パーソナリティ心理学会の会員であること。
2016年度までの年会費を納入していること。
発表申込を2016年5月23日5月30日までに完了していること。
大会参加費を2016年5月31日6月7日までに納入していること。
発表論文集原稿を2016年5月23日5月30日までに投稿していること。
連名発表者
 連名発表者の大会参加は義務とはしません。他領域や海外の研究者との共同を促進、配慮しての措置ですので、可能な方はできるだけのご参加を歓迎いたします。
非会員
 大会予約参加・発表申込の時点で非会員の方は,責任発表者になることができません。非会員の方でも参加費をお支払いいただければ,大会に参加することが可能です。
※ 現在,非会員の方で発表を希望される方は,2016年4月27日(水)までに入会申し込みを完了して下さい(入会方法に関する詳細は,学会ウェブサイト内の「入会案内」をご覧ください)。
 http://jspp.gr.jp/doc/abo_nyukai.html

【発表要件】

 研究発表は,以下の3つの条件を満たす必要があります。これらを満たさない場合は,発表取消しとなりますので,ご注意ください。
発表論文集への原稿の掲載
当日の発表(ポスター掲示および発表者自身の在席/自主シンポジウムにおける口頭発表)
責任発表者の大会参加費が,2016年5月31日6月7日までに納入していること。

【大会参加・発表申込の方法】

 大会参加・発表申込は,大会公式サイトにて受付を行います。必ず専用の申込ページからお手続きください。締め切りについては,「大会までの予定」をご参照ください。申込完了後,登録メールアドレス宛にお申込みシステムから自動で受付完了メール、振込先情報が配信されます。大会参加・発表申込について,ご不明な点がありましたら,日本パーソナリティ心理学会大会ヘルプデスクまでご連絡下さい。

【発表論文集原稿の作成および投稿方法】

 発表論文集の作成および投稿の方法については,ダウンロードのページで公開しています。

【大会発表賞】

 本大会でも例年通り大会発表賞の選考を実施いたします。大会発表賞は,論文(発表論文集原稿)および当日の発表内容から総合的に検討して選考いたします。

また,各種受付開始時には、学会のメールニュースにてお知らせいたします。