大会準備委員長挨拶

 日本パーソナリティ心理学会第25回大会は、大阪の地、関西大学にて開催させていただくことになりました。関西と言えば「笑い」ですが、笑う回数のカウントでは他地域と顕著な違いがないというデータも見られます。けれども笑う条件の分析では、関西では経済的に豊かでなくても、孤独な人であっても楽観的でありさえすれば、とにかく笑うようです。もっとも「関西人」もひとつのステレオタイプであって、おもしろい人ばかり歩いているわけでもありませんし、おばちゃんがみんなヒョウ柄ファッションなわけでもありません。しかし、学術的に言えば、いかにこうしたステレオタイプが形成されるのか、また自ら喜んでそうした自己ステレオタイプ化を行う人々の心理過程や、自己成就的な実現過程など興味はつきません。
 今大会におきましても先端的な企画もいくつか用意いたしまして、有益な発表と討論が展開され、会員の皆様にとりまして中身の濃い体験が得られることを目指しますと共に、皆様の笑顔が見られるような大会にして参りたいと準備委員会一同願っております。どうぞ皆様ふるってご参加のほど、よろしくお願い申し上げます。

2015年12月吉日
日本パーソナリティ心理学会第25回大会準備委員会
委員長 北村英哉
事務局長 守谷 順