大会関係の主な企画と催し

大会の主な企画

※企画内容は現在予定されているものであり,変更されることがあります。
●講演1(大会準備委員会企画)
自尊心と謙遜研究の残された課題 (仮題)
山口勧先生(東京大学)
●招待講演(大会準備委員会企画)
"The Development of Aggression in Childhood and Adolescence"
Barbara Krahé先生(ポツダム大学)
●公開講座(大会準備委員会企画)
自殺予防教育の課題–全体的予防と個人差 (仮題)
川野健治先生(立命館大学総合心理学部・教授)
●講習会(大会準備委員会企画)
複線径路等至性アプローチ(TEA)―過程と発生をとらえる質的研究法
安田裕子先生(立命館大学総合心理学部・准教授)
●シンポジウム(大会準備委員会企画)(いずれも仮題)
「子どもの発達における出生コホート研究の意義」「パーソナリティ尺度構成の現在」
その他 
●ミニシンポジウム「『Personality and Assessment』から50年」

※詳細につきましては,7月中旬にお送りするプログラムをご覧下さい。
※上記以外にも計画中の企画がございます。

関連する催し

1.理事会

大会前日の8月25日(土)の夕刻に開催予定です。会場は現在調整中のため、定まり次第ご連絡いたします。

2.総会

大会1日目の8月26日(日)の昼休みに例年と同様の形で開催の予定です。

3.懇親会

大会1日目の8月26日(日)の夕刻から、大阪いばらきキャンパス内のホールにて開催を予定しています。参加費は、大会諸費用ページに記載の通りです。2018年5月14日までにWeb申込の上、 2018年5月18日までに大会参加費とともにお支払いください。

4.ヤングサイコロジストプログラム(YPP)

恒例の大会前日企画として,今年度もヤングサイコロジストプログラム(YPP)を開催します。YPPは,若手研究者同士の議論や,交流の場として,毎年ご好評をいただいております。今年度は,「精力的に研究を進めていくためには?―修士号,博士号から学位取得後の応用まで―」をテーマとし,講演と研究発表の2つの企画を準備しております。同世代の研究者同士で交流を深める貴重な機会ですので,ぜひ奮ってご参加ください。
日時:
2018年8月25日(土)14時30分~17時45分
場所:
立命館大学大阪いばらきキャンパス構内 B棟2F 275教室
参加資格:
学部生・大学院生,もしくは学部卒業・大学院修了(退学含む)後5年以内の方
会費:
無料(懇親会費は,別途3000~4000円程度を予定)

※日本パーソナリティ心理学会の会員でない方のご参加も大歓迎いたします。
※企画内容の詳細や参加方法はこちら(外部リンク)をご確認ください。

5.ミドルサイコロジストプログラム(MPP)

立命館大学大阪いばらきキャンパスで行われる第27回大会に合わせて、前日(8月25日)の夕刻に、中堅研究者の交流会を催します。
中堅教員の先生の中には、学内業務に追われ、なかなか研究に時間を割けない方も多いと思います。
是非この機会に、同じ境遇に置かれた同世代の研究者と知己を得てはいかがでしょうか。
交流に加え、今回はゲストスピーカーに「他分野・産官との連携」に関する話題提供をしていただくワークショップも企画しております。
【申込締切】
2018年8月23日(木)23:55(当日参加も受け付けています)
【参加資格】
大学院修了(退学含む)後6年以上、50歳未満の方(会員・非会員不問)
【開催日時】
2018年 8月 25日 (土)  16時00分~19時00分(その後、懇親会予定)
【開催場所】
立命館大学大阪いばらきキャンパス B棟4階 研究会室1
【参加費】
無料(懇親会にご参加の場合は、別途その費用をいただきます)

小規模でアットホームな会です。参加者はみなさん面識がありませんので、お気軽にご参加下さい。
ご希望の方は、こちらからお申込みください。