プログラム

テーマ:「リワークのネットワーク」

日程表(*4月22日更新)

【1日目】  【2日目】

プログラム

(2013年4月30日付)(敬称略) *一般演題の演者変更を反映しました。
 ・プログラム抄録 演者変更・訂正のお知らせ(2013年5月7日付)

※「企画シンポジウムⅥ」と「メインシンポジウム」は、
会員参加のみの事例セッションとなります。
非会員の皆様にはご参加いただけません。予めご了承ください。

プログラム【4月27日(土):1日目】

09:30~09:45
開会の辞 【第1会場】
当番世話人:秋山 剛(NTT東日本関東病院)
来賓挨拶 【第1会場】
野村総一郎(防衛医科大学校)
大野  裕(独立行政法人国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター)
09:45~11:15
特別シンポジウム I 【第1会場】
経済産業省ネットワークプロジェクトとリワーク指導マニュアル
座長:秋山 剛(NTT東日本関東病院)
■シンポジスト
  1. 経済産業省ネットワークプロジェクトとリワーク指導マニュアル
    -一次予防
    有馬秀晃(品川駅前メンタルクリニック)
  2. 経済産業省ネットワークプロジェクトとリワーク指導マニュアル
    -二次予防
    奥山真司(トヨタ自動車株式会社)
  3. 精神科医と産業医の間での情報共有について
    ~うつ病による休職者に対するITを用いた情報連携による支援~
    上野雄文(九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野)
  4. 経済産業省ネットワークプロジェクトとリワーク指導マニュアル
    秋山 剛(NTT東日本関東病院)
  5. 総合討論
11:30〜12:15
研究会の活動報告【第1会場】
代表世話人:五十嵐良雄(医療法人社団 雄仁会 メディカルケア虎ノ門)
12:15〜12:30
第6回総会【第1会場】
12:45〜13:45
ランチョンセミナー I 【第1会場】
(共催:グラクソ・スミスクライン)

対人関係療法(IPT)――リワークに生かせる視点について
座長:中込和幸(独立行政法人国立精神・神経医療研究センター)
演者:水島広子(水島広子こころの健康クリニック、慶應義塾大学医学部)
12:45〜13:45
ランチョンセミナー II 【第2会場】
(共催:ファイザー)

発達障害と就労
座長:三木秀樹(宇治おうばく病院)
演者:市川宏伸(一般社団法人 日本発達障害ネットワーク)
14:00〜15:30
企画シンポジウム I <産業医学研修会>【第1会場】
大企業とのネットワーク
座長:有馬秀晃(品川駅前メンタルクリニック)
■シンポジスト
  1. これからの復職支援―産業保健とリワーク事業との連携
    廣 尚典(産業医科大学産業生態科学研究所精神保健学)
  2. リワークプログラムの有効活用と連携
    小林由佳(本田技研工業株式会社 人事部 安全衛生管理センター)
  3. 大企業が精神医療に期待するもの -KEAPの経験から-
    白波瀬丈一郎(慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室)
  4. メディカルケア虎ノ門における工夫
    五十嵐良雄(医療法人社団 雄仁会 メディカルケア虎ノ門)
  5. 総合討論
14:00〜15:30
企画シンポジウム II 【第2会場】
スタッフのネットワーク
企画:五十嵐良雄(メディカルケア虎ノ門)
座長:横山太範(さっぽろ駅前クリニック)
■シンポジスト
  1. リワークの質の向上のために
    小林真実(公益財団法人松原病院 デイケアよつ葉 リワークプログラム)
    角亦祐子(公益財団法人松原病院 デイケアよつ葉 リワークプログラム)
    黒田優希(公益財団法人松原病院 デイケアよつ葉 リワークプログラム)
  2. 不知火病院におけるチーム・リハビリテーションの実践について
    前田佐織(医療法人新光会 不知火病院 リハビリテーションセンター)
  3. リワークプログラムにおける多職種連携について
    ~看護職の視点から~
    飯島優子(医療法人社団 雄仁会 メディカルケア虎ノ門)
  4. スタッフのネットワーク
    松田匡弘(京都駅前メンタルクリニック バックアップセンター・きょうと)
  5. 総合討論
14:00〜15:30
企画シンポジウム III 【第3会場】
双極性障害への支援
座長:尾崎紀夫(名古屋大学大学院)
■シンポジスト
  1. 双極性障害の薬物療法
    鈴木映二(国際医療福祉大学熱海病院心療・精神科)
  2. 躁病エピソードへの早期の気づきと対応
    松原六郎(公益財団法人松原病院(福井県))
    小林真実(公益財団法人松原病院(福井県))
    黒田優希(公益財団法人松原病院(福井県))
  3. 対人関係・社会リズム療法(IPSRT)
    水島広子(水島広子こころの健康クリニック、慶應義塾大学医学部)
  4. 双極性障害の認知行動療法とリワークへの援用
    北川信樹(北海道医療大学大学院看護福祉学研究科障害福祉学分野)
15:45~17:45
特別シンポジウム II 【第1会場】
発達障害支援のネットワーク
座長:秋山 剛(NTT東日本関東病院)
■シンポジスト
  1. 未診断あるいは非罹患者における自閉症スペクトラム特性
    神尾陽子(独立行政法人国立精神・神経医療研究センター)
    森脇愛子(独立行政法人国立精神・神経医療研究センター)
    武井麗子(独立行政法人国立精神・神経医療研究センター)
    稲田尚子(独立行政法人国立精神・神経医療研究センター)
    高橋秀俊(独立行政法人国立精神・神経医療研究センター)
  2. 発達障害支援のネットワーク
    市川宏伸(一般社団法人 日本発達障害ネットワーク)
  3. アスペルガー症候群の自己理解支援 ―日常臨床での診断告知―
    吉田友子(ペック研究所・よこはま発達クリニック)
  4. リワークデイケア内で行う発達障害者を対象としたサイコドラマ・SST
    横山太範(医療法人社団心劇会 さっぽろ駅前クリニック北海道リワークプラザ)
  5. 総合討論
15:45~17:15
一般演題 (口頭発表)【第3会場】
【実践報告1】
座長:伊藤光宏(一陽会病院)
R-01
リワークプログラムにおける精神保健福祉士の役割と実践についての考察
藏條三紀(響ストレスケア~こころとからだの診療所)
R-02
秦野病院リワークデイケアの実践報告
並里美乃(医療法人社団秦和会 秦野病院)
R-03
【発表取消】
畑の運営を通したリワークプログラム
~農作業を通して対象者は何を得たのか~
高橋章郎(北原リハビリテーション病院 メンタルケア・ユニット)
【実践報告2】
座長:楢林理一郎(湖南クリニック)
R-04
クリニック外来における復職支援のためのグループセラピーの実践報告
稲村加奈子(石神井公園クリニック)
R-05
心理療法に特化したうつ病デイケア(リワークプログラム)に関する実践報告
亀井 宗(医療法人清聖会 とわたり内科・心療内科)

プログラム【4月28日(日):2日目】

09:00~10:30
一般演題 (口頭発表)【第1会場】
【評価1】
座長:加藤和子(さくら・ら心療内科)
R-06
リワーク準備性についてどう考えるか?
~当院ストレスケア病棟での経験を通じて~
信田広晶(医療法人社団 心癒会 しのだの森ホスピタル)
R-07
リワークプログラムにおける作業能力評価の有用性
松田匡弘(京都駅前メンタルクリニック バックアップセンター・きょうと)
【評価2】
座長:加藤和子(さくら・ら心療内科)
R-08
心の健康問題に関する職場復帰可否の判断基準
~精神科医と産業医としての立場から~
上田 均(もりおか心のクリニック)
R-09
職場不適応患者における心理的評価と復職支援
~平成24年度「うつ病患者の職場復帰トレーニング事業」を経験して~
清水純也(室井整形外科心療内科)
09:00~10:30
一般演題 (口頭発表)【第2会場】
【疾患別の支援】
座長:柴田信義(たてばやし心療クリニック)
R-10
自閉症スペクトラム者の「社会性の障害」について
~SSTのミニゲームから見えてきた情報選択の特徴~
加藤祐介(さっぽろ駅前クリニック北海道リワークプラザ)
R-11
アルコール依存症とうつ病に対する復職支援プログラムへの取り組み
栗田真里(国立病院機構 久里浜医療センター)
【症例検討】
座長:柴田信義(たてばやし心療クリニック)
R-12
リワーク通所中に退職の決定をした26名を振り返って
~早期から職場連携を行う1つの意義について~
大礒宏昭(特定医療法人富尾会 桜が丘病院)
R-13
リワーク利用期間内に自殺企図を行なうがその後、復職可能となったケースを通して
小池奈緒美(医療法人財団厚生協会 東京足立病院デイケア)
09:00~10:30
一般演題 (口頭発表)【第3会場】
【治療的要因】
座長:田代哲男(田代クリニック)
R-14
入院リワークプログラムが就労継続に奏効した要因についての検討
~思考の反芻が顕著で就退職を繰り返していた一症例を通じて~
竹本千彰(医療法人内海慈仁会 有馬病院)
R-15
キャリアの再構築に注目した職場復職支援のアプローチ
重田淳吾(医療法人あけぼの会)
【演者変更】 長見まき子(あけぼの会メンタルヘルスセンター)
R-16
リワークプログラムにおける患者の心理的な変化
~再発予防の観点から~
山本智美(響ストレスケア~こころとからだの診療所/日本臨床心理研究所/山梨英和大学大学院)
【患者への支援】
座長:田代哲男(田代クリニック)
R-17
リワークプログラムにおける失職者への支援
~「失職者に対する支援の実際、対応の工夫に関するアンケート調査」結果報告~
森 勇人(医療法人社団 雄仁会 メディカルケア虎ノ門)
R-18
個々の回復に向けて
~復職支援プログラム対象者の変化と当院の取り組み~
落合幹恵(医療法人和心会 あらたまこころのクリニック)
10:45~12:15
企画シンポジウム IV <産業医学研修会>【第1会場】
中小企業とのネットワーク
座長:福本正勝(社会福祉法人 長岡福祉協会 福祉プラザさくら川 新橋ばらの園)
■シンポジスト
  1. 中小企業におけるメンタルヘルス対策
    ~嘱託産業医の経験からリワークを考える~
    福本正勝(社会福祉法人 長岡福祉協会 福祉プラザさくら川 新橋ばらの園)
  2. 中小企業におけるメンタルヘルス対策
    ~社会保険労務士から見た実態~
    中辻めぐみ(中村雅和社会保険労務士事務所)
  3. 構造計画研究所のメンタルヘルス対策の取り組みについて
    酒向雄介(構造計画研究所)
    小島有香子(構造計画研究所)
  4. 中小企業におけるリワークへの取り組みと望む支援
    大野貴士(さくらインターネット株式会社)
  5. 総合討論
10:45~12:15
企画シンポジウム V 【第2会場】
地方のネットワーク
座長:三木秀樹(宇治おうばく病院)
座長:徳永雄一郎(不知火病院)
■シンポジスト
  1. 小規模精神科クリニックにとってのリワークデイケアの活用と課題
    松原六郎(公益財団法人松原病院(福井県))
    小林真実(公益財団法人松原病院(福井県))
    黒田優希(公益財団法人松原病院(福井県))
  2. 事例でみるリワーク支援ネットワーク
    牧由利絵(あさかホスピタル 総合相談支援グループ さくまメンタルクリニック)
  3. 京都府におけるリワークネットワーク
    船越香栄(京都駅前メンタルクリニック バックアップセンター・きょうと)
  4. リワークの現状と課題 ~地方都市・福岡からの報告~
    中垣朝子(医療法人新光会 不知火クリニック)
    徳永雄一郎(医療法人新光会 不知火病院)
    山下秀一(医療法人新光会 不知火クリニック)
  5. 総合討論
10:45~12:15
企画シンポジウム VI (事例セッション)【第3会場】
プログラムで困ったときにどうするか
座長:岡崎 渉(NTT東日本関東病院)
座長:片桐陽子(京都駅前メンタルクリニック)
■シンポジスト
  1. プログラムで困ったこと
    横山正幹(さっぽろ駅前クリニック 北海道リワークプラザ)
  2. プログラムで困ったこと
    前田英樹(さっぽろ駅前クリニック 北海道リワークプラザ)
  3. プログラムで困ったこと ~当院の場合~
    牧 宏一(医療法人生々堂厚生会 さくら・ら心療内科)
  4. 利用者不足の問題
    ~それに伴う利用者枠の変更がもたらしたスタッフへの影響・負担増~
    川内昌平(財団法人信貴山病院分院 上野病院 リハビリテーション部)
    岡田 敦(財団法人信貴山病院分院 上野病院 診療部)
  5. 総合討論
12:30〜13:30
ランチョンセミナー III 【第1会場】
(共催:田辺三菱製薬/吉冨薬品)

Current status of occupational mental health in Korean corporations and their efforts to develop return-to-work activities
座長:横山太範(さっぽろ駅前クリニック)
演者:Jong Min Woo(Department of Psychiatry, Inje University Seoul Paik Hospital, Seoul, Korea)
12:30〜13:30
ランチョンセミナー IV 【第2会場】
(共催:Meiji Seika ファルマ)

社会参加を目指したうつ病治療の留意点 -presenteeismの解消
座長:徳永雄一郎(不知火病院)
演者:尾崎紀夫(名古屋大学大学院医学系研究科 精神医学・親と子どもの心療学分野)
13:45~15:45
メインシンポジウム (事例セッション)【第1会場】
当事者・家族・センター・行政とのネットワーク
座長:秋山 剛(NTT東日本関東病院)
■シンポジスト
  1. リワークプログラムに参加して
    当事者:岡田 聡
    紹介者:深間内文彦(榎本クリニック)
  2. リワークプログラムを経験したうつ病患者の「変化」の実例
    当事者:藤井麻里(都内公共就職支援機関の契約職員)
    紹介者:五十嵐良雄(医療法人社団 雄仁会 メディカルケア虎ノ門)
  3. うつ病・リワークデイケアの家族(会)の支援について
    小田良光(医療法人社団和敬会 谷野医院 総曲輪デイケアセンター)
    谷野芙美子(医療法人社団和敬会 谷野医院 総曲輪デイケアセンター)
  4. 職業リハビリテーション機関の立場から
    松原孝恵(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 障害者職業総合センター)
  5. 精神保健福祉センターが実践する復職リハビリテーション
    菅原 誠(東京都立中部総合精神保健福祉センター 生活訓練科長)
  6. 兵庫県における職場復帰トレーニング事業
    崎山泰弘(兵庫県健康福祉部障害福祉局)
    林 康夫(兵庫県健康福祉部障害福祉局いのち対策室)
    村上修子(兵庫県健康福祉部障害福祉局いのち対策室)
    後藤智彦(兵庫県健康福祉部障害福祉局いのち対策室)
  7. 総合討論