日本パーソナリティ心理学会 第31回大会

大会関係の主な企画と催し

大会の主な企画

■特別講演(大会準備委員会・経常的研究交流委員会共同企画)

「DV加害者のパーソナリティと変容」
高野嘉之先生(カナダ・プリンスエドワードアイランド大学)

■大会準備委員会企画

「『パーソナリティ研究』事前登録追試研究論文掲載ドキュメンタリー」(仮題)
北村英哉先生(東洋大学)・小塩真司先生(早稲田大学)

■経常的研究交流委員会企画

シンポジウムを計画中です。決まり次第、大会公式サイトでお知らせします。

  • 詳細につきましては、10月中旬にお送りするプログラムをご覧ください。
  • 上記以外にも計画中の企画がございます。大会公式サイト随時お知らせします。

関連する催し

①理事会:

大会1日目の12月3日(土)の昼休みに対面で開催の予定です。詳細は決まり次第、理事・監事の皆様にお知らせいたします。

②ヤングサイコロジストプログラム(YPP):

大会の1週間ほど前に、Web会議システムで開催の予定です。詳細は学会メールニュース等で追ってお知らせします。

③ミドルサイコロジストプログラム(MPP):

現在、開催に向けて検討中です。詳細は学会メールニュース等で追ってお知らせします。

④総会:

大会1日目の12月3日(土)の発表プログラム終了後、懇親会会場への移動前の時間帯に、Web会議システムと対面のハイブリッドで開催の予定です。

⑤懇親会:

大会1日目の12月3日(土)の夕刻から、大会会場近隣の別会場で開催する予定です。参加費は「4.大会参加に関する諸費用」に記載の通りです。