日本パーソナリティ心理学会 第31回大会

当日のタイムスケジュール

タイムスケジュール

本大会の新型コロナウイルスおよび季節性インフルエンザに関する対応

  1. 大会参加者への注意事項
    1. 大会に参加される方は、当日朝、ご自身で検温をし、平熱であることをご確認ください。
    2. 発熱、咳、咽頭痛等、体調に異常を感じた場合には、新型コロナウイルスおよび季節性インフルエンザの陽性判定の有無にかかわらず、参加をお控えください。
    3. 新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者で自宅待機期間中の方は、発熱等の症状がない場合も参加はお控えください。
    4. 本大会の発表は、すべて対面です。そのため、上記b、cの事由により、参加を見送らざるを得ない場合には、大会準備委員会にご連絡ください。発表時間までにご連絡をいただき、下記2の対応をした場合には、発表が成立します。
    5. 大会会場では、マスクをご着用ください。懇親会会場でも、飲食時以外はマスクの着用にご協力ください。
    6. 換気のために、会場の窓や扉を開けたままにすることがあります。ご了承ください。
    7. 総会は、オンラインでも参加可能です。会場混雑時には、オンラインでの参加をご検討ください。
  2. 発表者が大会に参加できない場合の対応
    1. ポスター発表者が、新型コロナウイルス感染症罹患等の理由により大会に参加できない場合、連名発表者がいる場合には、発表を代行することができます。その場合も、必ず事前に大会準備委員会にメールでご連絡ください。
    2. 連名発表者がいない、もしくは発表を代行できない場合は、ポスター発表者本人が、当日掲出予定のポスターをPDFファイルにし、大会終了の3日後(12月7日)までに、大会準備委員会宛にメールでお送りください。届いたファイルをGoogle Driveに保存し、後日、大会参加者がアクセスできるようにします。ただし、Google Driveのリンクをメールでお伝えする都合上、ファイルにアクセスできるのは、メールアドレスの登録がある予約参加者に限定されます。質疑応答はメールを通じて行っていただきますので、発表者はPDFファイルを大会準備委員会に送付する際、質疑応答用のメールアドレスをお知らせください。
    3. 各種企画の発表者が大会に参加できない場合は、関係者で対応を協議し、決定内容を大会準備委員会にお知らせください。
    4. 上記の対応が適用されるのは、新型コロナウイルスおよび季節性インフルエンザの感染が疑われる発表者、もしくは濃厚接触者となり自宅待機を余儀なくされる発表者に限られます。学内業務等、感染症とは無関連な事由で大会を欠席される場合には適用外です。罹患を証明する書類等の提出は求めませんが、研究者としての良心に従って行動してください。

日本パーソナリティ心理学会第31回大会準備委員会
E-mail:31jspp2022@gmail.com